FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【aiuegonからのお知らせです】


・2009年8月30日 サイト公開
・2011年1月15日 『官能小説 HappyLife』リンク追加しました。恋愛、痴漢、性奴隷、、魅力的な小説ばかりです。
・2012年5月20日 社宅と携帯新連載です。遅筆…申し訳ありません。
・2012年5月20日 『凛 騎 応 変!』リンク追加しました。ご近所の秘め事。良い響きですね、ご一読する事をお勧めします^^
・2012年6月2日 社宅と携帯 その2更新しました。
・2013年10月20日 社宅と携帯 その3ようやく更新しました。



yumibana
ゆみさんの奇麗な写真とコメントが素敵です。是非お立ち寄りください。”人妻ゆみ~淫夢に弄ばれて” 
  ゆみさんの写真と、aiuegonの小説が合体しました!淫靡で素敵な大人の紙芝居です。



東日本大震災で被災された人々に、心よりお見舞い申し上げます。私も福島で被災しました。
みんながんばれ!がんばれ東北!がんばれ日本!

 

官能文書わーるど花  エロ比較花   18禁オーナーの社交場   凛 騎 応 変!
  wonbat花

18禁オーナーの社交場

 ↓↓↓小説一覧です。各第一話にリンクしております。↓↓↓ 
短めの小説:3~5分位の読み切りです。 長めの小説:ゆっくりとお読み下さい。
人妻不倫旅行 完結 魅惑のM妻 第1章完
色白人妻の野外露出 完結 不倫と人妻とお尻
ナンパされた人妻 完結 美人市議の受難
人妻の保険勧誘員 完結 幼稚園ママ 
美人インストラクター陵辱 完結 被虐の美人市議
露出願望の人妻 完結 ママで妻で女で
日焼けの奥様と不倫 完結 逝けない人妻
人妻セックス奴隷 完結 待つ人妻、単身赴任の夫
人妻とエステ 午後の癒し UP! 痴漢と人妻
密室シリーズ up 覗き見 隣の人妻
未定 未定 働く人妻とSM
未定 未定 上司と人妻とセクハラ
未定 未定 携帯電話と人妻
未定 未定 初めての同窓会
未定 未定 主婦と中学生
未定 未定 女教師と同僚
未定 未定 ウォーキング
未定 未定 社宅と携帯 up!


女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ウォーキング その6

対面に座る男が落ち着きなくモソモソと体勢を変える。
「具合が悪かったら、、、横になっても、、、」
どうせ何も起きない、女としてなんて誰も見てくれない。
そんな思いが順子を大胆にさせた。
「じゃぁ、、ちょっとだけ、、、」

