FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【aiuegonからのお知らせです】


・2009年8月30日 サイト公開
・2011年1月15日 『官能小説 HappyLife』リンク追加しました。恋愛、痴漢、性奴隷、、魅力的な小説ばかりです。
・2012年5月20日 社宅と携帯新連載です。遅筆…申し訳ありません。
・2012年5月20日 『凛 騎 応 変!』リンク追加しました。ご近所の秘め事。良い響きですね、ご一読する事をお勧めします^^
・2012年6月2日 社宅と携帯 その2更新しました。
・2013年10月20日 社宅と携帯 その3ようやく更新しました。



yumibana
ゆみさんの奇麗な写真とコメントが素敵です。是非お立ち寄りください。”人妻ゆみ~淫夢に弄ばれて” 
  ゆみさんの写真と、aiuegonの小説が合体しました!淫靡で素敵な大人の紙芝居です。



東日本大震災で被災された人々に、心よりお見舞い申し上げます。私も福島で被災しました。
みんながんばれ!がんばれ東北!がんばれ日本!

 

官能文書わーるど花  エロ比較花   18禁オーナーの社交場   凛 騎 応 変!
  wonbat花

18禁オーナーの社交場

 ↓↓↓小説一覧です。各第一話にリンクしております。↓↓↓ 
短めの小説:3~5分位の読み切りです。 長めの小説:ゆっくりとお読み下さい。
人妻不倫旅行 完結 魅惑のM妻 第1章完
色白人妻の野外露出 完結 不倫と人妻とお尻
ナンパされた人妻 完結 美人市議の受難
人妻の保険勧誘員 完結 幼稚園ママ 
美人インストラクター陵辱 完結 被虐の美人市議
露出願望の人妻 完結 ママで妻で女で
日焼けの奥様と不倫 完結 逝けない人妻
人妻セックス奴隷 完結 待つ人妻、単身赴任の夫
人妻とエステ 午後の癒し UP! 痴漢と人妻
密室シリーズ up 覗き見 隣の人妻
未定 未定 働く人妻とSM
未定 未定 上司と人妻とセクハラ
未定 未定 携帯電話と人妻
未定 未定 初めての同窓会
未定 未定 主婦と中学生
未定 未定 女教師と同僚
未定 未定 ウォーキング
未定 未定 社宅と携帯 up!


女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

社宅と携帯 その2

人妻斬り

タイトル:根っからのドスケベ妻

女  優:草壁 麗

キーワード:電マ/生はめ/中だし

←クリックで「人妻斬り」へ


カチ・カチ・ッボッ…

「ふぅ…」
予想していなかった男の声に雪の声は喉に張り付いた。

”えっ…誰?正人君…?タバコ?”

パコパコママ

タイトル:萌え上がる若妻たち ~乳と顔がA○B48こじはる似の若妻~

女  優:平石 晴奈

キーワード:AKB/こじはる/パイパン

←クリックで「パコパコママ」へ


 
3.ベランダ

 吉男を会社に送り出し、雪は掃除を始めた。
引越しから1か月ほどが過ぎ、周りの環境にも慣れてきた。
洗濯物を洗濯機に入れスイッチを押してから、部屋の掃除に取りかかる。
リビングからダイニングを片づけ、寝室のゴミ箱を覗きこんでふと動きが止まった。
「そう言えば今週は……」
転勤後初めの1週間は毎日のように求めてきた吉男だったが、仕事が大変なのか最近は疲れたと言ってすぐに寝ることが多かった。
「まっ、楽だからいっか」
掃除もさることながら、朝食・弁当を作る雪にとっても早く寝ることには賛成だった。
何時ものように部屋の掃除を終え、洗濯カゴを手に雪はベランダに出て深呼吸をした。
「・・・ふぅ」
5階から眺める景色と、頬を撫でる風が雪のお気に入りになっていた。
眼下に広がる新緑の公園が乱立するマンションを遠ざけ、青い空が眩しい。
時折洗濯物を干す手を止めては景色を眺め、また洗濯物に手を伸ばす。
そんな事を何度か繰り返すうちに洗濯カゴは空になり、雪はベランダの手摺に寄り掛かり空を仰いだ。
「……」
太陽の光に思わず目を瞑った時、隣の窓が開く音が耳に届いた。
雪は慌てて体勢を戻し、幸子に挨拶をしようと声を掛けようとした。

カチ・カチ・ッボッ…

「ふぅ…」
予想していなかった男の声に雪の声は喉に張り付いた。

”えっ…誰?正人君…?タバコ?”

