FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【aiuegonからのお知らせです】


・2009年8月30日 サイト公開
・2011年1月15日 『官能小説 HappyLife』リンク追加しました。恋愛、痴漢、性奴隷、、魅力的な小説ばかりです。
・2012年5月20日 社宅と携帯新連載です。遅筆…申し訳ありません。
・2012年5月20日 『凛 騎 応 変!』リンク追加しました。ご近所の秘め事。良い響きですね、ご一読する事をお勧めします^^
・2012年6月2日 社宅と携帯 その2更新しました。
・2013年10月20日 社宅と携帯 その3ようやく更新しました。



yumibana
ゆみさんの奇麗な写真とコメントが素敵です。是非お立ち寄りください。”人妻ゆみ~淫夢に弄ばれて” 
  ゆみさんの写真と、aiuegonの小説が合体しました!淫靡で素敵な大人の紙芝居です。



東日本大震災で被災された人々に、心よりお見舞い申し上げます。私も福島で被災しました。
みんながんばれ!がんばれ東北!がんばれ日本!

 

官能文書わーるど花  エロ比較花   18禁オーナーの社交場   凛 騎 応 変!
  wonbat花

18禁オーナーの社交場

 ↓↓↓小説一覧です。各第一話にリンクしております。↓↓↓ 
短めの小説:3~5分位の読み切りです。 長めの小説:ゆっくりとお読み下さい。
人妻不倫旅行 完結 魅惑のM妻 第1章完
色白人妻の野外露出 完結 不倫と人妻とお尻
ナンパされた人妻 完結 美人市議の受難
人妻の保険勧誘員 完結 幼稚園ママ 
美人インストラクター陵辱 完結 被虐の美人市議
露出願望の人妻 完結 ママで妻で女で
日焼けの奥様と不倫 完結 逝けない人妻
人妻セックス奴隷 完結 待つ人妻、単身赴任の夫
人妻とエステ 午後の癒し UP! 痴漢と人妻
密室シリーズ up 覗き見 隣の人妻
未定 未定 働く人妻とSM
未定 未定 上司と人妻とセクハラ
未定 未定 携帯電話と人妻
未定 未定 初めての同窓会
未定 未定 主婦と中学生
未定 未定 女教師と同僚
未定 未定 ウォーキング
未定 未定 社宅と携帯 up!


女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

美人市議の受難 その5

美人市議の受難

「ん~~これが中田君の匂いか、、、」
市長は初音の胸の谷間に顔を埋め犬のように匂いを嗅ぎ始めた。
「いやぁ!!止めて!!離して!!!!」
初音は頭を振り、体をねじったが縄に捕らわれ逃げることは出来なかった。
「おぉ、、もっと暴れても良いんだぞ。」
市長は胸を鷲掴みにしながら、匂いを嗅ぎ続けた。
「いやぁ!!!痛い!離して!!!」


