FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【aiuegonからのお知らせです】


・2009年8月30日 サイト公開
・2011年1月15日 『官能小説 HappyLife』リンク追加しました。恋愛、痴漢、性奴隷、、魅力的な小説ばかりです。
・2012年5月20日 社宅と携帯新連載です。遅筆…申し訳ありません。
・2012年5月20日 『凛 騎 応 変!』リンク追加しました。ご近所の秘め事。良い響きですね、ご一読する事をお勧めします^^
・2012年6月2日 社宅と携帯 その2更新しました。
・2013年10月20日 社宅と携帯 その3ようやく更新しました。



yumibana
ゆみさんの奇麗な写真とコメントが素敵です。是非お立ち寄りください。”人妻ゆみ~淫夢に弄ばれて” 
  ゆみさんの写真と、aiuegonの小説が合体しました!淫靡で素敵な大人の紙芝居です。



東日本大震災で被災された人々に、心よりお見舞い申し上げます。私も福島で被災しました。
みんながんばれ!がんばれ東北!がんばれ日本!

 

官能文書わーるど花  エロ比較花   18禁オーナーの社交場   凛 騎 応 変!
  wonbat花

18禁オーナーの社交場

 ↓↓↓小説一覧です。各第一話にリンクしております。↓↓↓ 
短めの小説:3~5分位の読み切りです。 長めの小説:ゆっくりとお読み下さい。
人妻不倫旅行 完結 魅惑のM妻 第1章完
色白人妻の野外露出 完結 不倫と人妻とお尻
ナンパされた人妻 完結 美人市議の受難
人妻の保険勧誘員 完結 幼稚園ママ 
美人インストラクター陵辱 完結 被虐の美人市議
露出願望の人妻 完結 ママで妻で女で
日焼けの奥様と不倫 完結 逝けない人妻
人妻セックス奴隷 完結 待つ人妻、単身赴任の夫
人妻とエステ 午後の癒し UP! 痴漢と人妻
密室シリーズ up 覗き見 隣の人妻
未定 未定 働く人妻とSM
未定 未定 上司と人妻とセクハラ
未定 未定 携帯電話と人妻
未定 未定 初めての同窓会
未定 未定 主婦と中学生
未定 未定 女教師と同僚
未定 未定 ウォーキング
未定 未定 社宅と携帯 up!


女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ウォーキング その7

順子は男に言われるがままソファーの背もたれに手を着き、男にお尻を突き出した。
「あぁぁぁっ、、、恥ずかしい、、、、」
Tバックが秘裂に食い込み、男の眼に晒されている。
恥ずかしさに眩暈を感じ、足ががくがくと震える。
「恥ずかしぃ、、見ないで、、、」

Hな0930

タイトル:ノーマルすぎる旦那

女  優:大竹 恵里子

キーワード:電マ/フェラ/中だし

←クリックで「エッチな0930」へ


パコパコママ

タイトル:清楚なパイパン拘束妻

女  優:多岐川 秀美

キーワード:野外/剃毛/口内発射

←クリックで「パコパコママ」へ


 
13

 清は目の前に横たわる体に心を奪われていた。
白い体はうっすらと紅潮し、呼吸と共に白いブラに包まれた胸が上下する。
無駄な贅肉の付いていないお腹はペコリと凹み、身体の凹凸を際立たせている。
白い小さなショーツは股間に向かって細くなり、閉ざされた太ももで見えなくなる。
異常な興奮が脳みそを刺激し、ぴったりとしたランニングパンツの下で窮屈にもペニスが大きくなっていた。
恥ずかしさにもぞもぞと動く女の躰が清の興奮を高めた。

