FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【aiuegonからのお知らせです】


・2009年8月30日 サイト公開
・2011年1月15日 『官能小説 HappyLife』リンク追加しました。恋愛、痴漢、性奴隷、、魅力的な小説ばかりです。
・2012年5月20日 社宅と携帯新連載です。遅筆…申し訳ありません。
・2012年5月20日 『凛 騎 応 変!』リンク追加しました。ご近所の秘め事。良い響きですね、ご一読する事をお勧めします^^
・2012年6月2日 社宅と携帯 その2更新しました。
・2013年10月20日 社宅と携帯 その3ようやく更新しました。



yumibana
ゆみさんの奇麗な写真とコメントが素敵です。是非お立ち寄りください。”人妻ゆみ~淫夢に弄ばれて” 
  ゆみさんの写真と、aiuegonの小説が合体しました!淫靡で素敵な大人の紙芝居です。



東日本大震災で被災された人々に、心よりお見舞い申し上げます。私も福島で被災しました。
みんながんばれ!がんばれ東北!がんばれ日本!

 

官能文書わーるど花  エロ比較花   18禁オーナーの社交場   凛 騎 応 変!
  wonbat花

18禁オーナーの社交場

 ↓↓↓小説一覧です。各第一話にリンクしております。↓↓↓ 
短めの小説:3~5分位の読み切りです。 長めの小説:ゆっくりとお読み下さい。
人妻不倫旅行 完結 魅惑のM妻 第1章完
色白人妻の野外露出 完結 不倫と人妻とお尻
ナンパされた人妻 完結 美人市議の受難
人妻の保険勧誘員 完結 幼稚園ママ 
美人インストラクター陵辱 完結 被虐の美人市議
露出願望の人妻 完結 ママで妻で女で
日焼けの奥様と不倫 完結 逝けない人妻
人妻セックス奴隷 完結 待つ人妻、単身赴任の夫
人妻とエステ 午後の癒し UP! 痴漢と人妻
密室シリーズ up 覗き見 隣の人妻
未定 未定 働く人妻とSM
未定 未定 上司と人妻とセクハラ
未定 未定 携帯電話と人妻
未定 未定 初めての同窓会
未定 未定 主婦と中学生
未定 未定 女教師と同僚
未定 未定 ウォーキング
未定 未定 社宅と携帯 up!


女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

待つ人妻、単身赴任の夫 その7

男の顔はカーテンに隠れ見えない。
ソファーから伸びる男の足。股間に顔を埋める美里。
美里の頭がリズミカルに動き、時折男の顔を見上げるようにペニスから口を離す。
顔を赤く染め、目は潤み、男に微笑み掛け、再び顔を埋めた。 


夫婦間

タイトル:人の妻~夫婦間映像

女  優:流出した奥さん

キーワード:人妻/電マ/フェラチオ/口内発射/中出し

←クリックで「ピンキー」へ


 
登場人物

木下 美里:主婦(32歳)
木下 一 :単身赴任中(30歳)
木下 浩太郎:息子(3歳)

*登場人物、内容はフィクションです。

13.苛立ちと興奮

 ノロノロと体を起こし、震える手で一はキーボードを叩き始めた。

-----------------------
海へ

これ以上妻に関わるな。
もう2度と妻へ連絡を取るな。
法的な手段も考える。
-----------------------

法的手段など、何をどうして良いかなど一には判らなかった。
ただ、少々脅してでも妻へのを止めておきたかった。
海からの返信メールを待ち続け、一は苛立ちと焦りを感じていた。
昼食も取らずに、リロードを繰り返し受信画面を睨み続ける。
返信メールが届いたのは、窓から差し込む西日がオレンジ色に染まる頃だった。

-----------------------
一さんへ

何度もメールで警告したのですが。
見てませんでしたか?
此方には、メールの履歴があるので法的手段を取っ
て困るのは一さんの方では?
一さんとの了解の元に奥様を調教するつもりです。
奥様が調教に応じるはずがないと仰るなら、奥様を
信じてあげて下さい。
では、追って結果をお送りします。
-----------------------

