FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【aiuegonからのお知らせです】


・2009年8月30日 サイト公開
・2011年1月15日 『官能小説 HappyLife』リンク追加しました。恋愛、痴漢、性奴隷、、魅力的な小説ばかりです。
・2012年5月20日 社宅と携帯新連載です。遅筆…申し訳ありません。
・2012年5月20日 『凛 騎 応 変!』リンク追加しました。ご近所の秘め事。良い響きですね、ご一読する事をお勧めします^^
・2012年6月2日 社宅と携帯 その2更新しました。
・2013年10月20日 社宅と携帯 その3ようやく更新しました。



yumibana
ゆみさんの奇麗な写真とコメントが素敵です。是非お立ち寄りください。”人妻ゆみ~淫夢に弄ばれて” 
  ゆみさんの写真と、aiuegonの小説が合体しました!淫靡で素敵な大人の紙芝居です。



東日本大震災で被災された人々に、心よりお見舞い申し上げます。私も福島で被災しました。
みんながんばれ!がんばれ東北!がんばれ日本!

 

官能文書わーるど花  エロ比較花   18禁オーナーの社交場   凛 騎 応 変!
  wonbat花

18禁オーナーの社交場

 ↓↓↓小説一覧です。各第一話にリンクしております。↓↓↓ 
短めの小説:3~5分位の読み切りです。 長めの小説:ゆっくりとお読み下さい。
人妻不倫旅行 完結 魅惑のM妻 第1章完
色白人妻の野外露出 完結 不倫と人妻とお尻
ナンパされた人妻 完結 美人市議の受難
人妻の保険勧誘員 完結 幼稚園ママ 
美人インストラクター陵辱 完結 被虐の美人市議
露出願望の人妻 完結 ママで妻で女で
日焼けの奥様と不倫 完結 逝けない人妻
人妻セックス奴隷 完結 待つ人妻、単身赴任の夫
人妻とエステ 午後の癒し UP! 痴漢と人妻
密室シリーズ up 覗き見 隣の人妻
未定 未定 働く人妻とSM
未定 未定 上司と人妻とセクハラ
未定 未定 携帯電話と人妻
未定 未定 初めての同窓会
未定 未定 主婦と中学生
未定 未定 女教師と同僚
未定 未定 ウォーキング
未定 未定 社宅と携帯 up!


女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

痴漢と人妻 その2

徹は智香子の柔らかな胸に手を置き、ゆっくりと動かし始めた。
「ちょ、、悟が起きるわよ、、、」
「良いじゃないか。で、どんな風に触られたんだ?」
「えっ、、、どんな風って、、、向かい合って立ってて、、、」
「智香子。こっち向けよ」
徹は智香子が正対するように掛け布団を軽く持ち上げ促した。


1919痴漢

タイトル:痴漢THEアルティメット~究極の本物志向Ver.2 

女  優:素人多数

キーワード:痴漢/電車/お姉さん

←クリックで「1919GOGO」へ


 
登場人物

村田 智香子:主婦(39歳)
村田 徹  :会社員(41歳)
村田 悟  :中学生(14歳)
菅原 益男 :会社員(35歳)

*登場人物、内容はフィクションです。

3.追跡

 「ねぇ、ちょっと聞いてよ」
息子の悟が部屋に戻り、一人でビールを飲みながらテレビを見てる夫に話しかけた。
「ん~?」
「今日サークルの帰りに、電車に乗ったらね」
「ん~」
智香子はテレビを見ながら生返事をする徹に話を続けた。
「痴漢にあったの。変なモノ押しつけてくるし、私が降りる時にお尻触ってくるし」
「へぇ~」
徹が智香子に向き合い、笑みを浮かべた。
「何よ。何が可笑しいの?」
「いやぁ、智香子もまだいけてるって事じゃない?」
「イヤよ。あんな気持ち悪いモノ」
「ははは、気持ち悪いか。女からしたらそうかもな」
徹は再びテレビに向かい、ビールを飲み始めた。
「もぅ、、、」
智香子は立ち上がりテーブルの食器を片付け、キッチンに向かった。
徹は立ち去る智香子の後ろ姿を目で追い、ニヤっと笑った。

