FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【aiuegonからのお知らせです】


・2009年8月30日 サイト公開
・2011年1月15日 『官能小説 HappyLife』リンク追加しました。恋愛、痴漢、性奴隷、、魅力的な小説ばかりです。
・2012年5月20日 社宅と携帯新連載です。遅筆…申し訳ありません。
・2012年5月20日 『凛 騎 応 変!』リンク追加しました。ご近所の秘め事。良い響きですね、ご一読する事をお勧めします^^
・2012年6月2日 社宅と携帯 その2更新しました。
・2013年10月20日 社宅と携帯 その3ようやく更新しました。



yumibana
ゆみさんの奇麗な写真とコメントが素敵です。是非お立ち寄りください。”人妻ゆみ~淫夢に弄ばれて” 
  ゆみさんの写真と、aiuegonの小説が合体しました!淫靡で素敵な大人の紙芝居です。



東日本大震災で被災された人々に、心よりお見舞い申し上げます。私も福島で被災しました。
みんながんばれ!がんばれ東北!がんばれ日本!

 

官能文書わーるど花  エロ比較花   18禁オーナーの社交場   凛 騎 応 変!
  wonbat花

18禁オーナーの社交場

 ↓↓↓小説一覧です。各第一話にリンクしております。↓↓↓ 
短めの小説:3~5分位の読み切りです。 長めの小説:ゆっくりとお読み下さい。
人妻不倫旅行 完結 魅惑のM妻 第1章完
色白人妻の野外露出 完結 不倫と人妻とお尻
ナンパされた人妻 完結 美人市議の受難
人妻の保険勧誘員 完結 幼稚園ママ 
美人インストラクター陵辱 完結 被虐の美人市議
露出願望の人妻 完結 ママで妻で女で
日焼けの奥様と不倫 完結 逝けない人妻
人妻セックス奴隷 完結 待つ人妻、単身赴任の夫
人妻とエステ 午後の癒し UP! 痴漢と人妻
密室シリーズ up 覗き見 隣の人妻
未定 未定 働く人妻とSM
未定 未定 上司と人妻とセクハラ
未定 未定 携帯電話と人妻
未定 未定 初めての同窓会
未定 未定 主婦と中学生
未定 未定 女教師と同僚
未定 未定 ウォーキング
未定 未定 社宅と携帯 up!


女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

人妻とエステ 午後の癒し

人妻斬り 魔性の湿地帯

タイトル:魔性の湿地帯 

女  優:阿部 眞琴

キーワード:ローション/足コキ/中だし/放尿

←クリックで「人妻斬り」へ


男の素っ気ない態度を見て、
  ”そ・・そうよね・・・仕事だし、医者に裸を診られる様なものか・・・”
涼子は動揺した自分が恥ずかしくなりながら、俯せになった。
「では、オイルマッサージを始めますね」
そう言いながら、バスタオルを腰まで降ろし、マッサージを始めた。
初めは緊張していた涼子だったが、何気ない会話とオイルの香り、マッサージによって緊張がほぐれていく。

パコママ スク水奥様

タイトル:かわいい人妻 

女  優:かなえ

キーワード:スク水/ローション/おもちゃ/胸射

←クリックで「パコパコママ」へ

 
人妻とエステ 午後の癒し

登場人物

涼子:31歳

*登場人物・内容はフィクションです

1.きっかけ

 「ふぅ・・・気持ちよかった」
   ”暫く通うことになりそう・・・”
涼子はエステのエントランスをくぐり、西日へ包まれる街中へ帰宅の徒に着いた。

 「エステ?へぇ~でも、高くない?」
涼子はPTAの集まりの後の茶話会で、他のお母さん達と話していた。
「涼子さんは綺麗なんだから、もっと磨かなきゃ」
そう言われ、悪い気もしなかった。
「私の紹介って言えば、初回は無料になるはずよ」
「そそ!それにとっても気持ち良いわよ~」
「ん~じゃあ、試しに行ってみようかな、、、」
エステへの興味より、PTAの関係がギクシャクするのがイヤで涼子は渋々行くことにした。
  ”まぁ・・一回行って、それで終わりにすればいいし、ちょっとしたご褒美と思えば・・・”
涼子は友人紹介のクーポン券を貰い、エステに予約を入れた。

