FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【aiuegonからのお知らせです】


・2009年8月30日 サイト公開
・2011年1月15日 『官能小説 HappyLife』リンク追加しました。恋愛、痴漢、性奴隷、、魅力的な小説ばかりです。
・2012年5月20日 社宅と携帯新連載です。遅筆…申し訳ありません。
・2012年5月20日 『凛 騎 応 変!』リンク追加しました。ご近所の秘め事。良い響きですね、ご一読する事をお勧めします^^
・2012年6月2日 社宅と携帯 その2更新しました。
・2013年10月20日 社宅と携帯 その3ようやく更新しました。



yumibana
ゆみさんの奇麗な写真とコメントが素敵です。是非お立ち寄りください。”人妻ゆみ~淫夢に弄ばれて” 
  ゆみさんの写真と、aiuegonの小説が合体しました!淫靡で素敵な大人の紙芝居です。



東日本大震災で被災された人々に、心よりお見舞い申し上げます。私も福島で被災しました。
みんながんばれ!がんばれ東北!がんばれ日本!

 

官能文書わーるど花  エロ比較花   18禁オーナーの社交場   凛 騎 応 変!
  wonbat花

18禁オーナーの社交場

 ↓↓↓小説一覧です。各第一話にリンクしております。↓↓↓ 
短めの小説:3~5分位の読み切りです。 長めの小説:ゆっくりとお読み下さい。
人妻不倫旅行 完結 魅惑のM妻 第1章完
色白人妻の野外露出 完結 不倫と人妻とお尻
ナンパされた人妻 完結 美人市議の受難
人妻の保険勧誘員 完結 幼稚園ママ 
美人インストラクター陵辱 完結 被虐の美人市議
露出願望の人妻 完結 ママで妻で女で
日焼けの奥様と不倫 完結 逝けない人妻
人妻セックス奴隷 完結 待つ人妻、単身赴任の夫
人妻とエステ 午後の癒し UP! 痴漢と人妻
密室シリーズ up 覗き見 隣の人妻
未定 未定 働く人妻とSM
未定 未定 上司と人妻とセクハラ
未定 未定 携帯電話と人妻
未定 未定 初めての同窓会
未定 未定 主婦と中学生
未定 未定 女教師と同僚
未定 未定 ウォーキング
未定 未定 社宅と携帯 up!


女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

女教師と同僚 その7

エッチな0930

タイトル:主婦の肉欲解放

女  優:嶋田 智里

キーワード:クンニ/69/パイズリ/中だし

←クリックで「エッチな0930」へ


「きゃあっ!!なっ、、!!」
聡美は机の上に広げられたプリントに覆い被さり、斉木の視線を遮った。
「なっ、、どうして、、!?」
斉木が口元に笑みを浮かべ、わざとらしく首を傾げた。
「まさかとは思ったんですがね、、、、」
机に臥せ、聡美の突き出たお尻を無遠慮に斉木は見つめる。