人妻斬り

タイトル:童顔人妻の潮噴き

女  優:小堀 真実

キーワード:潮噴き/指姦/中だし

←クリックで「人妻斬り」へ

 
11.2度目の訪問

 駆け出していく男の後姿をボゥっと見送り、順子はベンチに向かった。
「、、、」
恥ずかしさよりも要らぬ心配を掛けてしまった事が申し訳なく、怒られた子供のように俯いた。
何度めかの溜息を吐き、顔を上げるとベンチに向かって走ってくる男の姿が目に入った。
手にペットボトルを持ち、ランニングではなく全力で走ってくる男。
順子はベンチから立ち上がり数歩進んで男を待った。
「ハァハァハァッ、、、良いから、、、座ってください」
全力で駆けてきたために男は肩で息をし、額から汗が流れおちている。
「ほら座って、、これ、、、スポーツドリンク、、、」
男はペットボトルを順子に差し出し、膝に両手を着きながら肩で息をした。
「すみません、、、ホントに、、、」
順子は差し出されたペットボトルを受け取り、ベンチに腰を掛けた。
「大丈夫、、、、ですか?」
隣に座り天井を見上げながら息を切らせる男に順子は声を掛けた。
「ハァッ、、、ッ、、、私は大、、大丈夫です、、、」
「ホントに、、ご迷惑を、、、」
「大丈夫ですから!早く、、、それ飲んで!熱中症にでもなったら、、、っ」
男は語尾を強め順子の言葉を遮り、天井に向けていた顔を順子に向けた。
「熱中症で死ぬこともあるんですから、、、」
少し語尾を弱め、心配そうに順子の目を見つめてくる。
「あっ、、、ありがとうございます、、、」
順子は視線をペットボトルに逸らし、スポーツドリンクを口にした。
「はぁぁっ、、、おいしい、、、」
喉を流れおちる冷たい感触に、自然と笑みが浮かぶ。
一口、二口と飲み進めるうちに、男の顔が安堵に変わっていく。
「良かった、、大丈夫そうですね」
にっこりと笑う男に、順子は頭を下げた。
「ホントすみません、、何かな何までご迷惑を掛けて、、、」
「良いんですよ。気にしないで下さい」
「でも、、、せめてジュース代だけでも、、、」
男は額の汗を拭いながら、カラカラと笑った。
「それ位良いですよ!それより、体調大丈夫ですか?」
「えぇ、お陰さまでもうすっかり、、、」
「それは良かった、、、」
男は視線をコースに向け、汗で濡れたウェアをパタパタと煽いだ。
「、、、」
「、、、、、」
男の汗の臭いが順子の鼻孔をくすぐる。
男臭く、それでいて不快感を感じさせない匂い。
「、、、、」
順子は無言で足に力を入れ、膝をぴったりと併せた。
躰が再び熱くなり、胸がきゅっと締め付けられる。
「、、、、、」
「、、、大丈夫ですか?」
順子の異変に男が心配そうに声を掛けてきた。
「えっ、、えぇ、、、、」
「顔が真っ赤ですよ、、、」
「えっ、、そっ、、そうですか?」
順子はぐっと俯き、熱く火照る体を鎮めようとギュッと目を瞑った。
「耳まで真っ赤ですよ。熱中症かも、、、」
「ほっ、、ホント大丈夫です、、から、、、」
男の指摘に体の疼きを見破られたかのような恥ずかしさが順子を襲う。
「もっと涼しい所で休んだ方がいいですね、、、立てますか?」
男はベンチから立ち上がり、順子を心配そうに見下ろした。
「あっ、、本当に大丈夫ですから、、、」
男の顔を見上げ、そして俯きながら小さな声で順子は言った。
「熱中症で死ぬこともあるんですから!」
少し声を荒げた男は、順子にスッと手を差し伸べた。
「私の家なら直ぐそこですから、ほら、遠慮しないで!」
順子は差し出された手に、首を振って一人で立ち上がった。
「本当に大丈夫ですから、、、」
「何かあってからでは遅いんです!さっ、行って少し休みましょう」
男は順子の横に立ちゆっくりと歩き始めた。
「、、、、」
歩き始めて直ぐに、順子は再び後悔していた。
心配そうに声を掛けてくる男の顔。想像ではない男の汗の匂い。
喰い込むTバックが気になり、不自然に腿に力が入る。
「、、、、っ」
赤い顔をしフラフラと歩く順子に男は優しく声を掛ける。
「もう直ぐですから、、、大丈夫ですか、、?」
「ぁっ、、はぃ、、、、」
声は小さくなり、恥ずかしさで男の顔が直視できない。
足を進めるたびにTバックが秘裂に喰い込み、クリトリスを擦った。
「んっ、、、、」
昼前の通りを欲情を隠しながら歩く自分がひどく淫らに思える。
恥ずかしさと興奮が入り乱れ、半ばパニックになりながら男の後をゆっくりと歩いた。
全身から汗が滲み、Tシャツもジャージも不快に体に張り付く。
通り全体から視姦されているような錯覚に目眩がする。
「っ、、、んっ、、」
「大丈夫ですか?もうそこですから」
男のマンションのエントランスで順子は立ち止まり、小さくため息を吐いた。
「あっ、、あの、、、本当に大丈夫ですから、、、」
「熱中症だったらどうするんですか!」
男はエントランスの玄関を開け、順子を招き入れた。
「今、エレベーターが来ますから」
「はい、、、すみません、、、、」
顔が紅潮し、躰が火照る。目も潤んでるかもしれない。
順子は赤い顔を伏せ、エレベーターを待った。
「さっ、どうぞ」
エスコートされるままエレベーターに乗り込み一番奥に立った。
エレベーター内が男の匂いで充満し、胸が高鳴る。
「、、、、」
順子は無言のまま男の背中を見つめた。
「大丈夫ですか?」
突然振り向いた男から順子は慌てて眼を逸らし俯いたまま、男の後に従った。
「さっ、着きましたよ」男の声に俯いた順子は顔を上げた。
2度目の訪問。
前回とはまるで気持ちが違った。
火照る躰が順子を躊躇させ、超えてはいけない一線に順子は俯いた。
玄関から上がろうとしない順子に、男は言葉を続けた。
「さっ、遠慮しないで。ゆっくりと休んで下さい」
心配をする男と、火照る躰のギャップに順子は少し苛立ちを覚えた。
  ”どうせ…何も起きない…”
「おじゃまします、、、」
小さな声で呟き、順子は男の部屋に上がった。