2.エステ

 エステのエントランスに入ると、カウンターがありクーポン券を受付の女性に渡した。
「はい。紹介ですね。えぇと。用意できましたらお呼びしますのでお掛けになってお待ち下さい」
そう言われ、待合室のソファーに腰を掛けた。
待合室には観葉植物があり、ソファーも座り心地が良く、他に3人程の女性客が居た。
  ”ふぅ~ん。綺麗だし、結構入ってるのね”
女性客が居ることもあり、涼子はリラックスする事が出来た。
しばらくして、涼子の名前が呼ばれ、ベットのある部屋へ導かれた。
部屋はリラックス効果のためかカーテンが引かれ照度を落としてあった。
「涼子さんはオイルマッサージコースになりますので、下着も脱いでお待ち下さい」
そう言うと、受付の女性はドアを閉め出ていった。
  ”えぇ~下着も・・・ただのマッサージかと思ってたのに・・・”
バスケットに脱いだ服をきちんと畳み、服の下に脱いだ下着を隠しバスタオルに身を包んだ。
涼子は白いシーツが敷いてある、ベットの上に座りながらエステティシャンを待った。
「失礼します」
ノックの後声と共に、入ってきたエステティシャンを見て涼子は驚いた。
  ”えっ!!!エステティシャンって男の人!!!!”
バスタオルの裾を直し、今更止めるとも言えず涼子は身を固くした。
「宜しくお願いします。ちょっと失礼します」
若い男は涼子の姿を気にする訳でもなく、挨拶をしベットの上に大きめのバスタオルを敷き始めた。
「良しと。はい、では、俯せに寝て下さい」
そう言って、涼子をベットの上に促し、男はオイルポットを用意し始めた。
男の素っ気ない態度を見て、
  ”そ・・そうよね・・・仕事だし、医者に裸を診られる様なものか・・・”
涼子は動揺した自分が恥ずかしくなりながら、俯せになった。
「では、オイルマッサージを始めますね」
そう言いながら、バスタオルを腰まで降ろし、マッサージを始めた。
初めは緊張していた涼子だったが、何気ない会話とオイルの香り、マッサージによって緊張がほぐれていく。
肩から背中へマッサージが移る頃にはすっかりリラックスしていた。
背中から脇腹に移るり、時折乳房に手が触れる。
  ”んっ・・オッパイに当たっちゃう・・・”
違和感を感じながらも、マッサージを受けていた。
  ”はぁ・・・気持ち良い・・・”
涼子は男の愛撫にも似たマッサージに、躰が徐々に火照ってくるのを感じた。
マッサージが臀部に差し掛かかり、柔らかい快楽が全身を包み込む。
  ”ん・・・はぁぁ・・・あっ・・・”
涼子は官能の証拠を見られない様に、脚を閉じていたが、
「はい、次ぎは脚をマッサージしますね」
男はそう言いながら、体勢を入れ替え脚にオイルを塗ってきた。
「脚をちょっと開きますよ~内腿をマッサージしますので」
そう言いながら、涼子の脚を肩幅に開き、マッサージを始める。
  ”見られちゃう・・・感じてること、判っちゃうかも・・・”
そう思いながらも、オイルの愛撫を受けジワジワと溢れ出るのを止めれなかった。
  ”ククク・・・もうすっかり濡れてるな・・・”
男はマッサージの手を止めずに、涼子のアソコを視姦した。
内腿をマッサージする手が時折涼子のアソコに触れたが、涼子は拒むことが出来なかった。
  ”あぁ・・気持ち良い・・・あっ・・・あぁ・・・”
涼子は声を出さないように、つま先に力を入れた。
  ”あぁ・・・ん・・触って欲しい・・・”
偶然を装うように触れる指先が、涼子の官能を燃え上がらせた。
「はい。次は仰向けになって下さい」
男に言われ、涼子は唖然となった。
先程までのマッサージで明らかに乳首は立っていた。
  ”あぁ・・・恥ずかしい・・・”
顔を赤らめながらも、バスタオルを躰に巻き直し仰向けになった。
男は涼子に馬乗りになりながら、
「どこか、気になる所はありますか?」
「や、やっぱりお腹廻りが、、、」
「そうですか。じゃあ、お腹廻りを重点的にしましょうね」
と言いながら、バスタオルを取った。
  ”あぁぁ・・・見られてる・・・”
全裸で仰向けになり、エステティシャンとは言え、夫以外の男に愛撫とも思われる行為を受けている。
異常な状況に、涼子は痛いほど乳首を立て、恥ずかしさに目を閉じた。
  ”ククク。乳首ピンピンじゃん”
男はオイルをたっぷりと手のひらに載せ、腹部をマッサージ始めた。
腹部を中心に、下腹部、胸とマッサージされ、涼子は男の手に翻弄されていた。
「あっ、、、んん、、はぁぁ、、、」
いつの間にか、涼子の口から快楽の吐息が漏れ始める。
それを合図にマッサージは胸に移り、オイルで滑る手で執拗に揉み始めた。
「はぁっ、、あぁ、、いぃ、、」
涼子は官能に溺れ、声を上げ、躰を反らせた。
「あぁぁっ、、、いぃ、、あぁ、、」
乳首を触られ、胸を揉まれるうちに、無意識に求めるよう男に膝に手を置いた。
「お客様?」
「あっ、、、ごめんなさい、、、」
男は困ったような顔を涼子に向け、マッサージの手を止めた。
「痛かったですか?」
「いえ、、、き、気持ち良いです、、、」
「何かあったら言って下さいね」
男は再び胸を両手で包み込み、滑るようなマッサージを始めた。
「はぁぁっ、、、んんっ、、、あっ、、」
「大丈夫ですか?」
「あっ、、えぇ、、、んんっ、、、」
涼子の手が男の膝をさすり、戸惑う様にゆっくりと太股を撫で上がる。
目を瞑り、躰を反らせ、甘い吐息が漏れる。
  ”そろそろ・・・良いな”
男はニヤリと口元を歪め、仰向けの涼子の脇に座り直した。
「全体を揉みほぐしていきます。何かあったら言って下さいね」
男の右手が胸から離れ下腹部へ伸び、少し濃いめの恥毛を撫で廻す。
「んんっ、、はぁっ、、」
左手が乳首の先端をかすめるように触れ、涼子は声を上げた。
「あっ、、あぁぁっ、、、」
恥毛を撫で回していた右手が濡れそぼる秘裂に達した。
「んっ、あぁっぁっ、、んぁっっ!」
「あれ、、こんなにオイル塗ったかな?」
男はわざとらしく秘裂から溢れる愛液を指に絡め、首を傾げる。
「んっ、、いやっっ、、恥ずかしい、、、」
「あれ、、、奥さん、、もしかして感じちゃった?」
「んっ、、あっ、、ごめんなさい、、、」
「困ったな、、、うちはそう言うマッサージじゃないから、、、」
羞恥に頬を染める涼子を見ながら、秘裂をなぞった。
「あぁっ、、ごめんなさい、、、」
「もう、終わりにしますか?」
男の指が涼子の中に突き刺され、クチュっと言う湿った音と共に涼子は躰を反らした。
「あっぁっ!!そんな、、あっ、、あぁぁっ、、」
涼子の手が白衣の股間に伸び、男のペニスを握る。
「困ります。見つかったら私首になりますし、、そう言う店じゃないんで、、」
「あぁっ、、あぁ、、、もぅ、、、誰にも言わないから、、」
「でも、、、」
男は困り声を上げつつも、涼子の秘肉を掻き回し、胸を揉み続ける。
「ごめんなさい、、でも、、、もぅ、、、」
「絶対に言わないですか?」
「えぇ、、、お願い、、このままじゃ、、あぁっ!!」
男が涼子の乳首に吸い付き、涼子は首を振り声を上げる。
  ”主婦なんて欲求不満の固まりだな”
男は白衣を脱がそうとする涼子にほくそ笑み、涼子の口元に勃起したペニスを晒した。

