FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【aiuegonからのお知らせです】


・2009年8月30日 サイト公開
・2011年1月15日 『官能小説 HappyLife』リンク追加しました。恋愛、痴漢、性奴隷、、魅力的な小説ばかりです。
・2012年5月20日 社宅と携帯新連載です。遅筆…申し訳ありません。
・2012年5月20日 『凛 騎 応 変!』リンク追加しました。ご近所の秘め事。良い響きですね、ご一読する事をお勧めします^^
・2012年6月2日 社宅と携帯 その2更新しました。
・2013年10月20日 社宅と携帯 その3ようやく更新しました。



yumibana
ゆみさんの奇麗な写真とコメントが素敵です。是非お立ち寄りください。”人妻ゆみ~淫夢に弄ばれて” 
  ゆみさんの写真と、aiuegonの小説が合体しました!淫靡で素敵な大人の紙芝居です。



東日本大震災で被災された人々に、心よりお見舞い申し上げます。私も福島で被災しました。
みんながんばれ!がんばれ東北!がんばれ日本!

 

官能文書わーるど花  エロ比較花   18禁オーナーの社交場   凛 騎 応 変!
  wonbat花

18禁オーナーの社交場

 ↓↓↓小説一覧です。各第一話にリンクしております。↓↓↓ 
短めの小説:3~5分位の読み切りです。 長めの小説:ゆっくりとお読み下さい。
人妻不倫旅行 完結 魅惑のM妻 第1章完
色白人妻の野外露出 完結 不倫と人妻とお尻
ナンパされた人妻 完結 美人市議の受難
人妻の保険勧誘員 完結 幼稚園ママ 
美人インストラクター陵辱 完結 被虐の美人市議
露出願望の人妻 完結 ママで妻で女で
日焼けの奥様と不倫 完結 逝けない人妻
人妻セックス奴隷 完結 待つ人妻、単身赴任の夫
人妻とエステ 午後の癒し UP! 痴漢と人妻
密室シリーズ up 覗き見 隣の人妻
未定 未定 働く人妻とSM
未定 未定 上司と人妻とセクハラ
未定 未定 携帯電話と人妻
未定 未定 初めての同窓会
未定 未定 主婦と中学生
未定 未定 女教師と同僚
未定 未定 ウォーキング
未定 未定 社宅と携帯 up!


女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

幼稚園ママ その2

片膝を立てた状態で、前屈みになりテープを引いて行く。
ワンピースの裾の奥が見え隠れし、屈んだ拍子にブラが覗いた。
  ”おいおい・・見えちゃうよ・・・”
裕は他の母親達の様子を伺いながら、白い足や胸に視線を飛ばした。
「手伝いますよ。」
さらに近くで見えるように、裕は知美の前に屈みテープを手に取った。
「そっち押さえて下さいね。この辺で良いですか?」
知美の手伝いをしながら、裕は正面に回り込んだ。
流石に知美も足を直し、足の付け根までは見ることは出来なかったが、裕にとっては充分であった。


