FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【aiuegonからのお知らせです】


・2009年8月30日 サイト公開
・2011年1月15日 『官能小説 HappyLife』リンク追加しました。恋愛、痴漢、性奴隷、、魅力的な小説ばかりです。
・2012年5月20日 社宅と携帯新連載です。遅筆…申し訳ありません。
・2012年5月20日 『凛 騎 応 変!』リンク追加しました。ご近所の秘め事。良い響きですね、ご一読する事をお勧めします^^
・2012年6月2日 社宅と携帯 その2更新しました。
・2013年10月20日 社宅と携帯 その3ようやく更新しました。



yumibana
ゆみさんの奇麗な写真とコメントが素敵です。是非お立ち寄りください。”人妻ゆみ~淫夢に弄ばれて” 
  ゆみさんの写真と、aiuegonの小説が合体しました!淫靡で素敵な大人の紙芝居です。



東日本大震災で被災された人々に、心よりお見舞い申し上げます。私も福島で被災しました。
みんながんばれ!がんばれ東北!がんばれ日本!

 

官能文書わーるど花  エロ比較花   18禁オーナーの社交場   凛 騎 応 変!
  wonbat花

18禁オーナーの社交場

 ↓↓↓小説一覧です。各第一話にリンクしております。↓↓↓ 
短めの小説:3~5分位の読み切りです。 長めの小説:ゆっくりとお読み下さい。
人妻不倫旅行 完結 魅惑のM妻 第1章完
色白人妻の野外露出 完結 不倫と人妻とお尻
ナンパされた人妻 完結 美人市議の受難
人妻の保険勧誘員 完結 幼稚園ママ 
美人インストラクター陵辱 完結 被虐の美人市議
露出願望の人妻 完結 ママで妻で女で
日焼けの奥様と不倫 完結 逝けない人妻
人妻セックス奴隷 完結 待つ人妻、単身赴任の夫
人妻とエステ 午後の癒し UP! 痴漢と人妻
密室シリーズ up 覗き見 隣の人妻
未定 未定 働く人妻とSM
未定 未定 上司と人妻とセクハラ
未定 未定 携帯電話と人妻
未定 未定 初めての同窓会
未定 未定 主婦と中学生
未定 未定 女教師と同僚
未定 未定 ウォーキング
未定 未定 社宅と携帯 up!


女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

社宅と携帯 その1

人妻斬り

タイトル:美形妻の名器にたっぷり中出し

女  優:江角 美穂

キーワード:野外/電マ/生はめ/中だし

←クリックで「人妻斬り」へ


「ほら正人、皆さんにきちんとご挨拶しなさい」
「……どうも」
幸子の声に面倒くさそうに頭を下げ、料理に箸を伸ばす。
「初めまして、今日隣に引っ越してきた河本です。よろしくね」
吉男が微笑みながら、頭を下げる。
「はぁ……」
正人は吉男と雪の顔を一瞥し、無言で食事を続けた。

パコパコママ

タイトル:美熟女を酔わせて遊ぶ

女  優:加藤 つばき

キーワード:お酒/フェラ/おもちゃ

←クリックで「パコパコママ」へ


 
河本 雪 :主婦  28歳
河本 吉男:会社員 33歳

塚田 正人:浪人生 18歳
塚田 幸子:パート 42歳
塚田 正 :会社員 45歳

*登場人物、内容はフィクションです。

1.引っ越し

「ほら、見えてきたよ」
「どこ?」
雪は夫の吉男の指さす先に目を向けた。
「あの茶色の建物が社宅だよ」
吉男がハンドルに手を戻しながら、にっこりと笑った。
「結構奇麗じゃない」
雪は品定めをするように建物を見渡し、運転する吉男を見た。
「出来たばっかりだって。築5年位のはずだよ」
吉男はハンドルを切り、社宅に車を入れた。
茶色いレンガ風のタイル、エントランスはオートロック式。
正門に刻んである社宅の表示がなければ、ちょっとしたマンションにしか見えなかった。
「荷物が届く前に、部屋を見たら?」
吉男は慣れた手つきでキーを打ち込み、エントランスの自動ドアを開けた。
「そうね・・・でも先にご近所にあいさつした方が…」
雪は手にした紙袋を一瞥した。
「バタバタと五月蠅くしちゃうし…」
吉男はにっこりと笑い、頷いた。
「そうしようか」
雪のそう言う配慮が吉男は嬉しかった。
「取り敢えず、荷物も来ちゃうし、隣近所だけ先に回ろうか」
吉男は腕時計を見ながらエレベーターのボタンを押した。
「部屋は505号室だからね、一応角部屋だから日当たりも良いって」
吉男の説明に肯きながら、雪は小さく深呼吸をした。

  ”社宅か…”