ピンキー

タイトル:不幸な人妻の最終手段

女  優:宏美

キーワード:電マ/ローター/貧乳

←クリックで「ピンキー」へ

 
木暮 聡美:教師 28歳
木暮 忠彦:教師 32歳

佐々木 誠:高校生 15歳

斉木 剛志:同僚教師 42歳
松山 修 :副担任  52歳

*登場人物、内容はフィクションです。

13.揺さぶり

「きゃあっ!!なっ、、!!」
聡美は机の上に広げられたプリントに覆い被さり、斉木の視線を遮った。
「なっ、、どうして、、!?」
斉木が口元に笑みを浮かべ、わざとらしく首を傾げた。
「まさかとは思ったんですがね、、、、」
机に臥せ、聡美の突き出たお尻を無遠慮に斉木は見つめる。
「だ、、誰なんですか!?」
聡美はプリントをかき集め、体を起こし真っ赤な顔で斉木を睨んだ。
「こ、、こんな写真、、、盗撮じゃないですか!」
「そんな事より、神聖な学校でオナニーする聡美先生がふしだら何じゃないんですか!?」
「えっ、、、そ、、、」
「盗撮は悪くて、学校でのオナニーは良いんですか!?」
「そ、、それは、、、、」
口ごもり小さくなる聡美に斉木が一歩踏み出した。
「今だって、ノーパンでローターくわえこんでるくせに!」
斉木の声が一段と大きくなり、さらに一歩近づいてくる。
「なっ、、ど、、、」
聡美は斉木から後ずさりながら、混乱した頭を横に振った。
「いやらしい匂いがぷんぷん漂ってますよ、、、」
にやっと口元を歪ませ、斉木は素早く聡美のポケットに手を突っ込んだ。
「きゃっ!いやっ!!何するんですか!!」
斉木の手を掴み払おうとしたが、斉木はポケットの中から丸められた物を手に得意げに笑った。
「ほ~ら!これは何ですか?」
聡美に見せつけるように両手で大きくショーツが広げられる。
「いや!止めて下さい!!」
奪い返そうとする聡美をあしらい、斉木はショーツに鼻を擦り付けた。
「あぁ、、いやらしい匂いがする、、、」
犬のように鼻を鳴らし、斉木は大きく息を吸い込む。
「止めて!返して下さい!!」
聡美は斉木に飛びかかり、無理矢理ショーツを奪い返した。
「どうして、、どうして斉木先生が、、、?」
手にしたショーツを丸め手の平に握りしめながら、聡美は斉木を睨み付けた。
「いい匂いだったのに、、、」
斉木は名残惜しそうに呟きながら、自分のポケットに手を突っ込んだ。
「いやぁ、こっちのはだいぶ汚れちゃって、匂いも消えちゃったから、、」
そう言いながら、二ヶ月前に聡美が落としていったショーツを広げた。
白かったショーツは所々黄色く染みが広がって、以前の面影は無くなっていた。
「えっ、、、あっ!!!」
「思い出しました?二ヶ月前偶然此処で拾いまして」
ニヤニヤと笑いながら斉木は聡美の顔の前で、黄ばんだショーツをヒラヒラと動かす。
聡美は顔を背けショーツから目を逸らし、唇を噛み締めた。
「随分とお世話になってる内に、匂いも味もしなくなって、、、」
残念そうに顔を曇らせ俯いた斉木だったが、満面の笑みを浮かべ顔を上げ聡美を見つめた。
「でも、もう良いんだ~」
満面の笑みを聡美の顔に近づけ、斉木は言葉を続けた。
「どうしてかって?だって~こんなショーツより、、、本物が居るんだも~ん!」
斉木が声を上げて笑い出す。
「なっ、、、そんな事!いい加減にして下さい!!」
聡美は醜く笑い声を上げる斉木に声を荒げ、教室から立ち去ろうと背を向けた。
「良いんですか写真?」
「結構です!警察に訴えますから!」
聡美は立ち止まり、振り向いた瞬間斉木に抱き付かれていた。
「いやぁ!!何するの!!離して!!!」
「ノーパンで玩具くわえながら澄ましてんじゃないよ!」
斉木は聡美を抱きかかえながら強引にスカートを捲り上げた。
斉木の荒い息が耳元に吹き掛かり、おぞましさに身の毛がよだった。
「いやっ!止めて!!離して!!」
「佐々木だと思ったんだろ?佐々木誠だと思ってノコノコ来たんだろ?」
「えっ!そんな事、!!」
誠の名前に一瞬体の動きが止まる。
「佐々木誠だと思って濡らして待ってたんだろ?聡美先生は教師失格だ!」
無言のまま動きを止めた聡美に斉木がさらに追い打ちを掛けた。
「生徒のリップクリームをアソコに入れて、生徒の机の角でオナニーして、生徒を想ってマ○コを濡らしたのは誰だ!?」
「あぁ、、違う、、違うんです」
「違う?授業中にスカートまで濡らす教師が何処にいる?」
「そんなこと、、」
「さっきまでいやらしい顔して待ってたじゃないか」
「いやっ、、違うんです、、、、」
「違う?じゃあこれは何なんだ!?」
斉木は聡美の股間に延びる白く細いコードを強引に引っぱり出した。
「きゃっあぁぁっ、、!」
小さなモーター音を響かせ、ピンク色のローターが秘裂から引き抜かれる。
動きを止めた聡美から腕を放し、斉木はローターをスカートから抜き出した。
「こんなに濡らして、、何が違うっていうんだ?」
プルプルと震えるローターを聡美の顔の前で、振り子のように揺らす。
斉木は真っ赤な顔を背ける聡美の腕を掴み、強引に振り向かせた。
「聡美先生ってエッチなんだな」
赤い顔で睨み付ける聡美と視線を合わせながら、斉木はローターをゆっくりと持ち上げた。
「こんなに濡らして、、、、」
顔を上げ持ち上げたローターに舌を突き出した。
「なっ、、止めて下さい!!そんな汚い!!!」
動揺する聡美を横目に斉木の舌がローターに触れ、絡み付いた。
「いやらしい味がする、、」
「いやぁぁぁっ!止めて!!!」
暴れ出した聡美を掴んだ腕で押さえ付け、見せつけながら斉木はローターを口に含んだ。
「いやっいやぁぁぁぁ!!」
口の中で震えるローターを舌の上で転がし、ゆっくりと口から引っぱり出す。
愛液に変わり唾液が糸を引き斉木の口からローターが現れた。

