FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【aiuegonからのお知らせです】


・2009年8月30日 サイト公開
・2011年1月15日 『官能小説 HappyLife』リンク追加しました。恋愛、痴漢、性奴隷、、魅力的な小説ばかりです。
・2012年5月20日 社宅と携帯新連載です。遅筆…申し訳ありません。
・2012年5月20日 『凛 騎 応 変!』リンク追加しました。ご近所の秘め事。良い響きですね、ご一読する事をお勧めします^^
・2012年6月2日 社宅と携帯 その2更新しました。
・2013年10月20日 社宅と携帯 その3ようやく更新しました。



yumibana
ゆみさんの奇麗な写真とコメントが素敵です。是非お立ち寄りください。”人妻ゆみ~淫夢に弄ばれて” 
  ゆみさんの写真と、aiuegonの小説が合体しました!淫靡で素敵な大人の紙芝居です。



東日本大震災で被災された人々に、心よりお見舞い申し上げます。私も福島で被災しました。
みんながんばれ!がんばれ東北!がんばれ日本!

 

官能文書わーるど花  エロ比較花   18禁オーナーの社交場   凛 騎 応 変!
  wonbat花

18禁オーナーの社交場

 ↓↓↓小説一覧です。各第一話にリンクしております。↓↓↓ 
短めの小説:3~5分位の読み切りです。 長めの小説:ゆっくりとお読み下さい。
人妻不倫旅行 完結 魅惑のM妻 第1章完
色白人妻の野外露出 完結 不倫と人妻とお尻
ナンパされた人妻 完結 美人市議の受難
人妻の保険勧誘員 完結 幼稚園ママ 
美人インストラクター陵辱 完結 被虐の美人市議
露出願望の人妻 完結 ママで妻で女で
日焼けの奥様と不倫 完結 逝けない人妻
人妻セックス奴隷 完結 待つ人妻、単身赴任の夫
人妻とエステ 午後の癒し UP! 痴漢と人妻
密室シリーズ up 覗き見 隣の人妻
未定 未定 働く人妻とSM
未定 未定 上司と人妻とセクハラ
未定 未定 携帯電話と人妻
未定 未定 初めての同窓会
未定 未定 主婦と中学生
未定 未定 女教師と同僚
未定 未定 ウォーキング
未定 未定 社宅と携帯 up!