 片付けを終えダブルベットの徹の横に潜り込んだのは夜の11時を過ぎていた。
「っしょっと、、、」
智香子は背中を向ける徹をチラッと覗き、布団を掛け直した。
部屋は常夜灯の明かりが灯り、テニスで疲れた智香子を睡眠に引き込んでいく。
「なぁ、智香子?」
突然徹が寝返りを打ち、智香子に話しかけてきた。
「んっ?まだ起きてたの?」
「あぁ、痴漢にされて感じたか?」
「感じるわけ無いじゃない。気持ち悪いだけよ」
「どんな風に触られたんだ?」
「えっ、、、押しつけられたのよ、、、」
「こんな風にか?」
徹は布団の中で智香子ににじり寄り、横から太股にペニスを当てた。
「えっ何、、、?あなた、、、」
パジャマ越しに徹のペニスは堅くなっているのが解る。
「こんな風に触られたのか?」
徹は智香子の柔らかな胸に手を置き、ゆっくりと動かし始めた。
「ちょ、、悟が起きるわよ、、、」
「良いじゃないか。で、どんな風に触られたんだ?」
「えっ、、、どんな風って、、、向かい合って立ってて、、、」
「智香子。こっち向けよ」
徹は智香子が正対するように掛け布団を軽く持ち上げ促した。
「えっ、えぇ、、、」
そして、智香子の下腹部にペニスを押し当てる。
「あなた、、、」
「こうやって、擦り付けられたのか?」
「えぇ、、、あの時間電車が混んでて、、、」
智香子は恥ずかしそうに顔を赤らめ、俯いた。
徹は俯く智香子を見下ろし、口元に笑みを浮かべ腰を動かし始めた。
「んっ、、あなた、、、」
智香子は徹のペニスを下腹部に感じつつ、痴漢のペニスを思い出していた。
夫のより熱く、大きく感じたのは電車が混んでいたからなのか。
そんな事を思いつつ、夫の愛撫に疲れた体は反応していた。
「あっ、、んっ、、」
徹はそんな智香子の反応に気を良くし、パジャマの上から愛撫を続ける。
「あぁぁっ、、、んんっ、、、んぁっ、、」
「痴漢されて感じたのか?」
「いやぁ、、そんな、、、感じて何か、、あぁっ、、」
「本当か?今だってこんなに感じてるじゃないか」
「それは、、あなただから、、んんっっ、、」
徹は智香子を抱き寄せキスをしながら、パジャマの中に手を入れた。
「あぁぁっ、、んんっ、、」
「随分と感じてる見たいじゃないか」
「だって、、久しぶりだし、、、」
「そうだな、、痴漢もたまには良いか」
徹は智香子のパジャマを脱がし、形の良い胸とショーツに手を伸ばした。
ゆっくりと愛撫を続け、久々の智香子の愛液を啜る。
智香子は顔を歪め喘ぎ声を抑えながら、快楽に身を委ねた。
徹の愛撫を痴漢に置き換え、智香子はいつもより乱れた。
「あぁぁっ、、あなた、、、もう、、、」
「声を抑えて、聞こえちゃうから、、」
徹は智香子の口を押さえ、腰を振り続けた。
まるで痴漢に犯されてる様な感覚に、智香子は一気に上り詰めた。
「んっ、、んぅ、、、んぁぁっ、、、!!」
「俺も、、、、!」
徹も智香子が逝くと同時にペニスを引き抜き、智香子の陰毛に擦り付けた。
ペニスから滲み出るように排出される精液が下腹部に流れる。
「んぅ、、、、」
徹は智香子に覆い被さり、布団の中で抱き合った。
「随分感じてたんじゃない?」
「んっ、、もぅ、、あなたったら、、、」
智香子は恥ずかしそうに顔を背け、頬を膨らませた。