初めての社宅住まいに緊張しながら雪はエレベーターの数字を眺めた。

「さっ、取り敢えず此処で最後だね」
吉男は504号室のチャイムを押しながら、雪を振り返った。
『はい?どなたですか?』
インターホン越しに吉男が答える。
「今日隣に引越してきた河本です。引越しの挨拶に伺いました」
『あらら、大変、ちょっと待って下さいね』
インターホンの向こうの慌てた様子がうかがえる。
「日曜日だもんな」
雪の耳元に口を寄せ、吉男が小さく笑った。
「あなた…」
雪は頬を膨らませ失礼と言わんばかりに吉男の腕を抓る。
「痛たたっ…」
吉男が雪から逃げるのと同時に玄関のドアが開いた。
「おう、来たか」
「えっ?課長?」
顔を出した男に吉男は驚きの声を上げた。
「何だ知らなかったのか?」
塚田は笑いながら玄関から出てきた。
「全く、表札くらい確認しろよ」
「はぁすいません…」
吉男は頭を掻き、塚田に向かって頭を下げた。
「あの・・・今日からお世話になります。河本の妻です」
吉男にならって雪も頭を下げる。
「こちらこそ、宜しく頼みます」
塚田も深々と頭を下げ、玄関から声を上げた。
「お~い!まだか?」
「は~い、今行きます!」
部屋の奥から声が届き、パタパタと音がした。
「なんだ、わざわざ着替えてきたのか?」
塚田は振り返りながら呆れた声を出した。
「あなた!あっ…塚田の妻です」
幸子は塚田を睨み、深々と頭を下げた。
「すいません、日曜日の朝から…」
雪も幸子に合せ深々と頭を下げる。
「良いの良いの、気にしないで」
幸子は手を顔の前で振り、にっこりと笑った。
「あの・・・これ詰らない物ですが、お使い下さい」
「あらら、気を使わなくても良かったのに」
雪が紙袋から取り出した奇麗に包装された洗剤を素直に受け取った。
「これから引越しか?」
「ええ、10時にトラックが着くはずです」
「そっか、まぁ後で顔でも出すよ」
「はい、こっちも受け入れの準備を始めますので」
吉男は再び頭を下げ、塚田の家を後にした。

家具や電化製品のセッティングを終え引越し業者が帰った後、二人は黙々と作業を続けた。
「さぁ、もうひと踏ん張りだな」
頭に巻いたタオルを外し汗を拭った吉男が腰を伸ばす。
「3時か…今日中には終わらないわね…」
段ボールから出した衣類をしまいながら雪は呟いた。
ピンポーン
チャイムが鳴り、二人は顔を見合わせた。
「誰だろ?俺が出るよ」
玄関に向かう吉男に頷き、雪はまた段ボールを開ける。
おにぎりの乗った皿を手に吉男が戻ってきた。
「えっ?誰だったの?」
「課長からの差し入れ。まだ食ってないだろうって」
「あら…お礼しなくちゃ…」
「あと、晩飯も食いに来いって」
「えっ…そんなご迷惑じゃないの?」
「大丈夫だと思うよ。奥さんが料理してるからって。7時位に来てくれってさ」
吉男は早速おにぎりを頬張りながら、雪に皿を差し出した。
「ほら、雪も食べなよ」
「ええ…」
雪は片付けの手を止め、立ち上がった。
「あなた、手を洗ったの?」
「洗ってない…」
「もぅ…」
子供みたいに笑う吉男に頬を膨らませ手を洗い、おにぎりを一口頬張る。
「おいしい…」
「そう言えば朝から何も食べてなかったからな」
「そうね」
二人はあっという間におにぎりを平らげ、再び作業に戻った。

2.引っ越し初夜

「おう来たか、さっ、上がれ上がれ」
塚田に促されるまま二人は部屋に上がった。
「すいません、お言葉に甘えてお呼ばれしちゃって」
吉男と雪は塚田夫婦に改めて頭を下げた。
「良いから、さっ座って。まずは乾杯だな」
塚田がビールを差し出し吉男のコップに注いでいく。
「奥さんも、さっ」
「あっ…えっと…」
躊躇する雪に料理を運んできた幸子が声を掛けた。
「遠慮しなくて良いから、私も直ぐ座るから」
「はい、すいません」
言われるがまま、雪はコップを差し出し塚田のビールを受けた。
「幸子も早く座れよ」
「はいはい、これで最後だから」
塚田の呼びかけに、キッチンから幸子が応じる。
「お~い!正人!晩飯だぞ!正人!!」
「……」
「正人!晩飯だぞ!」
「……」
「ったく…まぁいいか、始めようか」
幸子が最後の料理をテーブルに置くと同時に塚田はコップを掲げた。
「引っ越しお疲れさん。これからも宜しくな。乾杯!」
「乾杯!」
「お願いします」
「宜しくね」
コツンとコップが音をたて、各々ビールを口にする。
「ん~~っ」
「くわぁっ~~!」
男たちは一口にコップを開け、2杯目を注ぎ始めた。
「あぁ、美味しいです」
「今日は大変だったでしょ?」
「ええ、あっ、差し入れ有難うございます。ホントに助かりました」
「良いのよ、お互い様だから」
幸子は笑いながら、雪のコップにビールを継ぎ足した。
「さっ、遠慮せずに食べて食べて」
「はい、頂きます」
雪は目の前に並ぶ料理に箸を伸ばした。
「おいしい…お料理上手なんですね」
「あら、嬉しい。そう言って頂けると作った甲斐があるわ。家の男どもときたらそんな事言ってくれない

