FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【aiuegonからのお知らせです】


・2009年8月30日 サイト公開
・2011年1月15日 『官能小説 HappyLife』リンク追加しました。恋愛、痴漢、性奴隷、、魅力的な小説ばかりです。
・2012年5月20日 社宅と携帯新連載です。遅筆…申し訳ありません。
・2012年5月20日 『凛 騎 応 変!』リンク追加しました。ご近所の秘め事。良い響きですね、ご一読する事をお勧めします^^
・2012年6月2日 社宅と携帯 その2更新しました。
・2013年10月20日 社宅と携帯 その3ようやく更新しました。



yumibana
ゆみさんの奇麗な写真とコメントが素敵です。是非お立ち寄りください。”人妻ゆみ~淫夢に弄ばれて” 
  ゆみさんの写真と、aiuegonの小説が合体しました!淫靡で素敵な大人の紙芝居です。



東日本大震災で被災された人々に、心よりお見舞い申し上げます。私も福島で被災しました。
みんながんばれ!がんばれ東北!がんばれ日本!

 

官能文書わーるど花  エロ比較花   18禁オーナーの社交場   凛 騎 応 変!
  wonbat花

18禁オーナーの社交場

 ↓↓↓小説一覧です。各第一話にリンクしております。↓↓↓ 
短めの小説:3~5分位の読み切りです。 長めの小説:ゆっくりとお読み下さい。
人妻不倫旅行 完結 魅惑のM妻 第1章完
色白人妻の野外露出 完結 不倫と人妻とお尻
ナンパされた人妻 完結 美人市議の受難
人妻の保険勧誘員 完結 幼稚園ママ 
美人インストラクター陵辱 完結 被虐の美人市議
露出願望の人妻 完結 ママで妻で女で
日焼けの奥様と不倫 完結 逝けない人妻
人妻セックス奴隷 完結 待つ人妻、単身赴任の夫
人妻とエステ 午後の癒し UP! 痴漢と人妻
密室シリーズ up 覗き見 隣の人妻
未定 未定 働く人妻とSM
未定 未定 上司と人妻とセクハラ
未定 未定 携帯電話と人妻
未定 未定 初めての同窓会
未定 未定 主婦と中学生
未定 未定 女教師と同僚
未定 未定 ウォーキング
未定 未定 社宅と携帯 up!


女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

働く人妻とSM その4

人妻満開 自慰鑑賞 妻斬り

タイトル:人妻満開 

女  優:山野 真由

キーワード:オナニー/フェラ/おもちゃ/中だし

←クリックで「人妻斬り」へ


腰にまとわりついたロープはスルスルと夕子に絡み付き、腰を縛り上げる。
一周したロープは閉じられた夕子の太股を割り、侵入してきた。
「ちょっ!松川君!!こんな事、、、」
「縛るだけです。約束通りに、、、」
松川は何事も無いかのように平然と答え、股に通されたロープを引き上げた。
「あぁっぁ!」
いつの間にかロープには結び目の瘤が作られており、夕子のクリとアナルに直接的な刺激を与えた。

居酒屋 パコパコ

タイトル:酔わせて本番交渉 

女  優:尾田 りんか

キーワード:居酒屋/フェラ/おもちゃ/69

←クリックで「パコパコママ」へ


 
働く人妻とSM

登場人物

沢田 夕子:28歳
松川 正 :30歳

*登場人物、内容はフィクションです。

7.視線

夕子:はい・・・あんな風にされたの初めてだったから・・・
エル:そっか、夕子さんはSMの経験は?
夕子:あの時が初めてです・・・
エル:飲んでなかったら誘いに乗らなかった?
夕子:多分・・・