 「ふぅん、なるほどね、、、」
菅原は智香子の通う公営体育館に掲示してある割付表を見ながら呟いた。
智香子と遭遇した次の週、菅原は朝から智香子が降りた駅のホームに居た。
4時間ほど智香子を待ち続け、正午過ぎにテニスバッグを抱える智香子を発見した。
小さくガッツポーズをし、座り続けて痛くなった尻を堅いベンチから引き剥がした。
朝夕のラッシュ時には混む電車が、昼には別の顔を見せる。
車内は空いており、椅子が所々空いている。
サラリーマンや学生に混じり、主婦や年寄り、子供連れが目立つ。
智香子とは離れたドアに寄りかかり、3つ目の駅で智香子が降りるのを確認しそれに続いた。
駅から5分ほどにある体育館に智香子は姿を消し、菅原はそれに続いた。
探偵か、警察にでもなったような気分に菅原は高揚していた。
週に2回昼過ぎから夕方へ掛けてテニスは開催されていた。
「夕方か、、、」
菅原は時計を確認し、また智香子を待つために体育館を後にした。

 「ふぅ、、、」
菅原はその後、智香子の家を確認し、自分の成果に満足していた。
「人妻か、、、」
菅原は智香子に痴漢する計画を考えながら、ティッシュに性を吐き出した。

4.実行

 スポーツバッグを抱え、頭を下げながら智香子は何とか電車に乗り込んだ。
3駅とは言え相変わらずの混みように智香子は辟易としていた。
後から続く乗客に押し込まれながらも、バッグを抱えドアが閉まるのを待った。
電車はドアが閉まると同時に動き出し、直ぐに智香子がお尻に違和感を感じた。
「、、、?」
誰かの手の甲が不自然にお尻に押しつけられている。
首を捻り確認しようにも、乗客達に押し込まれ身動きも取れない。
  ”やだ・・・”
電車の揺れと共に、押しつけられた手の甲は智香子のお尻を撫でる様に揺れる。
  ”痴漢?”
痴漢ともただ手が当たってるとも判断が付かず、智香子は戸惑いながら体を捩った。
「ん?」
目の前のサラリーマンが怪訝そうに智香子を睨み、小さく咳払いをする。
  ”しょうがないじゃない・・・”
智香子は俯きつつも、手がお尻から放れた事に安堵した。
当たっていた手は追って来る事もなく、智香子は鞄を持つ手か何かが当たっただけだと思い直した。
  ”良かった、こんなに混んでるから、しょうがないか・・・”

 一つ目の駅に着き、降りた乗客で出来たスペースに、さらに多い乗客が乗り込んでくる。
それと共に車内は密着度を増し、先程よりさらに混み合った。
「うぅぅ、、、、、」
そこここで、呻き声が漏れるが何事も無かったように電車が動き出す。
  ”・・・また?”
智香子は先程よりさらに強く押し当てられる手に動揺した。
  ”混んでるから・・・?さっきは追ってこなかったし・・・”
電車の揺れと共に揺れる手が、智香子のお尻を撫でてくる。
混み合った車内にはもう逃げる場所もなく、智香子は黙ったまま俯いた。
  ”ただ・・・当たってるだけ?”
智香子は痴漢かどうか判断が付かず、小さく咳払いをした。
「んんっっ」
智香子の咳払いには何の効果もなく、相変わらず手が押しつけられる。
  ”当たってるって・・・”
智香子は苛立ちながらも、体を硬直させお尻に力を入れた。
電車が減速を初め、二つ目の駅が近いことを知らせる。
それと共に乗客達が前に流れ、揺れが大きくなった。
  ”!!”
お尻に当たっていた手の甲が、揺れと同時にお尻の谷間に押し当てられる。
  ”なっ・・・”
逃げ場のない車内で必死に体を捩ろうとしたが、そんなスペースなど無かった。
  ”もうすぐ・・・ドアが開いたら、前に移れば・・・”