美熟女 色香

タイトル:極上美熟女 

女  優:永井沙織

キーワード:ミニ/電マ/クンニ/口内発射

←クリックで「人妻斬り」へ


 
美人市議の受難 その5

登場人物

中田 初音:41歳

*登場人物、内容はフィクションです。

9.遭遇

 初音は一睡も出来ずに朝を迎えた。
朝食も口に出来ず、普段は薄目の化粧も目の下の隈を隠すため厚めにした。
「何かあったら、連絡してね。変な人に付いて行っちゃダメよ。」
子供達に言い残し、自宅を後にした。
いつもなら気にならない路上駐車に脅え、早足で事務所に向かった。
人気がないことを確認してから鞄の中からカギを取り出し、鍵穴へ差し込んだ。
乾いた金属音を立てカギが回転し、ドアノブを捻ったがドアが開かない。
「あれ、、、、、」
もう一度カギを廻すと、軽くドアが開いた。
「おかしいな、、、、カギ掛けたと思ったんだけど、、、」
初音の不信感は事務所の中に足を踏み入れた途端に確信に変わった。
「なっ、、なにこれ!」
事務所の中は書類が散乱し、引き出しは開けられていた。
「けっ、、、警察に、、、、」
震える手で携帯を取り出そうと、鞄を漁りようやく手にした時に男が飛び込んできた。
「中田さん大丈夫か!!??」
「きゃっ!!!」
「私だ!佐藤だ!!」
あまりの驚きに頭を押さえ屈み込む初音を、佐藤は抱えた。
「驚かせてごめん!やっぱり中田さんの所も、、、」
「えっ!?佐藤さん、、やっぱりって??」
「私の事務所も荒らされて、もしかしたらと思って飛んできたら、、、」
「えっ、、、そうなの?何で?どうしてこんな事、、、」
恐怖と不安からいつの間にか目から涙が零れ落ちていた。
「多分、、、よっぽどあの件を表に出されたくない人が居るんだろう。」
「市長、、、が?」
「解らないけど、賛成派に雇われた誰かかも、、、中田さんあの資料は?」
「資料は、、持ち歩いていたから。大丈夫です。」
「そうですか、良かった。
「取り敢えず、警察に連絡しなきゃ、、、」
「警察はまずい、、、今あの書類が証拠として押収されると、、、」
「じゃあ、、じゃあどうすれば良いの、、、?」
初音は困惑し焦燥しきっていた。
「今から二人で、記者に会いに行こう。直ぐにでも記事にして貰って相手の動きを止めないと。」
「えっ、、、今から?事務所はどうすれば、、、」
「そんなこと言ってる場合じゃない!危害が加えられてからじゃ遅いんだ!」
「解った、、、行きましょう、、、」
「外に私の車があるから、それで。」
「えぇ、、」
二人は事務所を後にし佐藤の車に乗り込んだ。
佐藤は携帯を取り出し、記者と思われる人物と話し始めた。
「えぇ、今からです。以前話した中田議員と私の事務所が荒らされて。」

「えぇ、そうです。もう、一刻の猶予も、、、」

「はい。解りました。今から向かいますので。ええ、中田議員も一緒です。」

「では、1時間後に。」
佐藤は電話を切り、エンジンを掛け車を走らせた。
「中田さん。大丈夫ですか?怪我はありませんか?」
昨日からの出来事が頭の中を巡り、家族が、子供達が心配だった。
「えぇ、私は。子供達が心配で、、、、」
「そうですね。今は授業中だから大丈夫だと。記者と会ったら今日は帰って子供達を迎えてやって下さい。」
「有り難う御座います、、、、」
心配そうに問い掛けてくる佐藤を、初音は心強く思った。
「これから何処に?」
「その記者の自宅に向かいます。人目に付かない安全な場所ですよ。」
「そうですか、、、、」
車は市街地を抜け、郊外を走り県境の小さな街で止まった。
「此処です。さぁ降りて下さい。」
「はい、、、」
二人は小さなアパートの階段を昇り、ドアをノックした。
「開いてますよ。どうぞ。」
佐藤の後に続き、初音もその部屋に入った。
アパートの見かけとは違い、中は綺麗に片づいておりちょっとした事務所の体を成していた。
「此処で原稿も起こしたりするので散らかってますが、どうぞお座り下さい。」
「こちらが話をしていた林記者です。こちらが中田議員。」
佐藤に紹介され、名刺を交換しソファーに座った。
記者はノートPCを叩きながら、佐藤と初音の話に耳を傾けていた。
「なるほど、、、話は大体分かりました。これで全てですか?」
「私が知っているのは、、、中田さんは?」
「えぇ、私も全部話したかと、、、」
「そうですか。あぁ、お茶も出さずに、すいません。今用意しますから。」
林は台所に立ち、コーヒーを煎れ始めた。
初音は壁に掛かっている時計に目をやり、林に訊ねた。
「あの、この記事っていつ頃公表されるのですか?」
「そうですね、、一部分でも裏が取れれば、、、夕刊には何とか間に合いますよ。」
そう言いながら、林はテーブルにコーヒーを置いた。
「どうぞ、インスタントですが。」
インスタントとは言え朝から何も口にしてない初音にとって、魅惑的な香りが鼻をくすぐった。
「いただきます。」
初音と佐藤はコーヒーに口を付け、一息付いたように溜息を漏らした。
「ふぅ、、、、美味しいです、、、」
「そうですか、良かった。」
笑いながら林が答えた。
「後は、、、書類を見せていただけますか?」
二人はそれぞれ自分が調べた書類やメモを林に渡した。
不意に初音に眠気が襲い、瞼が重くなるのを感じた。
「これお借りしますよ。直ぐに裏を取って、記事にしますので、、、」
そう言って、林は書類をまとめディスクに置いた。
「えぇ、、、よろしく、、、おねが、、い、、、、ます、、、、」
言い終える前に初音は佐藤に寄りかかるように目を瞑り、寝息を立てていた。

