FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【aiuegonからのお知らせです】


・2009年8月30日 サイト公開
・2011年1月15日 『官能小説 HappyLife』リンク追加しました。恋愛、痴漢、性奴隷、、魅力的な小説ばかりです。
・2012年5月20日 社宅と携帯新連載です。遅筆…申し訳ありません。
・2012年5月20日 『凛 騎 応 変!』リンク追加しました。ご近所の秘め事。良い響きですね、ご一読する事をお勧めします^^
・2012年6月2日 社宅と携帯 その2更新しました。
・2013年10月20日 社宅と携帯 その3ようやく更新しました。



yumibana
ゆみさんの奇麗な写真とコメントが素敵です。是非お立ち寄りください。”人妻ゆみ~淫夢に弄ばれて” 
  ゆみさんの写真と、aiuegonの小説が合体しました!淫靡で素敵な大人の紙芝居です。



東日本大震災で被災された人々に、心よりお見舞い申し上げます。私も福島で被災しました。
みんながんばれ!がんばれ東北!がんばれ日本!

 

官能文書わーるど花  エロ比較花   18禁オーナーの社交場   凛 騎 応 変!
  wonbat花

18禁オーナーの社交場

 ↓↓↓小説一覧です。各第一話にリンクしております。↓↓↓ 
短めの小説:3~5分位の読み切りです。 長めの小説:ゆっくりとお読み下さい。
人妻不倫旅行 完結 魅惑のM妻 第1章完
色白人妻の野外露出 完結 不倫と人妻とお尻
ナンパされた人妻 完結 美人市議の受難
人妻の保険勧誘員 完結 幼稚園ママ 
美人インストラクター陵辱 完結 被虐の美人市議
露出願望の人妻 完結 ママで妻で女で
日焼けの奥様と不倫 完結 逝けない人妻
人妻セックス奴隷 完結 待つ人妻、単身赴任の夫
人妻とエステ 午後の癒し UP! 痴漢と人妻
密室シリーズ up 覗き見 隣の人妻
未定 未定 働く人妻とSM
未定 未定 上司と人妻とセクハラ
未定 未定 携帯電話と人妻
未定 未定 初めての同窓会
未定 未定 主婦と中学生
未定 未定 女教師と同僚
未定 未定 ウォーキング
未定 未定 社宅と携帯 up!


女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

人妻不倫旅行/人妻と温泉旅行

人妻と不倫温泉旅行

窓を開け身を乗り出しながら、はるかは外を眺めた。
はるかの後ろ姿に引き付けられるように背後に立ち、スカートを捲った。
「あぁ、、もぅ、、、」
電車の中で触った感触が手に甦った。滑らかな絹のような肌触り。
ゆっくりとショーツの上をなぞり、手触りを楽しんだ。
「あぁ、、、ん、、、あっ、、」
「気に入った?今日は貸し切りだよ。」
「んっ、、気に入ったよ、、、あぁ、、」
「こっち向いて。」
はるかは素直に従い、唇を重ねた。
「んっ、、、、ん、、、、、」
窓際でのキスにも関わらず、はるかは舌を絡め嬉しそうに喘いでる。