松川は当初の約束通り、夕子の体には必要最低限しか触れなかった。
溶け始めた夕子の心と躰にはもどかしく、また、その様子を注視され羞恥に身を焦がした。
「そんなに腰を揺すって、、、どうしたの?どうして欲しいの?」
「解らない、、、もう、、解らない、、、」
「感じて、濡らして、、素直に認めたら?」
「嫌ぁ、、ちが、、ちが、、ぅ、、、」
「そうかなぁ?夕子さんは縛られて感じてると思うんだけど、、、」
「そんな、、、いやぁ、、、」
「じゃあ、、、」
松川はゆっくりと夕子の足のロープを解いた。
「えっ、、、?」
「立って」
「あっ、、、うん、、、、」
夕子は松川に言われるまま、椅子からヨロヨロと立ち上がった。
「ん~皺になったら困るから、取っちゃうよ」
背後に廻った松川がスカートのホックを外し、腰から滑り落ちる。
「きゃっ!いやっ!見ないで!!」
視覚を奪われた夕子は、滑り落ちたスカートを追いかける様にその場でしゃがみ込み膝を閉じた。
「大丈夫。何もしないって約束でしょ?」
「こっ、、こんな事まで、、、」
「ほら、立って」
松川の声がする方を見上げ、夕子は小さく答えるのが精一杯だった。
そんな夕子を抱え上げるように松川はその場に立たせた。
「なっ、、何するの、、、?」
「んっ?ちょっとだけ後押しするだけですよ」
「後押しって、、、松川君、、、きゃっ!?」
腰の廻りに不意にロープの感触を感じ、夕子は声を上げた。
「なっ、、、なに、、、あぁっ!嫌ぁ!!」
腰にまとわりついたロープはスルスルと夕子に絡み付き、腰を縛り上げる。
一周したロープは閉じられた夕子の太股を割り、侵入してきた。
「ちょっ!松川君!!こんな事、、、」
「縛るだけです。約束通りに、、、」
松川は何事も無いかのように平然と答え、股に通されたロープを引き上げた。
「あぁっぁ!」
いつの間にかロープには結び目の瘤が作られており、夕子のクリとアナルに直接的な刺激を与えた。
「ちょうど良い具合に当たったようですね」
松川はそう言いながらロープを軽く引き上げた。
「いやっ、、あぁぁぁっ、、、」
膝が揺れ崩れそうになる夕子を、松川はロープを引き上げ支える。
「あっあぁぁっっ!」
ロープの瘤がクリを刺激し、夕子は悲鳴にも似た声を上げた。
「そのまま立ってて下さい」
「あっ、、、いやぁ、、、あぁぁっ、、」
松川は夕子を立たせたまま、下腹部を縛り上げた。
「さっ、、出来ました」
「こんな、、、もう、、もう解いて、、、」
「解りました」
松川は夕子の背後に廻り、夕子の視覚を奪っていた黒い布を解き始めた。
「んっ、、、」
視界が急に明るくなり、夕子は目を細めた。
「あっ、、、嫌っ!」
鏡に映る自分の姿が、安堵感と開放感をさらなる羞恥に陥れた。
スカートの替わりにまとわりつく腰縄、上半身は身動きが取れず立ち尽くすしかなかった。
「どうですか?似合うでしょ?」
「こっ、、こんな、、、」
「パンツに染みを広げるほど喜んで貰えて、嬉しいですよ」
「あぁっ、、言わないで、、、」
「そう言いながらも腰が動いてますよ」
松川の言うとおりだった。
太股を摺り合わせ、瘤に秘裂を擦り付けるように腰が動く。
鏡に映る女はまるで、自ら快楽を求めるように淫猥に動き続けた。
松川はベットに腰を降ろし黙ったまま、夕子を見続けた。
「あっ、、あぁっ、、松川、、君?」
「、、、、」
「あぁっっ、、、もぅ、、、もぅ、、、」
「、、、、、、、」
「松川君、、、あぁっっぅ、、、」
「、、、、、」
「あぁっ、、もぅ、、もぅ、、、」
「もう?なに?」
「あぁぁぁっ、、、いや、、、もぅ、、、」
「縛られて感じてるんでしょ?」
「、、、、、、」
「刺激が欲しくて、腰をくねらせてるんでしょ?」
「、、、、ぃ」
「聞こえませんよ、、、」
夕子は快楽で潤んだ瞳を松川に向け、松川と視線が交差する。
ベットに座り、股間を膨らませ、夕子の瞳を捉える松川。
夕子の膝は揺れ、心は羞恥に痺れ、躰が快楽に支配されていく。
「お願い、、、もぅ、、我慢、、、あぁっ、、我慢できない、、、あぁぁっ!」