女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ウォーキング その3

エッチな0930

タイトル:レディコミでオナニー

女  優:藤木 智美

キーワード:おしっこ/おもちゃ/騎上位

←クリックで「エッチな0930」へ


「そうですよね、、、」
順子は首をかしげ汗でぬれた揉み上げを掻きあげ、イヤホンを耳につけた。
「、、、、」

人妻斬り

タイトル:人妻イカセまくり調教

女  優:前田 美保

キーワード:洗い物/キッチン/オナニー

←クリックで「人妻斬り」へ

 
5.操作

 何時もより早く家事を終わらせ、順子は公園に向かい歩きだした。
目深に被ったキャップと大きめの白いTシャツ。
少し濃いめの口紅が順子を俯き加減にさせる。
傍から見ればその変化には気付かないくらいの濃さでも、順子には背徳感のようなものを感じさせる。
少し早い時間のせいか、公園ですれ違う人達の顔ぶれも違っていた。
順子は汗で張り付くTシャツを不快に思いながら、コースを歩いて行く。
手に持った小さな物の存在感が膨れ上がり、胸のドキドキが止まらない。
ウォーキングコースを1周し、何時も通り公園の外へ向かう。
「、、、」
無言で立ち止まった順子は顔をあげ、コースに戻り歩き始めた。
手にした物が汗で濡れないように、首に巻いたタオルで包む。
背後からの足音に胸を高鳴らせ、無言で追い抜かれて溜息をつく。
そんな事を繰り返し歩くうちに、雨宿りをしたベンチが視線に映った。
誰も居ないベンチに落胆し通り過ぎようとした時だった。
「こ、、こんにちは!」
順子が振り向く間もなく、こんにちはの男が走りぬけてゆく。
「あっ、、あの!すいません!!」
思わず上げた自分の声の大きさに恥ずかしさを感じながら順子は男の背中を見つめた。
「えっ、、、」
男は止まりその場で掛け足をしながら順子に顔を向ける。
「あっ、、あの、、、昨日頂いたこれなんですけど、、、」
順子はタオルにくるまれた物を男に差し出した。
「えっ?」
「あっ、、すいません。あの、、i、、、」
順子は慌ててタオルからiP○dを取り出し、男に見せた。
「あぁ、遠慮しないでください」
そう言いながら立ち去ろうとする男に、順子は再び声を掛けた。
「そ、、そうじゃなくて、、、どうやって良いのか解らなくて、、、、」
恥ずかしそうに俯く順子に男が近づいてくる。
「えっ、、じゃあ、聞いてないんですか?」
「はい、、、どうしたらいいか分からなくて。どこを押しても動かないし、、、」
「壊れてないはずだけどな、、、」
男と正対し順子はさらに俯きながら、iP○dを男に差し出した。
「昨日寝る前に、少しいじったんだけど、、、」
「あぁ、、、これですよ、、、」
男はiP○dの小さなスイッチを動かし、ボタンを押した。
「誤作動防止の、、、ロックが此処についてるんですよ」
男は小さなスイッチを指差し、微笑んだ。
「こんなところにスイッチが、、、気付かなかった、、、」
順子は小さなスイッチを見つめ、手渡されるままiP○dを受け取った。
「あと解らない事はありませんか?」
「えっ、、、再生はどうすれば、、、?」
「、、、、」
一瞬の沈黙の後男が笑い始めた。
「ははは!もしかして機械音痴ってやつですか?」
順子は恥ずかしさに顔を真っ赤にしながら、頬を膨らませた。
「そうです、、、」
「あっ、いや、馬鹿にした訳じゃなくて、、、」
男は頭を掻きながら、くるっと周囲を見渡した。
「ここじゃ目立ちますし、あそこのベンチで説明しますよ」
そう言いながらベンチに向かって歩く男の後に順子は続いた。
男の座った横に順子も座り、iP○dを男に手渡す。
「基本的な操作は、、、、」
順子は男の説明を聞きながら、コクコクと首を振った。
「じゃあ、やってみてください」
突然男にiP○dを手渡され、順子はiP○dから男に視線を向けた。
「私が、、、ですか、、、?」
「ははは、だって、自分で操作できないと聞けませんよ」
男がカラカラと笑い声を上げた。
「そうですよね、、、」
順子は首をかしげ汗でぬれた揉み上げを掻きあげ、イヤホンを耳につけた。
「、、、、」
無言で見つめる男の視線を無視し、男の説明通りに再生ボタンを押した。
「、、、あっ!聞こえた!」
ぱっと顔をあげ嬉しそうに男に向かった。
「で、このボタンが早送りで、、これが巻き戻し、、、と」
微笑みながら順子を見つめる男に、順子も笑顔を見せた。
「で、テープっていうか、、、曲はどうやって入れれば、、、」
「パソコンからですが、、、出来ます?」
「パソコン、、、、ですか、、、」
順子は腕を組んで黙り込んだ。
「も、、もし良ければ、好きな曲を言ってくれれば私が入れますよ」
「えっ、、、そんな、、、」
「大丈夫ですから、、、じゃっ、私はこれで、、、」
男はすっと立ち上がりコースに向かった。
「あ、ありがとうございました」
順子もあわてて立ち上がり頭を下げた。
笑いながら手をあげ走りだす男にもう一度頭を下げ、順子もコースに戻った。

6.妄想と現実

「はっはっはっはぁぁっ、、、」
清は慌ててドアを開け玄関に駆け込んだ。
全身から吹き出る汗を流し、高ぶった心を落ち着けようと浴室に向かう。
公園から自宅兼オフィスとして使ってるマンションまで全速で駆けてきた。
ランニングパンツの上からもはっきりと昂ぶりが見えて解る。
べた付くウェアーを脱ぎ棄て、清は水を頭からかぶった。
冷たい水が体から熱を奪っていくのが心地よい。
目を瞑ったまま顔をあげ冷たいシャワーを浴びる。
白いTシャツが張り付いた躰。
照れくさそうに微笑む顔。
白い肌が運動でほのかに赤くなったうなじと耳元。
冷たいシャワーの中で昂ぶりだけが熱く上を向いている。
「、、、、どうしようもないだろ?」
溜息を付きながら昂ぶりに話しかけ、清はシャワーを後にした。
「あのままあそこに居たら、変態だと思われたぞ」
腰に巻いたバスタオルを押し上げるモノに話しかけソファーに座った。
「ふぅ、、、、仕事するか、、、」
着替えを済ませると、清はPCを立ち上げ仕事に取り掛かった。
「、、、、、」
カタカタとキーボードを打つ音が時折止まり、溜息が部屋に響く。
「、、、、」
白い指が、色立つようなうなじが次々と思い出される。
「、、、あぁ!もう!どうすりゃいいんだよ!!」
清は椅子から立ち上がり、脈を打つ昂ぶりを憎々しく睨んだ。
そして溜息を付き、ソファーに腰を降ろす。
「そうだよな~最近は充電ばっかりで、してないもんな、、、」
女っけの無い部屋を見渡し、清は小さく声を上げた。
「あっ、、、もしかして、、、」
清はパソコン等の機器の箱を押し込んでいるクローゼットをひっくり返しだした。