20090729171307.jpg

タイトル:淫浴温泉不倫旅行 vol.6

女  優:大越はるか

キーワード:潮吹き/生挿入/中出し/オナニー/入浴

「トリプルエックス」へ


 
登場人物

はるか

*登場人物、内容はフィクションです。

1.温泉宿

 タクシーは古びた温泉宿の前に止まり、先にはるかを降ろし、精算を済ました。
立ちつくすはるかの横に並び、温泉宿の看板を見た。
温泉と同じく古びた看板に水上旅館と辛うじて見える。確かにこの旅館だ。
「さぁ入ろうか。」
はるかを促し旅館に足を進めた。
はるかと初めての不倫旅行。はるかとはネットで知り合った。
今朝初めて本人と合い、電車に乗って此処まで来た。
初めは他人行儀であったが、電車に揺られてる間はるかの愚痴や話を聞いた。
徐々にお互いの緊張もほぐれ、冗談を言い、年甲斐もなく胸を踊らせた。
電車の中で手を握り、一目に隠れてキスもした。
来て良かった。はるかと一緒に歩きながら心から思った。
「わぁ、まだ雪が残ってる、、、冷たいよ。」
はるかは庭に残る雪に足を止め、雪を手にとって笑った。
「そうだね、結構山奥だからね。」
はるかに手を指し出し、雪で冷たくなった手を握った。
「行こうか。」
「うん。」
二人で旅館の玄関をくぐった。
思った通り、今日は他に客も居ないらしい。
季節外れの時期。萎びた旅館。人気のない観光地。
二人っきりに成るために、この旅館を予約した。
部屋に向かう廊下や階段もギシギシと音を立て、部屋の畳もすり切れて居る。
「幽霊でも出たりして。」
はるかは部屋を見渡し笑いながら言った。
「あっ!でも、外の景色は綺麗。」
窓を開け身を乗り出しながら、はるかは外を眺めた。
はるかの後ろ姿に引き付けられるように背後に立ち、スカートを捲った。
「あぁ、、もぅ、、、」
電車の中で触った感触が手に甦った。滑らかな絹のような肌触り。
ゆっくりとショーツの上をなぞり、手触りを楽しんだ。
「あぁ、、、ん、、、あっ、、」
「気に入った?今日は貸し切りだよ。」
「んっ、、気に入ったよ、、、あぁ、、」
「こっち向いて。」
はるかは素直に従い、唇を重ねた。
「んっ、、、、ん、、、、、」
窓際でのキスにも関わらず、はるかは舌を絡め嬉しそうに喘いでる。
「誰かに見られるかも、、、」
頬を赤らめ、はるかは微笑んだ。
「誰かって、、誰も居ないよ。」
そう言って、二人は笑った。
「上脱ごうか。」
はるかは俺の着ているジャケットを手慣れた手つきで脱がし、ハンガーに掛ける。
そして、自分のジャケットも脱ぎ横に掛ける。
一連の流れるような動作を見とれてしまった。
「やだ、なに?ふふふ、、」
はるかは、はにかみながら笑った。
「こっちにおいで。」
はるかの背中に手を回し、キスをする。
ゆっくりと互いを確かめるように舌を絡め、唾液を交換し、唇を噛む。
「ん、、、、、んっ、、、、、」
ゆっくりと官能の炎が燃え上がる。

