FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【aiuegonからのお知らせです】


・2009年8月30日 サイト公開
・2011年1月15日 『官能小説 HappyLife』リンク追加しました。恋愛、痴漢、性奴隷、、魅力的な小説ばかりです。
・2012年5月20日 社宅と携帯新連載です。遅筆…申し訳ありません。
・2012年5月20日 『凛 騎 応 変!』リンク追加しました。ご近所の秘め事。良い響きですね、ご一読する事をお勧めします^^
・2012年6月2日 社宅と携帯 その2更新しました。
・2013年10月20日 社宅と携帯 その3ようやく更新しました。



yumibana
ゆみさんの奇麗な写真とコメントが素敵です。是非お立ち寄りください。”人妻ゆみ~淫夢に弄ばれて” 
  ゆみさんの写真と、aiuegonの小説が合体しました!淫靡で素敵な大人の紙芝居です。



東日本大震災で被災された人々に、心よりお見舞い申し上げます。私も福島で被災しました。
みんながんばれ!がんばれ東北!がんばれ日本!

 

官能文書わーるど花  エロ比較花   18禁オーナーの社交場   凛 騎 応 変!
  wonbat花

18禁オーナーの社交場

 ↓↓↓小説一覧です。各第一話にリンクしております。↓↓↓ 
短めの小説:3~5分位の読み切りです。 長めの小説:ゆっくりとお読み下さい。
人妻不倫旅行 完結 魅惑のM妻 第1章完
色白人妻の野外露出 完結 不倫と人妻とお尻
ナンパされた人妻 完結 美人市議の受難
人妻の保険勧誘員 完結 幼稚園ママ 
美人インストラクター陵辱 完結 被虐の美人市議
露出願望の人妻 完結 ママで妻で女で
日焼けの奥様と不倫 完結 逝けない人妻
人妻セックス奴隷 完結 待つ人妻、単身赴任の夫
人妻とエステ 午後の癒し UP! 痴漢と人妻
密室シリーズ up 覗き見 隣の人妻
未定 未定 働く人妻とSM
未定 未定 上司と人妻とセクハラ
未定 未定 携帯電話と人妻
未定 未定 初めての同窓会
未定 未定 主婦と中学生
未定 未定 女教師と同僚
未定 未定 ウォーキング
未定 未定 社宅と携帯 up!


女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

被虐の美人市議 その2

「中田議員、他人の部屋に無断で立ち入るのは不法侵入ですよ。」
小林はビデオカメラをカチャカチャと操作し、鞄にしまい込んだ。
「あっ、、、あの、、、小林さんこそ、ここで何を?」
慌てて立ち上がり初音は小林に振り向いた。
「いえ、中田議員の車を見かけたので、後を着いてきただけです。」
「えっ、、、あっ、、何時から、、何時からそこに、、、?」
「ん~中田議員が一人で楽しそうな事し始めたので、声かけれなくて。」
ニヤニヤ笑いながら獲物を追いつめるように小林は歩みを進めた。


人妻陵辱 大越はるか

タイトル:人妻が凌辱された理由 大越はるか 

女  優:大越はるか

キーワード:人妻/中出し/フェラチオ/ローター/拘束/SM/陵辱

←クリックで「DUGA」へ


 
第2章 被虐の美人市議

登場人物

中田 初音:41歳(ある地方都市の市議会議員)
小林 達男:52歳(雑誌記者)