待ち続けた挙げ句、逆に海に脅され一の怒りは焦燥に変わった。
  ”何を言っても無駄なのか・・・?”
一はパソコンの電源を落とし、力無く土曜日の会社を後にした。
  ”美里に電話しないと・・・”
  ”なんて言えば良い?既に調教が始まっていたら・・・”
  ”調教って・・・何をするんだ?”
妄想が妄想を呼び、海の手に落ちた美里が一の脳裏に浮かび上がる。
力無く肩を落としながらも、乾きかけたパンツの中ではペニスが痛いほど勃起している。
部屋に着いてからも一は携帯を握りしめ、美里へ電話する切欠を探していた。
  ”電話するのがこんなに辛いなんて・・・”
電気の付けていない部屋は、窓から入る街灯の明かりが一をぼんやりと照らしていた。
幽鬼の様な一の手の中で、携帯が突然なり響いた。
ビクッと体を震わし、ゆっくりと電話にでた。
「もしもし?」
「私、美里」
「どうしたの?美里から連絡くれるなんて珍しいね。何かあった?」
いつもの美里の声だった。
変哲のない会話の後、思い切ってメールの事を訊ねた。
「そう言えば、迷惑メールどうなった?」
「えっ?!」
「この間迷惑メールがどうのって言ってたでしょ?」
「あっ、、あぁ!あれね、ほっといたら来なくなった、、、」
  ”嘘だ・・・海から・・・来てるはずだ!”
思いとは違う言葉が一の口からこぼれ出る。
「だろ?そんなモンはほっとけば向こうから諦めるから、、、」
「そだね」
  ”嘘だ・・・嘘だろ・・・?嘘は聞きたくない・・・”
「じゃぁ、帰る日にち決まったらまた連絡するよ、、、」
「解った、、じゃあね、、、」
一は美里から逃げるように、電話を切った。
空っぽの胃が収縮し、胸が締め付けられ、吐き気を催しトイレに駆け込む。
朝から何も食べてない胃袋からは、黄色い胃液だけが便器に吐き出される。
吐き気が収まると、一はヨロヨロとベットに倒れ込み、目を瞑った。

 美里が玄関に男を迎え入れ、男の首に手を回している。
ドアが閉まり切るのを待ち切れず、美里が男に唇を重ねた。
潤んだ目が美里の欲望を表し、男は当然のように美里の腰に手を回した。
「・・・!」
声を掛けようとした刹那、ドアが閉まりカギが掛けられた。
何度チャイムを押しても誰も出てくる様子はない。
「美里!俺だ!一だ!!」
どんなに叫んでも、ドアが開く気配はなかった。
ゆっくりと、庭に廻りカーテンの隙間から部屋を覗く。
男の顔はカーテンに隠れ見えない。
ソファーから伸びる男の足。股間に顔を埋める美里。
美里の頭がリズミカルに動き、時折男の顔を見上げるようにペニスから口を離す。
顔を赤く染め、目は潤み、男に微笑み掛け、再び顔を埋めた。
窓を叩こうにも、声を上げようとしても金縛りの様に体は反応しない。
ペニスだけが異常に硬く、大きく勃起しパンツの中が濡れていく。
美里がゆっくり立ち上がり、男に跨った。
「よせ・・・よせ!!美里!!!」

一は自分の声に驚き、目を覚ました。
部屋はまだ暗く、窓から入る街灯の光りに目を細めた。
ペニスは勃起し、パンツの中で大きく跳ねる。
「んっ、、、」
一はパンツを脱ぎ捨て、ペニスを扱きだした。
夢の続きを想像し、怒りと、焦燥と、興奮をペニスにぶつける。
海のペニスをフェラする美里。
海に跨り自ら腰を振る美里。
快楽に溺れ、声を上げながら果てる美里。
脳裏の美里が果てると同時にペニスは大きく跳ね、精液を吐き出した。

14.休日出勤

 空腹と、下腹部に不快感を覚え一は目を覚ました。
昨夜の射精の後、意識を失うように眠りに落ちていた。
汚れてベトつシーツがベト付き、今更ながらに一を落ち込ませた。
窓の外は薄明かりが広がり、鳥のさえずりと新聞配達のバイクの音が早朝を知らせている。
「あぁ、、、朝か、、、」
引きずるように体を起こし、ベットに腰を掛ける。
脱ぎっぱなしのスーツに汚れたパンツ。皺になったワイシャツ。
一は洗濯機にシーツと共にそれらを投げ入れ、ボタンを押した。
狭いユニットバスに足を進め、ベト付く体を洗い流す。
ゆっくりと体が温まり、同時に空腹感が襲ってきた。
「飯か、、、」
体は正直だと自嘲気味に笑い、シャワーを止めた。
一はノロノロと身支度を整え、部屋を後にし会社に向かった。

 人気の少ない休日の街を抜け、会社の入り口をくぐった。
日曜日の社内は静寂に包まれ、普段より寒く感じられる。
一は机の上に鞄と途中で買ったコンビニの袋を置き、パソコンに向かった。
パソコンが立ち上がるのをイライラとしながら待ち、コンビニの袋に左手を伸ばす。
右手でマウスを操作しながら、システムにログインし受信メールと書かれたボタンにマウスを合わせた。
祈るように一瞬躊躇し、ボタンをクリックする。
コンビニの袋の中の左手が動きを止め、掴み掛けたパンを手放した。

 海からのメール。送信時間は昨夜遅くであった。

-----------------------
木下 一さんへ

残念ながら私の勝ちのようですね。
貴男の愛する可愛い奥様の写真をお送りします。
どうです?良く撮れているでしょう?
私の言うとおりに、奥様は自ら送ってきましたよ。
貴男も少しは望んだ結果では?
また、良い写真が手に入りましたらお送りします。
-----------------------