12.一線

「そこに座って、今冷たいものを持ってきますから」
男はエアコンのリモコンを弄り、バタバタとキッチンに消えていった。
「、、、」
飾り気のない男の部屋。
向かい合うソファーセットと、仕事用の机。
机の上には大きなパソコンが乗っており、壁際の書棚には何冊ものファイルが収まっている。
「住宅兼仕事場ですから、、汚くてすいません」
突然掛けられた男の声に、びくっと体が跳ねる。
「あっ、、いいえ、、、すいません、、、」
「コップ洗ってなくて、、、このままですがどうぞ」
男はソファーセットのテーブルに缶ジュースを置き、対面のソファーに座った。
手にしたジュースをゴクゴクと飲み、男は声を上げた。
「ぷふぁ~~美味い!」
男の飲みっぷりについ見とれてしまう。
「さっ、遠慮しないで。具合が良くなるまでソファーで横になっても構いませんから」
「えっ、、えぇ、、、でも、大丈夫です、、、」
順子は缶ジュースを一口飲み、テーブルに置いた。
「もう少しエアコンの温度下げましょうか?」
「えっ?」
「まだ顔が真っ赤だから、、、」
「あっ、、、いえ、、、大丈夫。少し寒いくらい、、、」
順子は両腕をさすり、エアコンを見上げた。
「そうですか、、、」
「、、、、」
順子は両手を膝に置き、俯言いたままテーブルの上のジュースを眺めた。
「、、、、」
気まずい沈黙が二人の間に流れる。
「、、、、、、」
ジュースを飲む男の喉が鳴る音が部屋に響く。
ふと視線を上げると男が慌てて、視線を泳がせた。
「だっ、、、大丈夫ですか?」
「えっ、、えぇ、、、」
順子は俯き、沈黙が再び二人を包みこんだ。
ゆっくりと男の視線が自分の体に戻るのが分かる。
「こくっ、、、」
小さく男の喉が鳴った。
ぴったりと汗で張り付いたTシャツは、白いブラを浮かび上がらせている。
昨夜、空振りをした白い下着。
順子は膝に置いた手をぎゅっと握りしめ、男の視線に耐えた。
「、、、、ごくっ」
対面に座る男が落ち着きなくモソモソと体勢を変える。
「具合が悪かったら、、、横になっても、、、」
どうせ何も起きない、女としてなんて誰も見てくれない。
そんな思いが順子を大胆にさせた。
「じゃぁ、、ちょっとだけ、、、」
「えっ、、ええ!」
男が上ずった声を上げた。
順子はソファーにゆっくりと仰向けになり目を瞑った。
「、、、、」
「、、、、、」
全身を舐めるように見る男の視線が羞恥心を煽る。
恥ずかしさに両手で紅潮した顔を隠した時だった。
「だ、、大丈夫ですか?」
「えぇ、、、」
「少し緩めた方が、、、楽に、、、」
「緩める、、、?」
「えぇ、、、衣服を緩めた方が、、、」
「、、、」
少しの沈黙の後、顔を隠したまま順子はこくりと頷いた。
  ”何もない…ある筈がないんだから…”
男が立ちあがる気配に順子は体を固くした。
「緩めますよ、、、」
「、、、っ」
男の手がTシャツの裾を掴み、ゆっくりと捲り上げていく。
ぴくっと体が跳ね上がる。
ブラの手前で男の手が一瞬止まり、意を決したように一気にブラを露にした。
「あっ、、、」
興奮した男の息遣いと、汗の匂いが順子の羞恥心を煽った。
  ”心配してくれてるだけ…どうせ何もない…”
心臓が高鳴り、息が苦しくなってくる。
ブラを露にしたままTシャツは男の手を離れた。
「下も緩めた方が、、、」
「えっ!?」
男はジャージに手を掛けゆっくりと下ろし始めた。
「大丈夫、楽になりますから、、、」
「、、、、、はぃ」
順子は少しだけ腰を浮かせた。
両手で覆われた顔は恥ずかしさに真っ赤に染まり、全身が緊張で汗ばむ。
ゆっくりと焦らすようにジャージが下されていく。
「ぁっ、、、、、」
冷気が下腹部に触れ、男の眼に下着がさらされたことを告げる。
一際大きな男の喉が鳴る音が部屋に響いた。
「、、、、これぐらい緩めれば」
男はジャージを膝上まで下げ手を離した。
いっそ全部脱がされた方が覚悟が決まるのに、そんな中途半端さが順子を辱めた。