*登場人物、内容はフィクションです。

3.脅迫

「中田議員、他人の部屋に無断で立ち入るのは不法侵入ですよ。」
小林はビデオカメラをカチャカチャと操作し、鞄にしまい込んだ。
「あっ、、、あの、、、小林さんこそ、ここで何を?」
慌てて立ち上がり初音は小林に振り向いた。
「いえ、中田議員の車を見かけたので、後を着いてきただけです。」
「えっ、、、あっ、、何時から、、何時からそこに、、、?」
「ん~中田議員が一人で楽しそうな事し始めたので、声かけれなくて。」
ニヤニヤ笑いながら獲物を追いつめるように小林は歩みを進めた。
「あっ、、、違うんです、、、証拠を、、、、、」
顔を真っ赤にし、俯く初音を小林は楽しむように下卑た笑いを浮かべる。
「あぁ、証拠ね。そのパソコンには無いでしょ。」
「えっ、、、、ど、どうして?」
「どうしてって、私が持ってるからですよ。」
笑いながら小林は鞄の中から、CDを取り出し初音に見せつけた。
「ほら、此処に。こんな良いもの消されたら勿体ないからね。」
「あっ、、、返して下さい!お願いです。」
弾かれたように初音はCDに飛びかかったが、小林はCDをヒラヒラと高く上げ初音をかわした。
「ダメですよ~これに中田議員のオナニーを付けて・・・」
「あぁ、、、お願いです、、、お願いですから、、、」
「まぁまぁ、しかし、乱れてましたね~」
ニヤニヤと笑いながら、初音を見る小林に恐怖感を覚え初音は後ずさった。
「み、、、見たのですか?」
「えぇ、中田議員が輪わされて逝くところや、ケツの穴にチンポ突っ込まれてよがるところや、、」
「止めて!!返して!お願いですから、、」
「返せって言われても、、、中田議員のモノじゃないでしょ?」
「だ、、でも、小林さんのモノでも、、」
「返して欲しければ、条件がありますよ。」
「条件、、条件って何ですか?」
小林は初音を舐めるように見ながら、また一歩踏み出した。
「あっ、、、あっ、、、」
「じゃあ、ちょっとそこに座ってパソコン使わせてよ。」
ソファーを指さし小林はパソコンの前に座った。
「あっ、、、はい、、」
初音も小林の指示に従いソファーに座り、小林を見つめた。
小林はパソコンの電源を入れ、鞄からビデをカメラを接続し黙々と作業を続ける。
「あっ、、、あのう、、、」
「もうすぐ終わりますから、ちょっと待ってて。」
カチャカチャとパソコンを操作し、小林は初音に振り返った。
「中田議員、ちょっとこれ見て貰えますか?」
そう言いながら、小林はモニターを初音に見えるように向きを変えた。
モニターに映し出されたのは、自慰をする初音の後ろ姿であった。
「いやぁ!!消して下さい!!!」
「まぁまぁ、、、こんなのも、、、」
小林がマウスを操作し画面が切り替わると、四つん這いになり佐藤にアナルを犯されている姿が映った。
「いやぁ、、、消して、、返して下さい!!」
今にも泣き出しそうな初音を楽しむように小林は画面を切り替えた。
「運転中の車でフェラするなんて、議員としていかがなもんですかね?」
「こっ、、、こんなモノまで、、何時の間に、、、」
佐藤の肉棒をくわえ、半ば恍惚とした表情を浮かべる自分の映像に初音は愕然とした。
「この映像を見て何度センズリをした事か、、、」
「いやぁ!!言わないで!返して下さい!!」
小林はニヤニヤと下卑た笑いを初音に向け立ち上がった。
「で、返すための条件なんですけどね。」
「、、、、はい。」
「同じ事を私にもして貰おうかなと。」
「えっ、、イヤです!そ、、そんな事出来ません!!」
「出来ないって、、、じゃあ、これは返すことは出来ませんね。」
「あっぁぁぁ、、、そんな、、、」
「まぁ、現役市議の痴態なんて、売れば幾らでも買い手は着きますから。」
小林はパソコンからCDを取り出し、ヒラヒラと初音に見せびらかせる。
「では、私はこれで。」
初音をソファーに残したまま小林はドアに向かって歩き始めた。
「あっ、、まって、、待って下さい!!」
芝居のようにゆっくりと小林は立ち止まり、初音に向き直った。

4.罠の掛け合い

 帰宅した初音は調子が悪いと寝室に籠もった。
「よく考えることです。脅迫と思われるのもイヤなので。」
小林の言葉が頭にリフレインする。
小林は1週間の猶予を初音に与え、部屋を出ていった。
ビデオを取り返すどころか、自慰を小林に撮られてしまった。
市議という職を失う事に未練はなかったが、家族に知られるのだけは防ぎたかった。
警察へ届けることも考えたが、証拠品としてあの映像が何人もの目に触れる恐れがあった。
かといって、あの小林に体を許す事は考えられ無かった。
グルグルと思考が交錯し、結論の出ない迷路に立たされ、一睡も出来ずに初音は朝を迎えた。