「こんにちは!今日も暑いですね!」
清は順子の体の線を目に焼きつけながら、その横を追い抜いた。
「こんにちは」
後ろからの声に振り向かず、落胆を隠しながら走り続ける。
諦めかけていた4日目に清は再び順子に向き合い立っていた。
「あの、、、また動かなくなって、、、」
「えっ、また?ちょっと良いですか?」
清は昂ぶる鼓動を抑えながら差し出されたiP○dを手に取った。
  ”良し…思ったとおり…”
「あぁ、充電切れですよ。ほらこのマークが、、、」
順子が覗きやすくするようにiP○dを傾ける
「あっ、、、これですか、、、」
覗きこむ順子の白いうなじが目の前でゆれ、汗に交じった女の匂いが立ち上る。
「そう言えば充電器はお渡ししてませんでしたね」
「えぇ、、でも、、充電機なら買えば良いから、、、」
顔を上げた順子に平静を装いながら、清は言葉を遮った。
「充電器余ってますから、それに、取り寄せになると時間もかかりますよ」
「でも、、、そこまでご迷惑を、、、」
「良いですよ。家に充電機だけあっても使いようがないですし」
清はにっこりとほほ笑み、iP○dを順子に手渡した。
「家すぐそこなんです。もし良ければ、今から充電器取ってきますけど」
清はマンションのある方を指差し、順子に背を向けた。
「でも、ご迷惑じゃ、、、」
「迷惑なんて、、あっ、、、急ぎの仕事入っていたんだ、、、」
「、、、、」
「もし良ければ、一緒に行ってもらえれば、すぐお渡しできますが、、、」
「一緒に、、、?」
「ええ、すぐそこですから」
清はにこりと笑いマンションに向かい歩き始めた。

←前を読む  続きを読む→  それとも、「エッチな0930」へ?「人妻斬り」へ?

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ : 18禁 人妻小説
ジャンル : アダルト

おもちゃ:大人のおもちゃ通販 さくら                
感謝です。相互リンク集

 【相互リンク集です!相互リンクして下さる方募集中!】


官能小説を読むことが出来ます。 
官能文書わーるど 人妻官能セレクション 新・SM小説書庫 月夜桃花の物語 月夜桃花の夜伽話花 
wonbat花 ライトHノベルの部屋花 18夏花 mikikoroom花 変態小説花
・詩(うた)と小説で描く「愛の世界」
・柿の種研究所 近親・寝取られ体験談
・本当に淫らな人妻たち
・性犯罪白書

官能小説等を検索できます。
カオスパラダイス花 カウントダウンアダルトランキング アダルトマニア倶楽部花 アダルトノベルサーチ花 Hな読み物の館花 MEGURINET花 adultsearch花 本ナビ花 官能小説どっとcom花 
官能小説の館花 アダルトhummer花

動画や画像を見ることが出来ます。
厳選美少女花 女尻穴花
人妻動画隊
・民家 盗撮動画~ハリネーター
・女子高生制服画像個撮モデル
・エログ大団円
・えっちな人妻動画ブログ
・ふりムビ!

その他です。駄文同盟.comが凄い!
駄文同盟.com 貴女のおもちゃ アニメ・エロゲがいっぱい!  アダルトブログランキング【エログなブログ】 
アダルト検索一発サーチ  

姉妹サイト(無料動画)
やっぱり人妻が良い? それとも たまにはアニメでも?
 
ページ下動画

 【気まぐれ更新、ページ下動画始めました!】


小説では物足りない!!って人の為のちょこっと動画です。

[高画質で再生]


ピンキー

タイトル:人の妻~恥じらう横顔~ 

女  優:素人

キーワード:羞恥/貧乳/電マ/中だし

コメント:恥じらう姿が、可愛い奥様です!
少しずつ、大胆になっていって・・・

←クリックで「ピンキー」へ

コメントの投稿

非公開コメント

Language
プロフィール
今迄の観覧者数:
現在の閲覧者数:

aiuegon

女尻穴の変態紳士さんから頂きました。
エロ過ぎで、感謝です(;;)

Author:aiuegon
足を運んで頂き有り難う御座います。
人妻!人妻!人妻!では、
自作の人妻小説を公開してます。



貴方のクリックをお願いします。m(_ _)m
Tree-LINK リンク集



アクセスランキング
最新記事
カテゴリ
流石はプロ作家!
電子書籍なので、バレずに安心




メールフォーム
リンクして下さる方、リクエスト等こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー置き場
人妻!バナーです。
相互リンクして頂ける方、募集中です。
ぜひご連絡下さい。
88×31のバナーです
人妻人妻8831

80×80のバナーです
人妻人妻8080

200×40のバナーです
人妻人妻20040

リンクの際にご利用下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。