から」
幸子は塚田をちょっと睨みつけ、嬉しそうに笑った。

疲れた体にビールが程良く回り、雪の顔がうっすらと火照り始めた。
塚田と吉男はビールから焼酎に切り替え、大きな声でしゃべり続けている。
「……」
音もなくリビングのドアが開き、雪は視線を向けた。
「あっ、今晩は。お邪魔してます」
まだ、あどけなさが残る青年に雪は頭を下げる。
「…どうも」
青年は小さく頭を下げ、テーブルを一瞥した。
「おっ!正人クン!勉強ははかどっているかね!」
正人は酔っぱらった塚田の声を無視し、無言でテーブルに座る。
「ほら正人、皆さんにきちんとご挨拶しなさい」
「……どうも」
幸子の声に面倒くさそうに頭を下げ、料理に箸を伸ばす。
「初めまして、今日隣に引っ越してきた河本です。よろしくね」
吉男が微笑みながら、頭を下げる。
「はぁ……」
正人は吉男と雪の顔を一瞥し、無言で食事を続けた。
「おっ、そうだ正人。こう見えてもこの河本はT大卒なんだぞ」
「課長!こう見えてもってのは酷いんじゃ」
声をあげて笑う二人を無視し、正人は無言で食事を続ける。
そんな正人の様子を幸子が不安そうに見つめていた。
「勉強で解らない事があったら河本に…」
塚田が言い終える前に、正人はガタっと音をたてて立ち上がった。
「ごちそうさま・・・…」
「おい、正人!」
塚田の声が耳に届いてないかのように正人は自分の部屋に戻って行った。
「まったく…根は良いやつなんだが。去年受験に失敗してから…」
「そうなんですか…」
塚田の言葉に小さくため息をついた幸子が立ち上がり、テーブルを片づけ始めた。
「私も手伝います」
雪は幸子の後を追うように立ち上がり、キッチンに向かった。

「雪も飲むかい?」
先にシャワーを浴びた吉男が缶ビールとコップを掲げる。
「んっ、じゃあ少しだけ」
バスタオルで髪の毛を拭きながら吉男からコップを受け取った。
「すっかり御馳走になっちゃったね」
「ああ、そうだね」
「きちんとお礼しなくっちゃ…」
雪はそう言いながら、ビールを口に運んだ。
「ふぅ…すっかり酔っぱらっちゃった…」
「お疲れ様。今日は疲れたでしょ?」
吉男の問いかけに小さく頷き、部屋を見渡した。
「新しい生活が始まるのね」
不安と期待が入り交じり雪は吉男の隣に座った。
「俺も頑張らないと…」
吉男の腕が背中に回され、引き寄せられる。
雪は吉男の肩に頭を預け、寄りかかった。
「雪……」
「よっちゃん…」
吉男の顔がゆっくりと近づき、唇が重なり合う。
「んっ…」
優しい口づけが徐々に荒々しくなり、吉男の舌が口内に入ってくる。
絡み付き、舐め上げられ、吸いつかれながら雪の息も荒くなる。
「んんっ…」
バスローブの胸元が大きく開かれ、侵入してきた手が胸を這いまわる。
「んんんっ・・・」
バスローブに擦れる乳首から電流が流れ込み、脳と躰を痺れさせる。
「んんっ、あぁぁっ・・・」
ようやく解放された口から唾液が糸を引いた。
「明かりを消して…」
叶わぬ願いと知りながら、雪は吉男に哀願した。
「ダメ…」
吉男の子供っぽい瞳の奥に加虐心が宿る。
この眼が合図。吉男が雪の支配者になり、天国とも地獄とも言えない快楽の淵へ連れてゆかれる。
期待と恥ずかしさに雪の躰は興奮し、吉男に逆らえ無くなる。
「あぁぁっ、お願い…」
「ベッドに行こうか」
吉男は雪を両腕で抱え上げ、ゆっくりとベッドに向かった。
何所にこんな力があるのだろうと不思議に思いながらも、雪は吉男の首に手をまわした。
「引越し初夜だね」
吉男はベッドの脇で立ち止まりにっこりと笑った。
「きゃっ!」
雪はベッドに放り投げられ、小さく悲鳴を上げた。
胸元は開き、バスローブの裾が捲れ上がる。
「いやぁっ…恥ずかしい…」
「恥ずかしがる事なんて無いさ。もっと良く見せて」
何時の間に用意したのか、吉男はロープを手にしベッドに上がってきた。
「あぁぁぅ…いやぁぁっ…」
慣れた手つきで足を縛られ、大きく広げられる。
「何時見ても雪は奇麗だよ・・・」
吉男はそう言いながら、雪の秘裂に手を伸ばした。
「あぁっぁぁぁっ…」
秘裂を指がなぞり上げ、掬い取った愛液を吉男が口に含む。
「雪…こんなに濡らして・・・どうして欲しいの?」
「あぁぁっ…なめて…お願い舐めて…」
吉男はにっこりと微笑み雪の秘裂に舌を這わせた。
「あぁぁぁっっ…いぃ…もっと…あぁぁっぁっ」
卑猥な音を立てながら、吉男の舌が秘裂を舐め上げてくる。
雪は腰を突き出し、両手で吉男の頭を秘裂に抑えつけながら悶えた。
「あぁぁぁっぅっ…いいの…あぁぁぅっ!もっと…もっと!」
クリトリスを吸われ、指が膣内を暴れまわる。
雪の腰は無意識のうちに空に浮き、快楽を貪るように吉男の頭を押さえつけた。
「あぁっぁぁぁっ!だめだめぇぁぁっ!」
「いいぃ・・・いくぅ!でちゃぅ…あぁぁあぁあっぁっ!!!」
押し寄せる快楽に雪の躰は宙に浮き、吉男の顔に潮を降り掛けた。
「あぁぁぁっ…あぁっ…」
肩で息をする雪を満足げに見下ろし、吉男は嬉しそうに手にしたローターのスイッチを入れた。