紫煙が風に流れ雪の鼻孔に届く。
「こっ…こんにちは…」
雪はバツの悪い声をベランダの仕切り越しに掛けた。
「えっ…?あっどうも」
驚いたような、それでいて動揺を隠すような返事が返ってくる。
「正人君だっけ?タバコ吸ってるんだ」
「……ふぅ」
雪の問いかけに無言で返事をしながら、正人が紫煙を吹く。
「まだ未成年なのにだめよ」
思わず口にした言葉に少し後悔しながら、雪は仕切りに目をやった。
「………」
「お母さんは?居るの?」
「…バイト」
面倒くさそうな声と共に、窓の閉まる音が聞こえ雪はベランダに取り残される。
「……」
雪も空になった洗濯カゴを手に、ベランダを後にした。
「まぁ…そう言う年頃か…」
小さく肩をすくめ、雪は買物の準備を始めた。


「またタバコ?」
「あっ・・・ええ・・・」
洗濯物を取り込んでる最中に出てきた正人に、雪は仕切り越しに声を掛けた。

カチ・ッボッ…

「ふぅ…」
「一日にどれ位吸うの?」
「・・・10本位」
「ふぅん・・・そうなんだ」
雪は洗濯物を皺にならないように取り込みながら隣から流れてくる紫煙に目を向ける。
「お母さんは知ってるの?」
「・・・・・・どうだろ?」
相変わらず面倒くさそうに正人は答えた。
「内緒にしておくけど・・・あまり吸いすぎちゃだめよ」
「・・・ぃ」
正人の返事が窓を閉める音にかき消され、また雪は一人取り残された。

そんなやり取りが1週間ほど続いた週末、雪は幸子に呼ばれ塚田家にお邪魔していた。
「週末といえばゴルフばっかりで、たまに行かないと思ったら家でごろごろ」
幸子が笑いながら夫の正しの愚痴を言う。
「そうなんですか」
「今日もご主人と一緒にゴルフだって」
「ええ、接待とか何とか行って」
雪も幸子に併せて相槌を打つ。
「まぁ、私も気楽でいいんだけどね。雪さんは何かやってるの?」
「えっ?いえ・・・今は特に何も」
「そっか、でも、子供産むまでよ。子供ができたら趣味や仕事なんて出来なくなるから」
「そうですね・・・」
雪は天井を見上げ、幸子に笑いかけた。
「でもうち、最近そういうの無いし」
「そのようね~」
「えっ?」
「いえいえ、うちの旦那人使いが荒いから、ご主人も帰ってきたらバッタリでしょ?」
幸子の笑いに釣られ、雪も笑い出した。
「・・・こんにちは」
音も無く現れた正人はぺこりと頭を下げ、キッチンに向かう。
改めてみると背は高く、きりっとした顔立ちに雪はドキッとした。
「こんにちは」
面と向かって話すのは引越しの時以来だった。
「正人もこっちに座ったら?」
キッチンで冷蔵庫をあさる正人に幸子が声を掛ける。
「・・・なんで?」
「何でって・・・せっかく雪さんも来てるんだし」
「・・・・・・」
年頃の息子の扱いに困った顔で幸子は雪に視線を向けた。

4.