「あっ、、あのっ、、、、」
順子は両手で顔を隠したまま、小さく声を上げた。
「、、、、」
順子の問いかけに、男は無言のまま見下ろしている。
「そうやって、、、見られると、、、」
順子は腕で胸と下腹部を隠し、赤い顔を男に向けた。
「あっ、、、」
ピッタリとしたランニングパンツは大きくなったペニスを浮き出している。
「正直、ずっとあなたを見てました。後姿を、、、ずっと、、、」
「、、、」
男は静かにソファーの脇に膝を着いた。
「奇麗だ、、、」
男が小さく呟き、吐息が順子の体を優しく撫でた。
「ぁっ、、わ、、私には、夫が、、、、」
順子は小さく首を振り、再び顔を両手で隠した。
「えぇ、、、知ってます、、」
男は順子の左手の薬指を一瞥し、力なく首を振った。
「、、、」
「、、、、」
順子は昨夜の事を思い出し、意を決して腕を下ろし再び男の視線を受け止めた。
男の喉がなり、ゆっくりと体に手が伸びてくる。
「、、、っん!」
お腹に当てられた熱い手に思わず躰が硬直する。
「あっ、、、、んんっ、、、、」
熱い感触がお腹からブラに包まれた胸を目指し這い上がってくる。
恥ずかしさに順子は眼を瞑り、顔を腕で覆った。
「あぁっ、、!」
男の手がブラを包み込み、胸が熱に包まれる。
割れものでも扱うかのように熱い手が胸を揉み始めた。
ブラの中で乳首が擦れる度に体中に電気が走る。
「あぁぁぁっ、、、んんっ、、、」
押し殺した声が口元から溢れ出し、あまりの恥ずかしさに順子は顔を振った。
「あぁぁぁっ!」
いきなりのへそを舐め上げる感触に躰が跳ね上がる。
「いやぁっ、、、そんな所、、汚いわ、、、あぁぁっ、、!」
顔を持ち上げ順子は男に哀願の目を向けた。
「汚いなんて、、、」
男は順子を一瞥し、執拗に舌を伸ばし順子のへそを舐め続けた。
「いやぁ、、汗もかいたし、、、あぁっ、、んっ!」
厭々をしながら順子は両手で男の頭を掴み、離そうと力を入れた。
「んっ、、あぁっぁっ、、、いやぁっ、、、」
ぺちゃぺちゃと音をたて執拗にへそを舐められる度に体が跳ね、くねくねと腰が動く。
腕から力が抜け落ち、男にされるままへそを蹂躙され胸を揉み上げられる。
男の舌が、手が、体に掛かる息までもが順子に快楽を与えた。
とめどもなく溢れだす愛液を隠すため、両足に力を入れた。
「あぁぁっ、、、、」
男の舌がへそから離れ、唾液で濡れたお腹が空気に触れひんやりと感じた。
男の荒い息使いが部屋に響く。
「奇麗だ、、、」
独り言のように呟いた男に、順子は首を振った。
「そんなこと、、、」
男は順子の声を無視し、ショーツに顔を当てた。
下腹部を頬ずりし、太ももを優しく撫で上げる。
「んっ、、、恥ずかしい、、、、っん」
「奇麗だ、、、」
男の言葉が呪文のように繰り返された。
「あぁぁっぁっ、、!いやぁ、、、!」
男が閉じた太ももの間に鼻を入れ、勢いよく息を吸い込んだ。
「いやぁっっ、、、そんなっ、、あぁぁっ!」
汗をかきシャワーも浴びていない秘部を嗅がれ、順子は太ももに力を込めた。
「そんなっ、、あぁっっ、、、恥ずかしい、、、」
「良い匂いだ、、、いやらしくて、、、」
「言わないで、、あぁぁっっ」
「力を、、力を抜いてください、、、」
膝上に残っていたジャージに男の手が伸びた。
「力を抜いて」
男の言葉に一瞬躊躇し、順子は足の力を抜いた。
スルスルとジャージが抜き取られ、足元に置かれた。
「あぁっ、、、」
「奇麗だ、、、」
男の言葉に頭が麻痺してくる。
順子はされるがままTシャツも脱がされ、下着姿のままソファーに横になっていた。