 一週間後、携帯が小林からの着信を知らせた。
「もしもし、小林です。」
「中田です、、、、」
「どうですか?結論でましたか?」
嬉しそうに話す小林に嫌悪感を抱きながら、初音は携帯を握る手に力を入れた。
「はい。その条件に関しましては承諾いたします。」
「これはこれは、嬉しいですね。」
「その時に、例のモノをお持ちいただいて、、、」
「えぇ、解ってます。残念ですが、お返ししますよ。」
「解りました。では、どこに伺えば宜しいですか?」
「汚い所ですが、事務所代わりに使ってるホテルへ来ていただけます?」
事が上手く運び声の弾む小林に苛立ちを抑えながら初音は時間と場所を確認し携帯を切った。
初音は車を走らせ、小林の居るビジネスホテルへ向かった。
駐車場に車を停め、薄暗いビジネスホテルの指定された部屋のドアをノックする。
「これはこれは。どうぞ。汚い所ですけど。」
そう言って小林は初音を招き入れ、ドアにカギを掛けた。
「まぁ、そこに座って下さい。」
椅子に初音を座らせ、小林は冷蔵庫からビールを取り出し、
「飲みますか?」
得意げに瓶を掲げ、初音に見せつけた。
「昼間から、、結構です!」
「そうですか。じゃあ私は遠慮なく、、」
ビールをコップに注ぎ、一息に飲み干した。
机の上にはノートパソコンがあり、CDが載っていた。
「あの、、、それが?」
初音の質問の意図を感じ、小林はCDを手に取った。
「そうです。あの時の映像がこの中に。」
ニヤニヤと笑う小林から目を反らし、視線を机の下に落とす。
机の脇のゴミ箱には、コンビニの袋と共に大量のティッシュが捨てられていた。
「あぁ、恥ずかしいな。年甲斐もなく興奮しちゃって。」
恥ずかしげも無く小林は言い放った。
自慰をしたあとの黄ばんだティッシュの山。
恥ずかしさと、小林の無神経さに怒りを感じ、体が震える。
「さっ、、先に返して頂けますか。」
「えぇ、構いませんよ。」
小林はCDを初音に差し出し、初音の指を触りながら手渡した。
全身に鳥肌が立ち、吐き気を覚えながらCDを受け取り鞄にしまった。
「では、私はこれで帰ります。」
初音はCDを受け取り、ドアに向かった。
「あらら、議員さんとも有ろう方が約束を反故にすると?」
とぼけた声で小林は初音の後ろ姿に声を掛けた。
「あんな約束なんて、、これは立派な脅迫です!」
振り向き小林を睨み付けながら、初音は声を上げた。
「脅迫って、、、そんなこと言っても良いのですか?」
そう言いながら、ゆっくりと初音に近寄る。
「それ以上近寄らないで!」
小林に初音は鞄の中から取り出したモノを構えた。
バチバチと音を立て、青白い光を発する護衛用のスタンガンだった。
「あらら、そんなモノまで用意して。これだから政治家は嘘つきだって言われるんだよ。」
スタンガンを突きつけられながら、小林はニヤニヤと初音を見回した。
「まぁ、そっちも嘘吐いたわけだから、お合いこかな?」
小林はそう言いながら、机に戻っていった。
初音は安堵の溜息を吐きながら、ドアのカギを開けドアノブを握った。