ママ ナンパ 人妻

タイトル:スカウト一本勝負 

女  優:紗弥加

キーワード:不倫/おもちゃ/お掃除フェラ/69

←クリックで「ピンキー」へ


 
幼稚園ママ

登場人物

小峰 知美 :28歳
佐々木 裕 :33歳
    洋子:31歳

*登場人物、内容はフィクションです。

3.視線

 数週間後、バザーの朝裕は洋子と共に幼稚園に向かって歩いていた。
「しかし、面倒というか、大変だよな。」
「この幼稚園って、結構行事多いのよね。でも、参加してくれて助かるわ。」
「所で、何したら良いんだ?」
「向こう着いたら、グループ分けして、会場設営したり、荷物運んだり、、、」
「そっか。まぁ、適当に頑張るよ。」
二人は何人かの母親達と合流し、幼稚園の門をくぐった。
「ちょっと待ってて、グループ確認してくるから。」
洋子はそう言い残し、幼稚園の中へ消えていった。
恐らくそう言われ、待っている父親達が所作無げに何人か立っている。
「ども、、、初めまして。バザーの手伝いですか?」
裕は一人の父親に声を掛けると、男達の輪が出来それぞれ自己紹介を始めた。
皆、バザーの手伝いに来ており、グループの確認をしに行った母親を待っていた。
「まぁ、お母さん達が集まると、話が長いから。」
誰かがそう言い、苦笑しながら少しだけうち解けたように話し始めた。
ガヤガヤと母親達が戻って来始め、洋子の姿もそこにあった。
「パパ!パパはあっちのゲームだって。詳しい事は、えっと、、」
洋子は手にした紙を見ながら、続けた。
「リーダーが、、小峰さんだから、純君ママに聞いてね。じゃ、また後で。」
そう言って、洋子は他の母親達に紛れて行ってしまった。
  ”純君ママって!ラッキー!!”
裕は心の中でガッツポーズを決め、男達の輪から離れゲームコーナーに向かった。

 ゲームコーナーには、エプロン姿の知美を囲むように二人母親が立っていた。
「宜しくお願いします。達也の父親の佐々木と申します。」
裕は母親達に向かって頭を下げた。
「あっ、達也君パパ。今日はお願いしますね。」
リーダーの知美が挨拶を返し、それに習って他の母親達も頭を下げた。
「これで、全員揃いましたね。じゃあ、用意しますか。」
知美はテキパキと裕や母親達に段取りを指示した。
「達也君パパは、このテーブルをそこに置くので持っていただけます?」
そう言って、知美はテーブルの端を掴んだ。
テーブルを挟んで向かい合う様に立ち、二人で持ち上げた。
「結構重いな、、大丈夫ですか?」
裕は知美を気遣いながら、テーブルの移動を始めた。
知美は白いワンピースにピンクのエプロンを身につけ、重そうに持っている
ダメだとは解っていてもつい胸の膨らみに目がいってしまった。
「んっ、、、、、」
時折溜息のような、知美の声が漏れさらに裕の妄想が膨らんだ。
  ”こんな声で、、、”
知美は裕テーブルの重さに耐えるのが精一杯のようで、裕の視線には気付いていないようだった。
「あっ、、、こ、、ここで良いです、、、」
「先に降ろして良いですよ。」
「はい、、、んっしょっ、、、」
知美が手を離すのを見届けてから、裕も手を離しテーブルを置いた。
「結構重いですね。」
知美が手をプラプラと振りながら、裕に話しかけた。
手の動きに併せ知美の胸もプルプルと震えた。
「えぇ、、重かったですね。次は何をすれば?」
裕は視線を悟られないように、周りを見渡しながら知美に聞き返した。
「じゃあ、それを並べて貰おうかな。」
そう言って、ペットボトルで作ったボーリングのピンを指さした。
他の母親達は、移動したテーブルに景品を並べ始めていた。
ボーリングで言う2レーン分のピンを並べ終え視線をあげると、少し離れた所で知美がしゃがんだ。
手にしたビニールテープで床にボールを投げるラインを引き始める。
片膝を立てた状態で、前屈みになりテープを引いて行く。
ワンピースの裾の奥が見え隠れし、屈んだ拍子にブラが覗いた。
  ”おいおい・・見えちゃうよ・・・”
裕は他の母親達の様子を伺いながら、白い足や胸に視線を飛ばした。
「手伝いますよ。」
さらに近くで見えるように、裕は知美の前に屈みテープを手に取った。
「そっち押さえて下さいね。この辺で良いですか?」
知美の手伝いをしながら、裕は正面に回り込んだ。
流石に知美も足を直し、足の付け根までは見ることは出来なかったが、裕にとっては充分であった。