2.不倫

 激しくなくとも、互いに情熱をぶつけ合うようなねっとりとした大人のキス。
唇を離し、首筋、耳、鎖骨にキスをする。
その度に、はるかは小さく声を上げ、目を閉じた。
「ん、、、あぁ、、気持ち良い、、、」
キスをしながら、白いセーターを捲り上げる。
黒いブラに包まれた、雪のように白い胸が目に飛び込んできた。
「大きいね、、、」
「やだ、、、もぅ、、、恥ずかしい。」
Eカップは有りそうな胸が、ブラに押し込められ深い谷間を作っていた。
ブラの上からでも、重量感と柔らかな感触が楽しめる。
「ん、、、こんな事、、、久しぶりだから、、、恥ずかしい、、」
恥ずかしがるはるかを見ながら、ゆっくりと胸を撫で回す。
「あん、、、、あっ、、、、ん、、、」
はるかはキスを求めて目を閉じた。胸を揉みながら、キスに応じる。
「あぁ、、、んっ、、、あぁ、、、」
唇を重ねながら、セーターを脱がしブラを取ると零れるように胸が露わになった。
「恥ずかしい、、、」
そう言いながら、はるかは胸を手で隠した。
キスをしながらはるかの手を除け、優しく胸を揉み、乳首を摘む。
「あっ、、、あぁ、、、んっ、、、」
唇を離すと、唾液が糸を引き名残惜しそうに切れる。
首筋から鎖骨、胸へ舌を這わし時折白い肌に赤い花を咲かせた。
はるかは静かに吐息を洩らし、身を震わせる。
「あっ、、、んぁ、、、」
乳首を口に含むと息を飲み込んだように喘いだ。
「はぁん、、あぁぁ、、、良い、、、」
乳首を転がし、軽く噛み、吸い込むように愛撫する。その度に、静かに喘いだ。
はるかの口に指を入れると、舌を伸ばし指に絡めてくる。
口の中を指で愛撫すると、まるでフェラされてるような感覚に陥った。
はるかは、ゆっくりと首をもたげるペニスを見つめ手を伸ばしてきた。
「ふふふ、おっきくなってきた、、」
そう言いながら、ペニスを両手で包み込みはみ出た亀頭に舌を伸ばした。
「ふふふ、美味しそう、、、、」
ペニスの先端に舌を走らせ、尿道をつつき、かりに舌を絡ませる。
ねっとりとしたフェラに反応し今までにない位にペニスが勃った。
「ん、、、んっ、、、んっ、、、んん、、」
「凄い気持ち良いよ。」
「ふふ、、んっ、、、んっ、、」
嬉しそうに笑いながら、上目使いで見返してきた。
はるかはゆっくりと時間を掛け、久しぶりのペニスを味わうようにフェラを続けた。
「ん、、んんっ、、、、んぁ、、」
体位を入れ替え、お互いにお互いの性器を味わうように愛撫する。
互いの喘ぎ声とぴちゃぴちゃと卑猥な音が部屋に響き渡る。
「はぁ、、、もう、、、あぁ、、、んっ、、、」
「もう?なに?」
「あぁ、、もぅ、、、欲しくなっちゃった、、、、」
はるかは恥ずかしそうにこっちを向いた。
「自分で入れてごらん。」
仰向けに寝ながら答えると、顔を赤くしながら跨ってくる。
「あん、、、恥ずかしい、、、、」
はるかはペニスを自ら秘孔に導き、ゆっくりと腰を下ろした。
「あぁぁぁぁ、、、入ってくる、、、、」
ゆっくりと奥まで挿入し、久しぶりの挿入感を楽しむようにはるかは動きを止めた。
「あぁ、、きもちいい、、、、、んっ、、奥まで感じる、、、」
そう言いながら、腰を動かし始めた。
この時間が永遠に続くかのように、はるかはゆっくりと動いた。
「あぁ、、、、、、ん、、、、」
白い躰が紅潮し、うなじに髪の毛が張り付く。
目の前のはるかの痴態に、年甲斐もなくドキドキとした。
「あぁぁ、、、んっ、、、あぁ、、、」
「あぁ、、きもちいぃ、、、、ああぁ、、、、」
躰を反らし、快楽に耽るはるかの姿が目に焼き付く。
さらなる快楽を与える為、正常位に体位を入れ替えた。
「もっと気持ちよくさせて上げる。」
そう言って、腰を動かした。
「あぁぁ、、、んぁ、、、いい、、きもちいい、、、」
「あっぁぁっ、、、んぁあぁぁぁ、、奥に当たってる、、、」
「あぁ、、あぁぁ、、、ああぁぁぁ、、」
腰を動かす度にはるかは声を上げ、背中に爪を立てた。
「あぁぁぁぁ、、、いいぃ、、、、」
「いやぁ、、、ダメダメダメ、、、あぁぁあぁぁ、、、」
はるかの膣は精気を搾り取るかのように蠢き、快楽を求め愛液を分泌する。
腰が当たる音と、淫靡な匂いと、互いの喘ぎ声が部屋に響いた。
「ぁあぁぁ、、、もう、、もうだめ、、、あぁああぁぁ、、、」
「俺も気持ち良いよ、、」
「逝って、、、あぁぁぁぁ、、中で、、、中に、、、あぁぁぁ」
「ん、逝くよ、、、」
打ち付けるように腰を振った。
「あぁぁぁぁぁ、、、いい、、、ああぁぁぁ、、ダメダメ、、、あぁぁぁぁ、、、」
「いく、、いく、、、いっちゃう、、あぁぁぁ」
「あぁぁぁぁ、、、いやぁ、、、あぁっぁぁぁぁっぁ!」
はるかが躰を反らし、逝くと同時に、腰から脳天へ快楽が突き抜けはるかの中に性を解き放った。
「あぁっぁぁっぁぁぁぁ、、、、、」
はるかは身を震わせ、躰を紅潮させた。
はるかの躰に汗が落ち、互いの汗が溶け合い、愛液と精液が混じり合った。
「あぁぁぁ、、いっぱい出たね、、、、んっ、、」
挿入を解くこともなく二人は抱きしめ有った。