「あぁぁっぁ、、アナルで、、、逝きそう、、あぁぁぁあっぁぁぁ!!」

突然大音量で流れ出す喘ぎ声に、足を止められ振り向いた。
小林はニヤニヤとパソコンの向きを変えた。

「あぁぁっぁっぁぁぁ、、逝く!あっぁぁっぁぁぁぁ!!!」

「あらら、よっぽどお尻が気持ちよかったんだね~逝っちゃったよ。」
初音は愕然としパソコンに詰め寄った。
「なっ、、、何ですかこれは!!」
「何ですかって、中田議員がアナルにチンポを入れられて盛大に逝っちゃった映像ですよ。」
「そっ!そんなこと言ってるんじゃありません!どうしてこれがパソコンに?!」
「CDは渡すって言ったけど、パソコンのデーターまでは渡すなんて言ってませんよ~」
ニヤニヤと笑いながら小林は答えた。
「嘘吐いたのね!!!」
「あらら、先程まで嘘吐いていた人が、人の事を嘘つき呼ばわりですか?」
「あっ、、、卑怯よ、、最低!!」
「あらら、今度は卑怯者呼ばわりですか?これだから政治家ってヤツは、、、」
「消しなさい!今すぐに!」
初音はスタンガンを小林に向け、睨み付けた。
小林はゆっくりと立ち上がり、初音に相対する。
口元は醜く歪んではいるが、目には怒気が孕んでいる。
「なっ、、、怪我するわよ。早く消しなさい!」
バチバチとスタンガン小林に向けて鳴らす。
「けっ、、解ったよ。」
そう言いながら、小林は机に向かい、マウスに手を伸ばした。
「なっっ!!」
その瞬間、小林の手は振り向きざまにスタンガンを初音の手からたたき落としていた。
「きゃぁ!!!」
一瞬の出来事に初音は反応できず、次の瞬間には小林の平手が頬を打つ。
よろめいた初音に体を預け、小林はベットに押し倒した。
「いやぁ!!止めて!!!」
ばたばたと暴れる初音の頬を小林は容赦なく打ち付ける。
「ぎゃぁぎゃぁ声出すな!人が下出に出てれば良い気になりやがって!」
小林は初音に馬乗りになりながら、怒声を浴びせた。

←前を読む  続き読む→

スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁 人妻小説
ジャンル : アダルト

おもちゃ:大人のおもちゃ通販 さくら                
感謝です。相互リンク集

 【相互リンク集です!相互リンクして下さる方募集中!】


官能小説を読むことが出来ます。 
官能文書わーるど 人妻官能セレクション 新・SM小説書庫 月夜桃花の物語 月夜桃花の夜伽話花 
wonbat花 ライトHノベルの部屋花 18夏花 mikikoroom花 変態小説花
・詩(うた)と小説で描く「愛の世界」
・柿の種研究所 近親・寝取られ体験談
・本当に淫らな人妻たち
・性犯罪白書

官能小説等を検索できます。
カオスパラダイス花 カウントダウンアダルトランキング アダルトマニア倶楽部花 アダルトノベルサーチ花 Hな読み物の館花 MEGURINET花 adultsearch花 本ナビ花 官能小説どっとcom花 
官能小説の館花 アダルトhummer花

動画や画像を見ることが出来ます。
厳選美少女花 女尻穴花
人妻動画隊
・民家 盗撮動画~ハリネーター
・女子高生制服画像個撮モデル
・エログ大団円
・えっちな人妻動画ブログ
・ふりムビ!

その他です。駄文同盟.comが凄い!
駄文同盟.com 貴女のおもちゃ アニメ・エロゲがいっぱい!  アダルトブログランキング【エログなブログ】 
アダルト検索一発サーチ  

姉妹サイト(無料動画)
やっぱり人妻が良い? それとも たまにはアニメでも?
 
ページ下動画

 【気まぐれ更新、ページ下動画始めました!】


小説では物足りない!!って人の為のちょこっと動画です。

[高画質で再生]


ピンキー

タイトル:人の妻~恥じらう横顔~ 

女  優:素人

キーワード:羞恥/貧乳/電マ/中だし

コメント:恥じらう姿が、可愛い奥様です!
少しずつ、大胆になっていって・・・

←クリックで「ピンキー」へ

コメントの投稿

非公開コメント

Language
プロフィール
今迄の観覧者数:
現在の閲覧者数:

aiuegon

女尻穴の変態紳士さんから頂きました。
エロ過ぎで、感謝です(;;)

Author:aiuegon
足を運んで頂き有り難う御座います。
人妻!人妻!人妻!では、
自作の人妻小説を公開してます。



貴方のクリックをお願いします。m(_ _)m
Tree-LINK リンク集



アクセスランキング
最新記事
カテゴリ
流石はプロ作家!
電子書籍なので、バレずに安心




メールフォーム
リンクして下さる方、リクエスト等こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー置き場
人妻!バナーです。
相互リンクして頂ける方、募集中です。
ぜひご連絡下さい。
88×31のバナーです
人妻人妻8831

80×80のバナーです
人妻人妻8080

200×40のバナーです
人妻人妻20040

リンクの際にご利用下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。