 体は硬直し、汗が吹き出る。
左手はコンビニの袋の中で中を彷徨い、右手が導かれるように海からの添付写真を一枚開いた。
開いた白いブラウスから見える、黒いレースのブラ。
「うぉぉぉっ!!!」
誰も居ないフロアーに一の叫びが響いた。
見覚えのあるブラに、見間違えの無い美里の躰。
一は取り憑かれた様に写真を開いていく。
M字に開かれた素足の奥に見える黒いガーター。
ローアングルから撮られた、膝立ちし下着姿。
顔こそは写っていなかったが、紛れもなく美里の躰だった。
昨夜夢で見た自宅のソファー。そこで撮られた美里の写真。
「嘘だろ、、、、、、」
これ以上は見たくないとの思いとは裏腹に、右手は写真を開いていった。
白いうなじに張り付く美里の黒い髪。
白く張った胸で大きくなった茶色い乳首。
全て自分の物だと思っていた美里の躰が、目の前に映し出される。
一は震える手で最後の写真を開いた。
「あぁ、、、なんて事だ、、、」
思わず口から言葉が漏れる。
両目は見えない力で押さえ付けられたように、美里の写真に釘付けになった。
バイブが挿入された美里の秘部。美里の喜びを現す、愛液で濡れ光るバイブ。
全身から血の気が引き、汗が止まった。
気が付けばペニスは痛いほどに勃起し、スーツを押し上げている。
怒りと興奮が胸を締め付け、ペニスに血液を送り込む。
一は立ち上がりズボンのチャックを降ろし、ペニスを出した。
右手は次々と写真を映し、左手はペニスを扱く。
怒りが興奮を煽り、興奮がペニスを射精に導いていく。
「、、、、、っ!!!」
勢い良く飛び散る精液はモニターに映る美里の秘部を白濁液で汚し、キーボードを汚し、机を汚した。
一は椅子に座り込み、声を上げて笑っていた。
白濁液がモニターを伝い、知らずうちに零れた涙が頬を伝う。
一の中の時間が止まった。

←前を読む  続きを読む→

スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁 人妻小説
ジャンル : アダルト

おもちゃ:大人のおもちゃ通販 さくら                
感謝です。相互リンク集

 【相互リンク集です!相互リンクして下さる方募集中!】


官能小説を読むことが出来ます。 
官能文書わーるど 人妻官能セレクション 新・SM小説書庫 月夜桃花の物語 月夜桃花の夜伽話花 
wonbat花 ライトHノベルの部屋花 18夏花 mikikoroom花 変態小説花
・詩(うた)と小説で描く「愛の世界」
・柿の種研究所 近親・寝取られ体験談
・本当に淫らな人妻たち
・性犯罪白書

官能小説等を検索できます。
カオスパラダイス花 カウントダウンアダルトランキング アダルトマニア倶楽部花 アダルトノベルサーチ花 Hな読み物の館花 MEGURINET花 adultsearch花 本ナビ花 官能小説どっとcom花 
官能小説の館花 アダルトhummer花

動画や画像を見ることが出来ます。
厳選美少女花 女尻穴花
人妻動画隊
・民家 盗撮動画~ハリネーター
・女子高生制服画像個撮モデル
・エログ大団円
・えっちな人妻動画ブログ
・ふりムビ!

その他です。駄文同盟.comが凄い!
駄文同盟.com 貴女のおもちゃ アニメ・エロゲがいっぱい!  アダルトブログランキング【エログなブログ】 
アダルト検索一発サーチ  

姉妹サイト(無料動画)
やっぱり人妻が良い? それとも たまにはアニメでも?
 
ページ下動画

 【気まぐれ更新、ページ下動画始めました!】


小説では物足りない!!って人の為のちょこっと動画です。

[高画質で再生]


ピンキー

タイトル:人の妻~恥じらう横顔~ 

女  優:素人

キーワード:羞恥/貧乳/電マ/中だし

コメント:恥じらう姿が、可愛い奥様です!
少しずつ、大胆になっていって・・・

←クリックで「ピンキー」へ

コメントの投稿

非公開コメント

Language
プロフィール
今迄の観覧者数:
現在の閲覧者数:

aiuegon

女尻穴の変態紳士さんから頂きました。
エロ過ぎで、感謝です(;;)

Author:aiuegon
足を運んで頂き有り難う御座います。
人妻!人妻!人妻!では、
自作の人妻小説を公開してます。



貴方のクリックをお願いします。m(_ _)m
Tree-LINK リンク集



アクセスランキング
最新記事
カテゴリ
流石はプロ作家!
電子書籍なので、バレずに安心




メールフォーム
リンクして下さる方、リクエスト等こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー置き場
人妻!バナーです。
相互リンクして頂ける方、募集中です。
ぜひご連絡下さい。
88×31のバナーです
人妻人妻8831

80×80のバナーです
人妻人妻8080

200×40のバナーです
人妻人妻20040

リンクの際にご利用下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。