 バザーが始まるとゲームコーナーは人気があるらしく、子供達でごった返した。
次から次へと倒されるピンを並べ直し、並べ終わるとまた倒された。
子供達の順番の列が長くなり、裕一人で並べるのが追いつかなくなってきた。
「私も手伝います。」
知美は裕を手伝い始め、しゃがみながらピンを並べ直した。
子供達がいる安心感か、忙しさのためか、ちらちらと裾の奥が見え隠れするようになり、
裕は気付かれないように、知美を視姦しピンを並べた。
裾の奥に見えるショーツ。
手を挙げた時に覗く脇。
胸元から垣間見える胸。
裕は知美とのバザーを楽しみ、参加して良かったと思った。

4.打ち上げ

 「お疲れさまでした!」
二時間ほどのバザーも終わり、知美が裕や他の母親達に声を掛けた。
「あぁ~疲れた、、、」
「終わった~~」
それぞれ無事に終わったことに安堵の溜息を吐き、笑顔で顔を見合わせた。
片づけを終えると知美は紙を配った。
「これは、、、?」
「打ち上げの会場です。幼稚園には内緒なんだけど、、、」
知美は周りを気にしながら小声で言った。
他の母親達は既に承知のように、知美の後を繋いだ。
「今回手伝ってくれたパパさん達と、ママさんとでちょっと飲もうかって話があって、、、」
「そうなんだ、ちょっと相談してみないと、、、」
「来れたら、是非来て下さいね。」
そう言いながら、知美と母親達は部屋を出ていった。
裕は手渡された案内をしまい、洋子を捜しに部屋を出た。

 「行ってくれば?子供達は私が面倒見るし。」
「ん~どうしようかな、、、」
「幼稚園のお父さん達と飲むなんて、滅多に無いんだから。」
「じゃぁ、行って来ようかな。」
洋子との会話を思い出しながら、裕は案内状に書かれている居酒屋に向かった。
何処にでもある居酒屋チェーン店で、少し遅れて店に着いた。
案内された座敷からは、既にアルコールが入り笑い声が聞こえる。
「遅くなりまして。」
ふすまを開き頭を下げながら裕は、座敷に上がった。
そこには、2~3人の父親と、7~8人の母親達が座って飲んでいた。
裕は入り口から一番近い開いてる席に、座り改めて周りを見渡した。
知美の姿はそこには無く、少し落胆したが注がれたビールに口を付けた。
遅れた気まずさと、周りのペースに着いていけずに一人浮いていた。
ビールを一瓶飲み終えた頃、いきなり襖が開き聞き覚えのある声がした。
「すいません!遅くなっちゃって、、」
振り向くと、知美が立っていた。
知美は一同に向かって頭を下げた後、裕の隣りに座った。
「取り敢えず、これで全員来たかな?」
あるお母さんが声を掛けた。
「じゃあ、改めて乾杯しますか。」
そう言って、見覚えのある男性がグラスを持ち上げ、皆それに続いた。
「かんぱ~い!」
グラスの音に続き、拍手が響いた。
お決まりの自己紹介が終わり、座敷に喧噪が戻り、各々雑談を始めた。
「昼間はお疲れさまでした。」
裕は意を決して、知美に話しかけた。
「こちらこそ、助かりました。大変だったでしょ?」
「いえいえ、ただピンを並べてただけですから。途中から、手伝って貰ったし。」
頭を掻きながら、裕は答えた。
暫く雑談が続き、アルコールも程良く廻った頃裕はトイレに立った。
「ふぅ、、、、」
トイレを終えドアを開けると、知美が立っている。
「小峰さんも?」
「えぇ、、、塞がってて待ってるの。」
「そうですか。」
裕はその場にいるのが悪い気がして、座敷に向かい立ち去ろうとした。
「あっ、達也君パパ。」
「えっ?何でしょう?」
知美に呼び止められ、裕は足を止め振り返った。
「、、、、今日、、、、見てたでしょ?」
悪戯っぽい笑みを浮かべ、知美は小声で呟いた。
「えっ!?あっ、、、、、」
裕の顔は見る見る赤くなり、エロ本を見つかった子供のように動揺し、視線を落とした。
「エッチ、、、、ですね。」
「すいません。つい、、、、、」
裕の困った顔を見ながら、知美はさらに言葉を繋げる。
「もっと、、見たいですか?」
「えっ!!!」
驚きのあまり裕は知美の顔を見上げると、知美の顔から笑みが消え瞼が閉じられた。
「えっ、、、」
  ”これって・・・・キスしても・・・?”
知美は目を閉じたまま、顔を裕に突き出すようにしてキスを促した。
「んっ、、誰か来ちゃいますよ、、、」
知美の声に背中を押されながら、裕は唇を重ねた。
「んっ、、、、、、、、」
知美の腕が背中に廻り、舌を絡めてくる。
永遠のような一瞬は、女子トイレのカギが開く音に中断され。
知美は何事もなかったかのように、裕から離れた。
「トイレ、、、開きますね。」
「先戻ってます、、、」
知美の声に我に返った裕も慌ててその場から離れた。
赤くなった顔を鎮めるように手で押さえ、裕は座敷に戻った。