ネット小説ランキング参加してます。ポチッと協力お願いします!
ネット小説ランキング>成人向け・セクシャル>人妻と不倫温泉旅行

グッと来ちゃったら・・・女性も安心KIYOのおもちゃ屋さんへ?  「トリプルエックス」へ?

スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁 人妻小説
ジャンル : アダルト

おもちゃ:大人のおもちゃ通販 さくら                
感謝です。相互リンク集

 【相互リンク集です!相互リンクして下さる方募集中!】


官能小説を読むことが出来ます。 
官能文書わーるど 人妻官能セレクション 新・SM小説書庫 月夜桃花の物語 月夜桃花の夜伽話花 
wonbat花 ライトHノベルの部屋花 18夏花 mikikoroom花 変態小説花
・詩(うた)と小説で描く「愛の世界」
・柿の種研究所 近親・寝取られ体験談
・本当に淫らな人妻たち
・性犯罪白書

官能小説等を検索できます。
カオスパラダイス花 カウントダウンアダルトランキング アダルトマニア倶楽部花 アダルトノベルサーチ花 Hな読み物の館花 MEGURINET花 adultsearch花 本ナビ花 官能小説どっとcom花 
官能小説の館花 アダルトhummer花

動画や画像を見ることが出来ます。
厳選美少女花 女尻穴花
人妻動画隊
・民家 盗撮動画~ハリネーター
・女子高生制服画像個撮モデル
・エログ大団円
・えっちな人妻動画ブログ
・ふりムビ!

その他です。駄文同盟.comが凄い!
駄文同盟.com 貴女のおもちゃ アニメ・エロゲがいっぱい!  アダルトブログランキング【エログなブログ】 
アダルト検索一発サーチ  

姉妹サイト(無料動画)
やっぱり人妻が良い? それとも たまにはアニメでも?
 
ページ下動画

 【気まぐれ更新、ページ下動画始めました!】


小説では物足りない!!って人の為のちょこっと動画です。

[高画質で再生]


ピンキー

タイトル:人の妻~恥じらう横顔~ 

女  優:素人

キーワード:羞恥/貧乳/電マ/中だし

コメント:恥じらう姿が、可愛い奥様です!
少しずつ、大胆になっていって・・・

←クリックで「ピンキー」へ

コメントの投稿

非公開コメント

Language
プロフィール
今迄の観覧者数:
現在の閲覧者数:

aiuegon

女尻穴の変態紳士さんから頂きました。
エロ過ぎで、感謝です(;;)

Author:aiuegon
足を運んで頂き有り難う御座います。
人妻!人妻!人妻!では、
自作の人妻小説を公開してます。



貴方のクリックをお願いします。m(_ _)m
Tree-LINK リンク集



アクセスランキング
最新記事
カテゴリ
流石はプロ作家!
電子書籍なので、バレずに安心




メールフォーム
リンクして下さる方、リクエスト等こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー置き場
人妻!バナーです。
相互リンクして頂ける方、募集中です。
ぜひご連絡下さい。
88×31のバナーです
人妻人妻8831

80×80のバナーです
人妻人妻8080

200×40のバナーです
人妻人妻20040

リンクの際にご利用下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。