「何か食うもの無いの?」
麦茶を注いだコップを手に正人が、雪たちのテーブルに着いた。
「あら・・・珍しい」
嬉しそうに微笑む幸子に正人は少し頬を膨らませた。
「珍しいって・・・自分から座れって言ったくせに」
「そうだけど・・・あっ、お菓子でも食べる?」
幸子はそういい、慌ててキッチンに向かった。
「・・・」
残された雪は、俯きながら麦茶のコップを弄る正人に視線を向けた。
「あの・・・あの事を言ったの?」
コップに話しかけるように、正人が小さく呟く。
「あの事・・・?あぁ、言ってないわよ」
雪は微笑みながら幸子に聞かれないように、身を乗り出して小さく答えた。
「あっ・・・そう」
正人はコップから視線を上げ、少し安堵した顔を雪に向けた。
「でも、あまり吸いすぎないようにね」
「はい・・・」
素直にうなずく正人に雪はにっこりと笑った。
「あらあら、何話してたの?」
お菓子を詰め合わせた皿を持った幸子が不思議そうに戻ってきた。
「あっ、いえ、受験勉強大変そうだなって」
雪は幸子に視線を戻した。
「今年は受かってもらわないとね」
「解ってるよ」
馴れ馴れしく頭を撫でる幸子の手を払いのけ、正人はお菓子に手を伸ばした。
「いつ帰ってくるの?」
「えっ?お父さん?・・・5時位だって。飲み会は無いから真っ直ぐに帰るって」
幸子は正人の問いかけに、携帯を開いて答えた。
「あっそう・・・」
正人は興味無さそうに、またお菓子に手を伸ばした。
「あっ・・・私もう帰りますね」
雪は3時を指す時計を見て、立ち上がろうとした。
「まぁ、良いじゃない。そうだ!今晩は家で食べましょうよ!」
幸子はさも名案と言うように、手を叩き立ち上がった。
「いえそんな、ご迷惑だし・・・」
「良いのよ、どうせご飯を作るのは一緒だし。そうと決まれば準備しないと」
「あっ、じゃあ私も手伝います」
「そう?じゃあ、お願いしようかな」
二人のやり取りを横目に正人は麦茶を飲み干し、自分の部屋に戻っていった。


「課長ご馳走様でした!」
「おぅ、また明日よろしくな!」
塚田宅での夕食を済ませ、すっかりご機嫌な吉男は玄関に入るなり雪に抱きついてきた。
「えっ、ちょっと・・・んっ・・・」
ビールと汗のにおいが雪の鼻をくすぐる。
「んんっ・・・はぁっ・・・シャワー浴びてきたら・・・?」
「ん、そうする。雪も一緒に入ろうよ」
「えっ・・・えぇ・・・」
吉男は嬉しそうに雪の手をとり、浴室へ引っ張っていく。
「あぁぁ、気持ちいい」
ゴルフで日焼けした肌に、少し冷たいお湯を頭からかぶり吉男は気持ちよさそうに目を瞑る。
「ほら、雪も」
「あっ・・・冷たい・・・」
吉男がシャワーを雪に向け、首筋から肩へお湯をあてた。
「大丈夫、直ぐに慣れるから」
吉男は笑いながら雪の胸元へシャワーをあてる。
「んっ・・・」
「冷たい?」
「ちょっと・・・」
シャワーの冷たいお湯が、乳首を刺激する。
「立ってきたよ」
嬉しそうにシャワーを乳首に当てながら吉男は微笑んだ。
「冷たいから・・・」
恨めしそうに雪は吉男からシャワーを奪い、左手で胸を隠した。
「ほら、洗っちゃおうよ・・・」
雪はシャワーを止めボディソープを両手で泡立てた。
「こっち向いて・・・」
泡立てたボディーソープで吉男の首筋、肩、胸を優しく撫でる。
何時の頃からか、吉男と一緒に風呂に入るときはお互いに洗いっこするようになっていた。
「もぅ・・・・・・」
吉男のペニスは雪を威嚇するかのように、すでに大きく起立している。
「はい、後ろ向いて・・・」
雪の言うまま吉男は後ろを向き、雪は背中に手を当てた。
背中から脇腹、お尻。抱きつくような格好で腕を前に回し勃起したペニスに手を添える。
吉男の背中に胸を押し当て、ペニスに当てた手と一緒にゆっくりと上下に動いた。
「あぁ・・・気持ち良いよ・・・」
「んっ良かった・・・」
「今度は雪の番だよ」
ペニスに添えられた雪の手を握り、吉男はゆっくりと向き直った。
「わっ・・・私は自分で・・・」
「良いから」
吉男はシュポシュポとボディーソープを手に出し、雪の体に塗りつけた。
「んっ・・・」
吉男の手が肌を滑るたびに弱い電流が体を流れ、体の芯をじんわりと温めてゆく。
「んんっ・・・」
背後から抱えられ吉男の両手が、胸を包み込む。
大きくいきり立ったペニスがお尻に押し当てられ、熱がお尻に伝わる。
「あぁっ・・・んっ・・・」
「気持ちいい?」
「んっ・・・」
吉男は雪に体を密着させ、右手を下腹部に伸ばしてくる。
「あぁっ・・・」
「ぬるぬるだよ」
「だって・・・あぁぁっ」
「綺麗に洗ってあげるから」
「あぁぁっ・・・んっんっ・・・」
秘裂に伸びた吉男の指が卑猥な音を立て、前後に擦り上げてくる。
「あぁっぁっ・・・もぅ・・・」
膝が揺れ立ってることが出来なくなった雪は、バスタブに手を着いた。
「もぅ・・・もぅ上がろう・・・?」
「そうだね、ちょっと狭いよね」
吉男はシャワーを手に取り雪の泡を流し始めた。