←前を読む  続きを読む→  それとも、「人妻斬り」へ?

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁 人妻小説
ジャンル : アダルト

おもちゃ:大人のおもちゃ通販 さくら                
感謝です。相互リンク集

 【相互リンク集です!相互リンクして下さる方募集中!】


官能小説を読むことが出来ます。 
官能文書わーるど 人妻官能セレクション 新・SM小説書庫 月夜桃花の物語 月夜桃花の夜伽話花 
wonbat花 ライトHノベルの部屋花 18夏花 mikikoroom花 変態小説花
・詩(うた)と小説で描く「愛の世界」
・柿の種研究所 近親・寝取られ体験談
・本当に淫らな人妻たち
・性犯罪白書

官能小説等を検索できます。
カオスパラダイス花 カウントダウンアダルトランキング アダルトマニア倶楽部花 アダルトノベルサーチ花 Hな読み物の館花 MEGURINET花 adultsearch花 本ナビ花 官能小説どっとcom花 
官能小説の館花 アダルトhummer花

動画や画像を見ることが出来ます。
厳選美少女花 女尻穴花
人妻動画隊
・民家 盗撮動画~ハリネーター
・女子高生制服画像個撮モデル
・エログ大団円
・えっちな人妻動画ブログ
・ふりムビ!

その他です。駄文同盟.comが凄い!
駄文同盟.com 貴女のおもちゃ アニメ・エロゲがいっぱい!  アダルトブログランキング【エログなブログ】 
アダルト検索一発サーチ  

姉妹サイト(無料動画)
やっぱり人妻が良い? それとも たまにはアニメでも?
 
ページ下動画

 【気まぐれ更新、ページ下動画始めました!】


小説では物足りない!!って人の為のちょこっと動画です。

[高画質で再生]


ピンキー

タイトル:人の妻~恥じらう横顔~ 

女  優:素人

キーワード:羞恥/貧乳/電マ/中だし

コメント:恥じらう姿が、可愛い奥様です!
少しずつ、大胆になっていって・・・

←クリックで「ピンキー」へ

コメントの投稿

非公開コメント

Language
プロフィール
今迄の観覧者数:
現在の閲覧者数:

aiuegon

女尻穴の変態紳士さんから頂きました。
エロ過ぎで、感謝です(;;)

Author:aiuegon
足を運んで頂き有り難う御座います。
人妻!人妻!人妻!では、
自作の人妻小説を公開してます。



貴方のクリックをお願いします。m(_ _)m
Tree-LINK リンク集



アクセスランキング
最新記事
カテゴリ
流石はプロ作家!
電子書籍なので、バレずに安心




メールフォーム
リンクして下さる方、リクエスト等こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー置き場
人妻!バナーです。
相互リンクして頂ける方、募集中です。
ぜひご連絡下さい。
88×31のバナーです
人妻人妻8831

80×80のバナーです
人妻人妻8080

200×40のバナーです
人妻人妻20040

リンクの際にご利用下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。