10.裏切り

 ・・・さん・・・・中田さ・・・・中田さん・・・
眠りを覚ます声が徐々に意識を揺さぶり、脳が回転を始める。
・・・中田さん・・・・起きて・・・中田さん・・
現実に意識を引き戻されながら、初音はゆっくりと瞼を開いた。
ぼやけた視界がゆっくりと焦点を合わせ、覗き込む佐藤の顔が像を結んでいった。
「あぁ、、、さとう、、さん、、、」
「中田さん、大丈夫ですか?もう目を覚まして下さい。」
「あっ、、、佐藤さん、、すいません、寝ちゃったみたいで、、、」
初音はだるさが残る体を起こそうとしたが、金縛りにあったみたいに動かなかった。
「無理に起きあがらない方が良いですよ。」
佐藤がにやけながら言葉を発した。
「えっ、、、、?」
訳が分からないまま状況を確認するため首を起こし、周囲を見渡した。
「えっ、、、!!!」
初音を取り囲むように見たことのある数人の男達が立っていた。
佐藤を初め、新聞記者の林、市長と数人の市議会議員、そして、柄の悪い男が2人。
「えっ??どういうこと、、、??なに??」
初音は混乱したが、本能的に身の危険を感じ体を起こそうとした。
「無理ですよ。幾ら足掻いても、縄は解けないですよ。」
良く見ると、ベットに横になり両手両足が縛られ固定されている。
「あなた達、こんな事してただで済むと思っているの!!解きなさい!!」
「この状況で、それだけ威勢が良いと後が楽しみだ。」
市長が下卑た笑いを浮かべながら、初音の顔を覗き込んだ。
「市長、、、貴方の不正は全部調べが付いてるのですよ!!」
「そうみたいですね、、、でも、あの計画は潰せませんよ。」
「議長!佐藤議長も市長に脅されたのですか!!?」
「いえいえ、議長は元から私達の見方ですよ。」
市長は笑いながら、佐藤に目を向けた。
「えっ!?じゃあ、、全部、、、」
「なかなか鋭いですよ。中田さん。危なく計画が潰れるところでした。」
佐藤は子供を褒めるように初音に言った。
「中田君は知らないようだけど、佐藤君の一族と私の一族は一心同体なのだよ。」
「ええ、市長一族を影ながら支え、この町をより良くするのが我々の努めですから。」
そう言いながら、2人は顔を見合わせ笑った。
「なっ、!なんて事、、、じゃあ記者の話も全部嘘なのね!」
「えぇ、こうでもしないと解って貰えないと思いまして。」
「離しなさい!早くこの縄を解いて!!」
「まだ解って貰えないようですね。まぁ、時間は在りますからゆっくりと説得させて頂きますか。」
そう言って市長が目で合図を送ると、男達はビデオをセットし始めた。
「なっ、、何をするの!離して!止めなさい!」
「どんなに大声を出しても、外には聞こえませんからね。」
林がビデオのファインダーを覗きながら呟いた。
「まずは市長からどうぞ。」
佐藤がわざとらしく一歩下がり、他の男達もそれに習った。
「すまないね、じゃあ、お言葉に甘えて、、、」
市長もわざとらしく応え、身動きの取れない初音の横に立った。
「ん~~これが中田君の匂いか、、、」
市長は初音の胸の谷間に顔を埋め犬のように匂いを嗅ぎ始めた。
「いやぁ!!止めて!!離して!!!!」
初音は頭を振り、体をねじったが縄に捕らわれ逃げることは出来なかった。
「おぉ、、もっと暴れても良いんだぞ。」
市長は胸を鷲掴みにしながら、匂いを嗅ぎ続けた。
「いやぁ!!!痛い!離して!!!」
男達が見守る中、初音の受難が始まった。