14

「奇麗だ、、、」
清は何度目かの言葉を呟き、目の前のソファーに横たわる女を眺めた。
うっすらとかいた汗と、紅潮する白い肌が女の興奮を示している。
絹のような肌を撫でるたびに上がる声と、汗の混じった女の香りが興奮を倍増させた。
ランニングパンツの中はペニスから滲み出た液でビショビショに濡れている。
清はゆっくりと女の下腹部に手を伸ばし、ショーツの上から痴毛を撫でた。
「あぁぁっ、、、んんっ、、、」
なまめかしく動く腰が脳を直撃する。
清は大きく息を吸い込み、痴毛を撫でる手を女の太ももに潜り込ませた。
「あぁぁぁっ、、やぁぁっ、、、」
女の太ももがきゅっと締まり、清の手を挟み込む。
ショーツをなぞりながら指先を進めると、クチュゥっとした湿った音と共に指が秘裂に潜り込んだ。
「あっぁあっぁぁぁ、、、!」
女の背筋が浮き、一際大きな声を上げた。
「すごい濡れる、、、それに喰い込んで、、、」
「あぁっっ、、言わないで、、いやぁ、、、」
女は嫌々と頭を振り、両手で顔を隠した。
指を動かすたび秘肉がクチュクチュと音をたて、女から甘い声があがる。
「あぁぁっ、、あぁっ、、いやぁぁっぁぁ、、、」
「これって、、Tバック?」
急激に細くなっていくショーツの感触に清は興奮しながら問いかけた。
「あっぁぁぁっぁ、、、いやぁぁっぅ、、聞かないで、、、」
「何時もこんなに濡らすの?」
「あぁっぁぁっ、、ちが、、、ちがうの、、、」
太ももから徐々に力が抜け、清の手が解放された。
指を二本に増やし絡みつく秘肉から愛液をかき出すように指を動かす。
「あぁぁぅっ、、いやぁぁぁっ、、、そんなぁっ、、!」
クチュクチュと湿った音が響き、指が愛液でまみれる。
「あっぁあっぅ、、あぁぅぅっぁぁっ、、、あぁぁっ!!」
女の声が一際大きくなり、その刹那かくっと力が抜け落ちた。
「あぁぁぁぁっ、、、、」
「逝ったの、、、?」
清の声に女は無言で頷いた。

「凄い濡れてるね」
男が順子の目の前で濡れ光る指を拡げた。
愛液が糸を引き、指と指の間に光る。
「いやぁ、、、」
順子は両手で顔を覆い、恥ずかしさで耳まで赤くなった。
「起きて、、そこに手を着いて」
男はペロッと指先の愛液を舐めとり、順子の手をゆっくりと引っ張り上げた。
「あぁぁっ、、、」
順子は男に言われるがままソファーの背もたれに手を着き、男にお尻を突き出した。
「あぁぁぁっ、、、恥ずかしい、、、、」
Tバックが秘裂に食い込み、男の眼に晒されている。
恥ずかしさに眩暈を感じ、足ががくがくと震える。
「恥ずかしぃ、、見ないで、、、」
順子は後ろに立つ男に向けた。
「エッチだね、、、喰い込んでるのが丸見えだよ、、、」
男は息を荒げながら順子の尻を掴み大きく広げた。
「あぁぁっぁっ、、いやぁぁっぁ!」
頭を振る順子を無視し、男は順子の秘裂に舌を伸ばした。
「あぁっぁぁっ、あぁっぁっぁぁ、、、」
ソファーの背もたれに顔を埋め、揺れる体を支える。
男の舌がぴちゃぴちゃと秘裂をなぞる度に声がこぼれる。
「あぁぁっ、あっ、あぁぁっ、いい、、、良いの、、、」
Tバックの脇から侵入してくる舌がさらにTバックを喰い込ませ、男の荒い鼻息に鳥肌が立った。
「あぁぁっ、、いぃ、、、あぁぁぁっ」
順子はいつの間にか男の顔に秘裂を押し付けるよう腰をくねらせた。
「凄いことになってるよ?」
男は顔をあげ、満足そうに問いかけてくる。
「そんなっ、、いやぁ、、、あぁぁぁ!!」
いきなり舐め上げられたアナルの感触に膝が崩れそうになった。
男の腕が咄嗟に順子の足に回され、男の顔にアナルを押し付ける格好で支えられる。
「あぁぁぁぁっ、、いやぁぁぁぅっ、、、あぁあっぁっ!」
初めてのアナルの感触に頭がしびれ、何かが飛んだ。
罪悪感が消え、快楽への欲求が頭を支配する。
「あぁぁぁっぁっ、、、あぁっぁっぁっ!」
執拗に這いまわる舌に順子の頭が真っ白になった。