14.教室オナニー

「聡美先生はいやらしい味なんだね」
斉木が口元を拭いニヤリと笑いかける。
「どうして、、、こんなこと、、、」
「どうして?聡美先生がいやらし過ぎるからですよ」
「どうすれば、、どうすれば許してくれるのですか?」
今にも泣きそうになりながら聡美は斉木に問いかけた。
「そうですね、、、じゃあ、この前のようにそこでオナニーして見せて下さい」
「そっそんなこと出来るわけ無いじゃないですか!」
「出来ない?何時もやってる事でしょ?」
斉木が声を荒げ、誠の机まで聡美の腕を引いた。
「ほら、机の上に座って!足を広げてオナニーするんだよ!」
「そんなこと、、出来るわけ、、、」
聡美はいやいやと首を振りながら机の横に立ち尽くした。
「何時もやってるんでしょ?トイレじゃ我慢できなくて、教室でするんでしょ?」
「、、、、」
「見ててあげるから、、、聡美先生っ」
斉木が隣の椅子に座り、立ち尽くす聡美を見上げる。
「早くしないと誰か来ちゃうよ?」
  ”そこは・・・先輩の席・・・”
先輩とも誠とも、似ても似つかない醜悪な男が、先輩と同じように聡美を煽る。
「で、、出来ません、、、」
俯く聡美を斉木が下から覗き込む。
「出来ないって、ノーパンでやる気満々じゃない」
「そ、、それは、、、」
トクンと鼓動がなった。
「聡美先生、何足を摺り合わせてるの?」
「えっ、、そんなこと、、、」
「くくくっ、、、ほら、そこに座って、、」
斉木がトンと聡美を押し、聡美は机に寄りかかるようにお尻を預け両手を後ろに付いた。
斉木の舐めるような視線が聡美の躰を行き来する。
  ”先輩じゃない・・・先輩じゃないのに・・・”
「オナニーが出来たら写真は全部返すから、ほら、早く」
「そんな、、、」
「その辺に置き忘れても良いんだけど?」
「そんな困ります!」
「だったら、早く」
斉木が貧乏揺すりをしながら、机の上をトントンと指で叩いた。
「わ、、解りました、、、」
「良し。じゃあ初めだけ手伝ってあげる」
にやっと笑った斉木が椅子から身を乗り出し、聡美のスカートに腕を伸ばした。
「っっ、、、、」
「そうそう、逆らったってしょうがないからね~」
ゆっくりとスカートが捲り上げられ、聡美は恥ずかしさと屈辱に顔を背けた。
太股を閉じる足に力を入れ、徐々に晒されていく感覚に身の毛がよだった。
「結構濃いんだね、、、」
捲り上げたスカートの奥を覗き込みながら、斉木が上擦った声をあげた。
「足を広げて、良く見せて、、、」
「あっ、、いやっ、、」
汗ばんだ斉木の手が太股に触れ、聡美は思わず声をあげた。
「ホントに、、ホントに返してくれるんですか?」
「ええ、、、本当です、、、」
上の空で答える斉木に押し切られるように、聡美は足の力を抜いた。
ゆっくりと足が押し広げられ、秘裂が新鮮な空気に触れる。
「っ、、、」
恥ずかしさに顔を歪め、斉木の成すがまま聡美は机に腰を掛けた。
「おぉぉっ、、聡美先生の生マ○コ、、、」
斉木はさらに足を押し広げ、聡美の秘裂に釘付けになった。