「人妻斬り」へ  「パコパコママ」へ

スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁 人妻小説
ジャンル : アダルト

おもちゃ:大人のおもちゃ通販 さくら                
感謝です。相互リンク集

 【相互リンク集です!相互リンクして下さる方募集中!】


官能小説を読むことが出来ます。 
官能文書わーるど 人妻官能セレクション 新・SM小説書庫 月夜桃花の物語 月夜桃花の夜伽話花 
wonbat花 ライトHノベルの部屋花 18夏花 mikikoroom花 変態小説花
・詩(うた)と小説で描く「愛の世界」
・柿の種研究所 近親・寝取られ体験談
・本当に淫らな人妻たち
・性犯罪白書

官能小説等を検索できます。
カオスパラダイス花 カウントダウンアダルトランキング アダルトマニア倶楽部花 アダルトノベルサーチ花 Hな読み物の館花 MEGURINET花 adultsearch花 本ナビ花 官能小説どっとcom花 
官能小説の館花 アダルトhummer花

動画や画像を見ることが出来ます。
厳選美少女花 女尻穴花
人妻動画隊
・民家 盗撮動画~ハリネーター
・女子高生制服画像個撮モデル
・エログ大団円
・えっちな人妻動画ブログ
・ふりムビ!

その他です。駄文同盟.comが凄い!
駄文同盟.com 貴女のおもちゃ アニメ・エロゲがいっぱい!  アダルトブログランキング【エログなブログ】 
アダルト検索一発サーチ  

姉妹サイト(無料動画)
やっぱり人妻が良い? それとも たまにはアニメでも?
 
ページ下動画

 【気まぐれ更新、ページ下動画始めました!】


小説では物足りない!!って人の為のちょこっと動画です。

[高画質で再生]


ピンキー

タイトル:人の妻~恥じらう横顔~ 

女  優:素人

キーワード:羞恥/貧乳/電マ/中だし

コメント:恥じらう姿が、可愛い奥様です!
少しずつ、大胆になっていって・・・

←クリックで「ピンキー」へ

コメントの投稿

非公開コメント

Language
プロフィール
今迄の観覧者数:
現在の閲覧者数:

aiuegon

女尻穴の変態紳士さんから頂きました。
エロ過ぎで、感謝です(;;)

Author:aiuegon
足を運んで頂き有り難う御座います。
人妻!人妻!人妻!では、
自作の人妻小説を公開してます。



貴方のクリックをお願いします。m(_ _)m
Tree-LINK リンク集



アクセスランキング
最新記事
カテゴリ
流石はプロ作家!
電子書籍なので、バレずに安心




メールフォーム
リンクして下さる方、リクエスト等こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー置き場
人妻!バナーです。
相互リンクして頂ける方、募集中です。
ぜひご連絡下さい。
88×31のバナーです
人妻人妻8831

80×80のバナーです
人妻人妻8080

200×40のバナーです
人妻人妻20040

リンクの際にご利用下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。