11.受難

 初音の匂いを堪能した後、市長は初音から離れ服を脱ぎだした。
でっぷりとした体型に汗をかき、加齢臭を振りまきながらベットによじ登った。
「嫌ぁ!来ないで!!助けて!!!!」
初音の言葉に加虐心を煽られたように醜く笑い、ブラウスに手を掛けた。
「さぁ、拝見しますかな、、、」
ボタンを一つずつ外し、ブラが露わになった。
「止めて!!離して!!!」
「今にそんな事も言えなくなるから。」
そう言って、ブラをズリ上げた。
「おぉ!!これが中田君の胸か、どんなにしゃぶり付きたかったことか。」
市長は褐色色した乳首に吸い付き、胸を撫で回した。
「嫌ぁ!!!止めて!!」
ぴちゃぴちゃと音を立てながら舐める市長に嫌悪感を感じ初音は叫んだ。
「今に良くなるから、、、」
市長は初音に覆い被さりながら乳首を舐め回した。
「いやぁ!いやぁ、、、やめて、、、!」
「素直じゃないな、おい!あれを持ってこい!」
市長は男を呼びつけた。
「これが何か解るかな?」
チューブから絞り出される軟膏を初音に見せ、得意げに笑った。
「な、、何?何をするの、、?」
「どんな女でもびしょびしょになる秘密の軟膏だ。」
「止めて!!!」
乳首に擦り込む様に軟膏を塗りたくり、市長は体を移動させた。
「おい!」
男達が初音のスカートを捲り上げる。
「きゃぁ!!!止めて、止めて下さい!!!」
初音の願いも虚しく、ショーツの隙間から軟膏が塗られた。
「直ぐに良くなるからな、、、」
市長は初音の耳元で囁き、うなじに舌を伸ばした。
「これが中田君の汗の味か、、、」
「いやぁ!!止めて!お願い、、誰にも言わないから、、、」
初音の言葉を無視しおぞましい感触と、唾液を肌に残しながら舌が這い回る。
「あぁ、、いやぁ!!いやぁ、、、」
首筋を舐め、耳たぶに歯形を残し、唇を這い回る。
「おぉ、、、中田君、、、美味しいよ、、、」
鎖骨を唾液で汚し、乳首を口に含んだ。
音を立て舌を絡めて、乳首が吸われ徐々に硬さを増して行く。
「あぁっぁ、、いやぁ!止めて、、、」
「乳首が立ってきたよ。大丈夫、薬が効いてきた証拠だ。恥ずかしがらなくても良いんだよ。」
再び乳首を吸われ、初音は身を捩った。
「そんなに気持ちがいいのかな?」
「違う!違います!!止めて、、下さい、、」
「おぅおぅ、、泣く位に気持ち良いのか。」
「いやぁ、、違うんです、、止めて下さい、、、!」
乳首を立たせると興味を失ったように、口が離れた。
「あぁぁっ、、、、、もう、、許して、、、」
涙で濡れる初音の顔を一瞥して、市長は下腹部に舌を這わせた。
「あぁぁっ!お願い、、もう、、これ以上は、、、」
太股を舐め、ショーツをなぞり、舌はゆっくりと卑部に近づいた。
鼻を擦り付けるように股間に顔を埋め大きく息を吸った。
「おぉ、、、いやらしい匂いだ。中田君、いやらしい雌の匂いがするぞ。」
嬉しそうに鼻を押しつけ、匂いを嗅ぎまわる。
初音は羞恥に身を焦がしそうになりながら、必死に足を閉じようとした。
体を捩るたびに、縛られた手と足に痛みが走り縄が抵抗してくる。
「あぁぁっ、、、止めて下さい、、、」
「だんだん気持ち良くなってきたんだね、、、」
「違います!あぁっ、、やめて、、、」
市長は初音の股間に顔を埋め、舌と鼻で執拗に卑部を刺激してきた。
ショーツは唾液でびしょびしょに濡れ、股間に張り付いた。
「あぁっ、、いやぁ、、もう、、、止めて下さい、、、」
「そろそろ、ご開帳と行くか、、、おい。」
そう言うと、男が市長にハサミを手渡した。
「動くと怪我しますからね。」
市長は身動きの取れない初音のショーツにハサミを入れ切り裂いた。
股の部分で切られたショーツは力無く垂れ、初音の卑部を晒した。
「いやらしいおマンコだ。どれ、味はどうだ?」
市長の舌が直に卑部を舐め上げ、初音は身を固くした。
「いやぁ、、、汚い、、、そんなところ舐めないで、、、」
「舐められたこと無いのか?」
嬉しそうに、舌を動かし、音を立て啜り上げた。
「おぉ、、、いやらしい雌の味がするぞ。」
「いやぁ!止めて!!ああぁっっ、、、」
「おぉ!?感じ始めたのか?」
「あぁぁっ、、違います!!もう、、離して下さい、、」
「舐めても舐めても、濡れてるのは何故だ?」
「あっぁぁぁっぅ、、、違うんです、、、もう、、止めて!!」
市長は嬉々として秘部に舌を這わし、鼻頭をクリに擦り付けた。
初音の体は緊張と弛緩を繰り返し、口からは哀願が漏れた。
市長のクンニは20分にも及び、顔中愛液と唾液で濡し顔を上げた。
「あぁっぁぁっ、、、、、、、、」
ぐったりと横たえる初音を嬉しそうに長め、黒いペニスを秘孔にあてがった。