←前を読む   続きを読む→  それとも、パコパコママへ? 人妻斬りへ?

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : 18禁 人妻小説
ジャンル : アダルト

おもちゃ:大人のおもちゃ通販 さくら                
感謝です。相互リンク集

 【相互リンク集です!相互リンクして下さる方募集中!】


官能小説を読むことが出来ます。 
官能文書わーるど 人妻官能セレクション 新・SM小説書庫 月夜桃花の物語 月夜桃花の夜伽話花 
wonbat花 ライトHノベルの部屋花 18夏花 mikikoroom花 変態小説花
・詩(うた)と小説で描く「愛の世界」
・柿の種研究所 近親・寝取られ体験談
・本当に淫らな人妻たち
・性犯罪白書

官能小説等を検索できます。
カオスパラダイス花 カウントダウンアダルトランキング アダルトマニア倶楽部花 アダルトノベルサーチ花 Hな読み物の館花 MEGURINET花 adultsearch花 本ナビ花 官能小説どっとcom花 
官能小説の館花 アダルトhummer花

動画や画像を見ることが出来ます。
厳選美少女花 女尻穴花
人妻動画隊
・民家 盗撮動画~ハリネーター
・女子高生制服画像個撮モデル
・エログ大団円
・えっちな人妻動画ブログ
・ふりムビ!

その他です。駄文同盟.comが凄い!
駄文同盟.com 貴女のおもちゃ アニメ・エロゲがいっぱい!  アダルトブログランキング【エログなブログ】 
アダルト検索一発サーチ  

姉妹サイト(無料動画)
やっぱり人妻が良い? それとも たまにはアニメでも?
 
ページ下動画

 【気まぐれ更新、ページ下動画始めました!】


小説では物足りない!!って人の為のちょこっと動画です。

[高画質で再生]


ピンキー

タイトル:人の妻~恥じらう横顔~ 

女  優:素人

キーワード:羞恥/貧乳/電マ/中だし

コメント:恥じらう姿が、可愛い奥様です!
少しずつ、大胆になっていって・・・

←クリックで「ピンキー」へ

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Language
プロフィール
今迄の観覧者数:
現在の閲覧者数:

aiuegon

女尻穴の変態紳士さんから頂きました。
エロ過ぎで、感謝です(;;)

Author:aiuegon
足を運んで頂き有り難う御座います。
人妻!人妻!人妻!では、
自作の人妻小説を公開してます。



貴方のクリックをお願いします。m(_ _)m
Tree-LINK リンク集



アクセスランキング
最新記事
カテゴリ
流石はプロ作家!
電子書籍なので、バレずに安心




メールフォーム
リンクして下さる方、リクエスト等こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー置き場
人妻!バナーです。
相互リンクして頂ける方、募集中です。
ぜひご連絡下さい。
88×31のバナーです
人妻人妻8831

80×80のバナーです
人妻人妻8080

200×40のバナーです
人妻人妻20040

リンクの際にご利用下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。