8.羞恥と快楽

 夕子は崩れるようにしゃがみ込み、松川がベットから立ち上がった。
「あぁっ、、松川君、、、」
すがるような目を向ける夕子に、松川はゆっくりと近づいた。
後ろ手に縛られ、ロープで挟まれた胸は歪み、腰縄は食い込む。
夕子は罰を受ける罪人の様に、松川を見上げる。
夕子の前に立つ松川のズボンは、大きく天を仰いでいた。
「どうしたいって?」
松川は夕子の顔前に股間を突き出すように踏み出した。
「あぁぁぁっ、、、」
一瞬の躊躇の後、夕子は紅潮し汗で張り付く頬を松川の股間に擦り付けた。
「あぁぁっっ、、、お願い、、、もぅ、、、」
潤んだ目で松川を見上げ、夕子はズボンの上から股間に口づけをする。
誰に命令された訳でもなく、快楽に焦らされた躰が松川を求める。
「松川君、、、お願い、、、もぅ、、、もぅ、、、」
「良いの?」
「お願い、、、もぅ、、、あぁっ、、」
「夕子さんからのお願いなら断れないね」
松川はそう言いながら、夕子を抱えゆっくりと立たせた。。
「あぁっ、、松川君、、、?」
「今解きます、、、」
松川はロープに手を掛け、夕子の縛を解いていく。
スルスルと松川によってロープが解かれ、心と共に夕子は解放されていった。
時折躰に触れる松川の手に、躰が反応し小さな吐息が漏れる。
「あぁぁ、、、」
腰縄が解け、上半身が解放され、最後に腕の自由になった。
夕子は自由になった腕を眺め、縄の跡の残る手首をさすった。
「これからどうしますか?」
松川は悪戯っぽく夕子を見つめた。
「、、、、、」
夕子が俯き視線を降ろした先に、先程自ら求め口づけをした松川の勃起したズボンが見える。
「、、、、、、」
夕子は俯いたまま松川の足下に跪き、おずおずとベルトに手を掛けた。
「良いんですね?」
松川の問いかけに夕子は何も言わず、ベルトを緩め初めた。
白く長い指がベルトを抜き取り、ズボンのホックを外す。
微かに震える指にチャックが降ろされ、ズボンが抜き取られた。
松川のパンツにも既に染みがベットリと広がり、松川の興奮を表していた。
「あぁぁっ、、、、、んっ、、、、」
夕子は白い指で髪の毛を耳に掛け、パンツの上から松川のペニスに舌を伸ばした。
「んっ、、、んっっ、、、、」
染みを舐め取るように丁寧に舌を這わせ、口を広げてペニスを挟み込む。
夕子の唾液がパンツに染み込み、松川のパンツを濡らしていく。
「んっ、、んんっ、、、あぁっ、、、んっ、、」
長い睫を臥せ夕子はペニスを夢中で愛撫した。
パンツの裾から手を伸ばしペニスに触れようとした時、松川が口を開いた。
「そこまでです」
「んっ、、、、?」
夕子は濡れた瞳で松川を見上げ、お預けを食らった犬のように松川の真意を探った。
松川は夕子の黒髪を撫でながら、口元を弛めた。
「着ている物を脱がないと、、、夕子さんにはもう必要ないでしょ?」
「えっ、、、?」
「見てますから、自分で脱いで下さい」
「えっ、、、そんな、、、」
「今更恥ずかしがる事もないでしょ、、いやらしく自分から求めているのに」
「いやっ、、、言わないで、、、」
夕子は焦らされ、貶されつつも躰が反応し、染みが広がっていくのを感じていた。


←前を読む  続きを読む→  それとも・・・「人妻斬り」へ?  「パコパコママ」へ?


 私、aiuegonも利用してます。ポチポチと気になる商品を購入。後は届くのを待つだけ!
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁 人妻小説
ジャンル : アダルト

おもちゃ:大人のおもちゃ通販 さくら                
感謝です。相互リンク集

 【相互リンク集です!相互リンクして下さる方募集中!】


官能小説を読むことが出来ます。 
官能文書わーるど 人妻官能セレクション 新・SM小説書庫 月夜桃花の物語 月夜桃花の夜伽話花 
wonbat花 ライトHノベルの部屋花 18夏花 mikikoroom花 変態小説花
・詩(うた)と小説で描く「愛の世界」
・柿の種研究所 近親・寝取られ体験談
・本当に淫らな人妻たち
・性犯罪白書

官能小説等を検索できます。
カオスパラダイス花 カウントダウンアダルトランキング アダルトマニア倶楽部花 アダルトノベルサーチ花 Hな読み物の館花 MEGURINET花 adultsearch花 本ナビ花 官能小説どっとcom花 
官能小説の館花 アダルトhummer花

動画や画像を見ることが出来ます。
厳選美少女花 女尻穴花
人妻動画隊
・民家 盗撮動画~ハリネーター
・女子高生制服画像個撮モデル
・エログ大団円
・えっちな人妻動画ブログ
・ふりムビ!

その他です。駄文同盟.comが凄い!
駄文同盟.com 貴女のおもちゃ アニメ・エロゲがいっぱい!  アダルトブログランキング【エログなブログ】 
アダルト検索一発サーチ  

姉妹サイト(無料動画)
やっぱり人妻が良い? それとも たまにはアニメでも?
 
ページ下動画

 【気まぐれ更新、ページ下動画始めました!】


小説では物足りない!!って人の為のちょこっと動画です。

[高画質で再生]


ピンキー

タイトル:人の妻~恥じらう横顔~ 

女  優:素人

キーワード:羞恥/貧乳/電マ/中だし

コメント:恥じらう姿が、可愛い奥様です!
少しずつ、大胆になっていって・・・

←クリックで「ピンキー」へ

コメントの投稿

非公開コメント

Language
プロフィール
今迄の観覧者数:
現在の閲覧者数:

aiuegon

女尻穴の変態紳士さんから頂きました。
エロ過ぎで、感謝です(;;)

Author:aiuegon
足を運んで頂き有り難う御座います。
人妻!人妻!人妻!では、
自作の人妻小説を公開してます。



貴方のクリックをお願いします。m(_ _)m
Tree-LINK リンク集



アクセスランキング
最新記事
カテゴリ
流石はプロ作家!
電子書籍なので、バレずに安心




メールフォーム
リンクして下さる方、リクエスト等こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー置き場
人妻!バナーです。
相互リンクして頂ける方、募集中です。
ぜひご連絡下さい。
88×31のバナーです
人妻人妻8831

80×80のバナーです
人妻人妻8080

200×40のバナーです
人妻人妻20040

リンクの際にご利用下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。