←前を読む  続きを読む→

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁 人妻小説
ジャンル : アダルト

おもちゃ:大人のおもちゃ通販 さくら                
感謝です。相互リンク集

 【相互リンク集です!相互リンクして下さる方募集中!】


官能小説を読むことが出来ます。 
官能文書わーるど 人妻官能セレクション 新・SM小説書庫 月夜桃花の物語 月夜桃花の夜伽話花 
wonbat花 ライトHノベルの部屋花 18夏花 mikikoroom花 変態小説花
・詩(うた)と小説で描く「愛の世界」
・柿の種研究所 近親・寝取られ体験談
・本当に淫らな人妻たち
・性犯罪白書

官能小説等を検索できます。
カオスパラダイス花 カウントダウンアダルトランキング アダルトマニア倶楽部花 アダルトノベルサーチ花 Hな読み物の館花 MEGURINET花 adultsearch花 本ナビ花 官能小説どっとcom花 
官能小説の館花 アダルトhummer花

動画や画像を見ることが出来ます。
厳選美少女花 女尻穴花
人妻動画隊
・民家 盗撮動画~ハリネーター
・女子高生制服画像個撮モデル
・エログ大団円
・えっちな人妻動画ブログ
・ふりムビ!

その他です。駄文同盟.comが凄い!
駄文同盟.com 貴女のおもちゃ アニメ・エロゲがいっぱい!  アダルトブログランキング【エログなブログ】 
アダルト検索一発サーチ  

姉妹サイト(無料動画)
やっぱり人妻が良い? それとも たまにはアニメでも?
 
ページ下動画

 【気まぐれ更新、ページ下動画始めました!】


小説では物足りない!!って人の為のちょこっと動画です。

[高画質で再生]


ピンキー

タイトル:人の妻~恥じらう横顔~ 

女  優:素人

キーワード:羞恥/貧乳/電マ/中だし

コメント:恥じらう姿が、可愛い奥様です!
少しずつ、大胆になっていって・・・

←クリックで「ピンキー」へ

コメントの投稿

非公開コメント

Language
プロフィール
今迄の観覧者数:
現在の閲覧者数:

aiuegon

女尻穴の変態紳士さんから頂きました。
エロ過ぎで、感謝です(;;)

Author:aiuegon
足を運んで頂き有り難う御座います。
人妻!人妻!人妻!では、
自作の人妻小説を公開してます。



貴方のクリックをお願いします。m(_ _)m
Tree-LINK リンク集



アクセスランキング
最新記事
カテゴリ
流石はプロ作家!
電子書籍なので、バレずに安心




メールフォーム
リンクして下さる方、リクエスト等こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー置き場
人妻!バナーです。
相互リンクして頂ける方、募集中です。
ぜひご連絡下さい。
88×31のバナーです
人妻人妻8831

80×80のバナーです
人妻人妻8080

200×40のバナーです
人妻人妻20040

リンクの際にご利用下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。