続きを読む→  それとも、パコパコママへ? 人妻斬りへ?

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ : 18禁 人妻小説
ジャンル : アダルト

おもちゃ:大人のおもちゃ通販 さくら                
感謝です。相互リンク集

 【相互リンク集です!相互リンクして下さる方募集中!】


官能小説を読むことが出来ます。 
官能文書わーるど 人妻官能セレクション 新・SM小説書庫 月夜桃花の物語 月夜桃花の夜伽話花 
wonbat花 ライトHノベルの部屋花 18夏花 mikikoroom花 変態小説花
・詩(うた)と小説で描く「愛の世界」
・柿の種研究所 近親・寝取られ体験談
・本当に淫らな人妻たち
・性犯罪白書

官能小説等を検索できます。
カオスパラダイス花 カウントダウンアダルトランキング アダルトマニア倶楽部花 アダルトノベルサーチ花 Hな読み物の館花 MEGURINET花 adultsearch花 本ナビ花 官能小説どっとcom花 
官能小説の館花 アダルトhummer花

動画や画像を見ることが出来ます。
厳選美少女花 女尻穴花
人妻動画隊
・民家 盗撮動画~ハリネーター
・女子高生制服画像個撮モデル
・エログ大団円
・えっちな人妻動画ブログ
・ふりムビ!

その他です。駄文同盟.comが凄い!
駄文同盟.com 貴女のおもちゃ アニメ・エロゲがいっぱい!  アダルトブログランキング【エログなブログ】 
アダルト検索一発サーチ  

姉妹サイト(無料動画)
やっぱり人妻が良い? それとも たまにはアニメでも?
 
ページ下動画

 【気まぐれ更新、ページ下動画始めました!】


小説では物足りない!!って人の為のちょこっと動画です。

[高画質で再生]


ピンキー

タイトル:人の妻~恥じらう横顔~ 

女  優:素人

キーワード:羞恥/貧乳/電マ/中だし

コメント:恥じらう姿が、可愛い奥様です!
少しずつ、大胆になっていって・・・

←クリックで「ピンキー」へ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Language
プロフィール
今迄の観覧者数:
現在の閲覧者数:

aiuegon

女尻穴の変態紳士さんから頂きました。
エロ過ぎで、感謝です(;;)

Author:aiuegon
足を運んで頂き有り難う御座います。
人妻!人妻!人妻!では、
自作の人妻小説を公開してます。



貴方のクリックをお願いします。m(_ _)m
Tree-LINK リンク集



アクセスランキング
最新記事
カテゴリ
流石はプロ作家!
電子書籍なので、バレずに安心




メールフォーム
リンクして下さる方、リクエスト等こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー置き場
人妻!バナーです。
相互リンクして頂ける方、募集中です。
ぜひご連絡下さい。
88×31のバナーです
人妻人妻8831

80×80のバナーです
人妻人妻8080

200×40のバナーです
人妻人妻20040

リンクの際にご利用下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。