←前を読む  続きを読む→  それとも、「エッチな0930」へ? 「パコパコママ」へ?

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁 人妻小説
ジャンル : アダルト

おもちゃ:大人のおもちゃ通販 さくら                
感謝です。相互リンク集

 【相互リンク集です!相互リンクして下さる方募集中!】


官能小説を読むことが出来ます。 
官能文書わーるど 人妻官能セレクション 新・SM小説書庫 月夜桃花の物語 月夜桃花の夜伽話花 
wonbat花 ライトHノベルの部屋花 18夏花 mikikoroom花 変態小説花
・詩(うた)と小説で描く「愛の世界」
・柿の種研究所 近親・寝取られ体験談
・本当に淫らな人妻たち
・性犯罪白書

官能小説等を検索できます。
カオスパラダイス花 カウントダウンアダルトランキング アダルトマニア倶楽部花 アダルトノベルサーチ花 Hな読み物の館花 MEGURINET花 adultsearch花 本ナビ花 官能小説どっとcom花 
官能小説の館花 アダルトhummer花

動画や画像を見ることが出来ます。
厳選美少女花 女尻穴花
人妻動画隊
・民家 盗撮動画~ハリネーター
・女子高生制服画像個撮モデル
・エログ大団円
・えっちな人妻動画ブログ
・ふりムビ!

その他です。駄文同盟.comが凄い!
駄文同盟.com 貴女のおもちゃ アニメ・エロゲがいっぱい!  アダルトブログランキング【エログなブログ】 
アダルト検索一発サーチ  

姉妹サイト(無料動画)
やっぱり人妻が良い? それとも たまにはアニメでも?
 
ページ下動画

 【気まぐれ更新、ページ下動画始めました!】


小説では物足りない!!って人の為のちょこっと動画です。

[高画質で再生]


ピンキー

タイトル:人の妻~恥じらう横顔~ 

女  優:素人

キーワード:羞恥/貧乳/電マ/中だし

コメント:恥じらう姿が、可愛い奥様です!
少しずつ、大胆になっていって・・・

←クリックで「ピンキー」へ

コメントの投稿

非公開コメント

Language
プロフィール
今迄の観覧者数:
現在の閲覧者数:

aiuegon

女尻穴の変態紳士さんから頂きました。
エロ過ぎで、感謝です(;;)

Author:aiuegon
足を運んで頂き有り難う御座います。
人妻!人妻!人妻!では、
自作の人妻小説を公開してます。



貴方のクリックをお願いします。m(_ _)m
Tree-LINK リンク集



アクセスランキング
最新記事
カテゴリ
流石はプロ作家!
電子書籍なので、バレずに安心




メールフォーム
リンクして下さる方、リクエスト等こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー置き場
人妻!バナーです。
相互リンクして頂ける方、募集中です。
ぜひご連絡下さい。
88×31のバナーです
人妻人妻8831

80×80のバナーです
人妻人妻8080

200×40のバナーです
人妻人妻20040

リンクの際にご利用下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。