 電車は二つ目の駅に着き、ドアが開くと同時に乗客が溢れ出た。
智香子は乗客の流れに乗り前に移動しようとしたが、次の瞬間には乗客が乗り込み始めた。
「あっ、、、!」
智香子の声は他の呻き声に紛れ、元居た場所へ押し戻された。
  ”何なのよ!”
混んだ電車と不快な手に苛立ちながら、智香子は身を固くし足を閉じた。
電車が動き始めると同時に、再び手が動き始める。
  ”なっ・・・痴漢・・・?”
先程までと違い、押し当てられたのは手の平であった。
包み込むように智香子のお尻を撫で回し初め、智香子はおぞましさに鳥肌を立てた。
「っ、、、」
智香子は痴漢を睨み付けようと、首を捻り当たりを見渡そうとしたが混雑がそれを許さなかった。
視界に入る男達は皆、痴漢に間違われないようにか手を挙げ、新聞を読み、智香子には目もくれない。
  ”誰?何なのよ!”
痴漢の手は徐々にお尻の谷間に移動を初め、智香子を狼狽させた。
  ”ちょ・・・誰!”
気丈に顔を上げ耐える智香子をあざ笑うかのように、手は谷間に到達した。
「んっ、、、」
それまで一緒に動いていた手の平が、お尻の谷間で分離し指として単独行動を始めた。
  ”えっ・・・嘘でしょ・・・”
ジーンズの縫い目に沿って指がお尻の谷間を這い進んでくる。
車内にアナウンスが流れ、電車が速度を落とし始める。
  ”早く・・・早く止まって・・・”
智香子は祈るように目を瞑り、バッグを強く抱きかかえる。
指は残された時間を知ってるかのように、堅く閉ざされた谷間を掻き分けアナルへ到達した。
「っ!!」
全身に電流が突き抜け、声にならない声が智香子の口から漏れた。
恐怖で震える体を何とか征し、智香子は声を絞り出した。
「おっ、、降ります、、通して下さい、、、」
ドアが開くと同時に智香子は動き出し、逃げるように電車を離れた。

←前を読む  続きを読む→

スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁 人妻小説
ジャンル : アダルト

おもちゃ:大人のおもちゃ通販 さくら                
感謝です。相互リンク集

 【相互リンク集です!相互リンクして下さる方募集中!】


官能小説を読むことが出来ます。 
官能文書わーるど 人妻官能セレクション 新・SM小説書庫 月夜桃花の物語 月夜桃花の夜伽話花 
wonbat花 ライトHノベルの部屋花 18夏花 mikikoroom花 変態小説花
・詩(うた)と小説で描く「愛の世界」
・柿の種研究所 近親・寝取られ体験談
・本当に淫らな人妻たち
・性犯罪白書

官能小説等を検索できます。
カオスパラダイス花 カウントダウンアダルトランキング アダルトマニア倶楽部花 アダルトノベルサーチ花 Hな読み物の館花 MEGURINET花 adultsearch花 本ナビ花 官能小説どっとcom花 
官能小説の館花 アダルトhummer花

動画や画像を見ることが出来ます。
厳選美少女花 女尻穴花
人妻動画隊
・民家 盗撮動画~ハリネーター
・女子高生制服画像個撮モデル
・エログ大団円
・えっちな人妻動画ブログ
・ふりムビ!

その他です。駄文同盟.comが凄い!
駄文同盟.com 貴女のおもちゃ アニメ・エロゲがいっぱい!  アダルトブログランキング【エログなブログ】 
アダルト検索一発サーチ  

姉妹サイト(無料動画)
やっぱり人妻が良い? それとも たまにはアニメでも?
 
ページ下動画

 【気まぐれ更新、ページ下動画始めました!】


小説では物足りない!!って人の為のちょこっと動画です。

[高画質で再生]


ピンキー

タイトル:人の妻~恥じらう横顔~ 

女  優:素人

キーワード:羞恥/貧乳/電マ/中だし

コメント:恥じらう姿が、可愛い奥様です!
少しずつ、大胆になっていって・・・

←クリックで「ピンキー」へ

コメントの投稿

非公開コメント

Language
プロフィール
今迄の観覧者数:
現在の閲覧者数:

aiuegon

女尻穴の変態紳士さんから頂きました。
エロ過ぎで、感謝です(;;)

Author:aiuegon
足を運んで頂き有り難う御座います。
人妻!人妻!人妻!では、
自作の人妻小説を公開してます。



貴方のクリックをお願いします。m(_ _)m
Tree-LINK リンク集



アクセスランキング
最新記事
カテゴリ
流石はプロ作家!
電子書籍なので、バレずに安心




メールフォーム
リンクして下さる方、リクエスト等こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー置き場
人妻!バナーです。
相互リンクして頂ける方、募集中です。
ぜひご連絡下さい。
88×31のバナーです
人妻人妻8831

80×80のバナーです
人妻人妻8080

200×40のバナーです
人妻人妻20040

リンクの際にご利用下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。