←前を読む  続きを読む→

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ : 18禁 人妻小説
ジャンル : アダルト

おもちゃ:大人のおもちゃ通販 さくら                
感謝です。相互リンク集

 【相互リンク集です!相互リンクして下さる方募集中!】


官能小説を読むことが出来ます。 
官能文書わーるど 人妻官能セレクション 新・SM小説書庫 月夜桃花の物語 月夜桃花の夜伽話花 
wonbat花 ライトHノベルの部屋花 18夏花 mikikoroom花 変態小説花
・詩(うた)と小説で描く「愛の世界」
・柿の種研究所 近親・寝取られ体験談
・本当に淫らな人妻たち
・性犯罪白書

官能小説等を検索できます。
カオスパラダイス花 カウントダウンアダルトランキング アダルトマニア倶楽部花 アダルトノベルサーチ花 Hな読み物の館花 MEGURINET花 adultsearch花 本ナビ花 官能小説どっとcom花 
官能小説の館花 アダルトhummer花

動画や画像を見ることが出来ます。
厳選美少女花 女尻穴花
人妻動画隊
・民家 盗撮動画~ハリネーター
・女子高生制服画像個撮モデル
・エログ大団円
・えっちな人妻動画ブログ
・ふりムビ!

その他です。駄文同盟.comが凄い!
駄文同盟.com 貴女のおもちゃ アニメ・エロゲがいっぱい!  アダルトブログランキング【エログなブログ】 
アダルト検索一発サーチ  

姉妹サイト(無料動画)
やっぱり人妻が良い? それとも たまにはアニメでも?
 
ページ下動画

 【気まぐれ更新、ページ下動画始めました!】


小説では物足りない!!って人の為のちょこっと動画です。

[高画質で再生]


ピンキー

タイトル:人の妻~恥じらう横顔~ 

女  優:素人

キーワード:羞恥/貧乳/電マ/中だし

コメント:恥じらう姿が、可愛い奥様です!
少しずつ、大胆になっていって・・・

←クリックで「ピンキー」へ

コメントの投稿

非公開コメント

Language
プロフィール
今迄の観覧者数:
現在の閲覧者数:

aiuegon

女尻穴の変態紳士さんから頂きました。
エロ過ぎで、感謝です(;;)

Author:aiuegon
足を運んで頂き有り難う御座います。
人妻!人妻!人妻!では、
自作の人妻小説を公開してます。



貴方のクリックをお願いします。m(_ _)m
Tree-LINK リンク集



アクセスランキング
最新記事
カテゴリ
流石はプロ作家!
電子書籍なので、バレずに安心




メールフォーム
リンクして下さる方、リクエスト等こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー置き場
人妻!バナーです。
相互リンクして頂ける方、募集中です。
ぜひご連絡下さい。
88×31のバナーです
人妻人妻8831

80×80のバナーです
人妻人妻8080

200×40のバナーです
人妻人妻20040

リンクの際にご利用下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。