生暖かい荒い息が秘裂に掛かる。
「ほら、、これ、、これで、、、」
斉木が誠の机の中からリップクリームを取り出し、興奮した顔を聡美に見せた。
「そ、、それは、、、」
「聡美先生の大好きなリップクリームですよ、、、」
「、、、っぁっ、、んっ」
斉木は無遠慮にリップクリームをクリトリスに押し付けてくる。
「ふふっ、、ふふふっ、、、」
「んっ、、、っ、、、」
「聡美先生どうですか?佐々木誠のリップクリームの味は、、、」
「いやっ、、、」
「此処も、、、此処も塗らないと、、、」
取り憑かれたように斉木はリップを塗りたくり、最後に満足げにそのリップを自分の唇に当てた。
「いやっ、、そんな、、、」
「さぁ、準備は出来ましたよ、、、」
リップクリームのヒリヒリとした刺激が秘裂を覆う。
聡美は目を瞑り、右手を秘裂に沿わした。
「んっ、、、あぁっ、、、」
「、、、、、」
「あぁん、、、ああっぁん、、、」
「、、、、、、、」
「あぁぁん、、、んんあぁっ、、、」
「、、、止めろ」
「えっ、、、」
「そんな、見せかけのオナニーショーなんて見たくない」
斉木の言う通り、感じるわけもなく、リップの刺激さえ苦痛だった。
「今直ぐ犯してやっても良いんだぞ、、、」
「どっ、、どうすれば、、、」
斉木が椅子から腰を上げ、聡美の足の間に立った。
「いやっ、、それだけは、、、」
ファスナーに手を掛け、パンツから肉棒が引き出された。
赤黒く極端に左に曲がった大きなペニスが聡美の視界に写った。
「ぁっ、、、!」
「濡れてないマ○コに入れると大変なことになるぞ、、、」
斉木が右手でペニスを擦りながら、秘裂を覆う右手に先端をあてがった。
「あぁっ、、します、、、きちんとしますから、、、」
聡美はいやいやと首を振り、右手を動かし始めた。
「胸も露出させな」
「えっ、、あっ、、はい、、、」
聡美は言われるがままブラウスを捲りブラをづり上げた。
「ぁぁぁっ、、、」
「それから、さっき脱いだパンツを」
斉木が顔の前に手を突き出し、広げた手を上下に動かした。
「、、、はぃ」
聡美はこの異常な状況から早く脱したい思いで、ショーツを斉木の手に乗せた。
「よし、、じゃあ本気のオナニーをするんだ」
斉木はファスナーからペニスを突き出したまま、元の椅子に座り直した。
「、、、、、っ」
  ”大きい・・・それに凄く曲がってる・・・”
「んっ、、、ぁぁぁっ、、、」
  ”ドクドクって・・・脈打ってる・・・”
「っぅ、、、あぁぁぁっ、、んんっ、、、」
  ”えっ!・・・ショーツの匂い嗅がれてる・・・”
「ぁぁぁっっ、、ぃやぁぁぁぁっ、、、んんっぅ、、」
  ”見られてる・・・見られてる・・・・”
「あぁぁっぁっ、、んんっぅぁぁっぅ、、、ぁぁぁっ、、、」
「ん?だいぶ良くなってきたか?」
「あぁっぁぁぁぅっ、、んんっっぁぁぁっ、、あっぁぁっっぁ、、、」
先程まで苦痛だったリップの刺激が甘い感覚に変わっていく。
ゆっくりと扱く、大きく曲がったペニスから視線が釘付けになる。
「あぁっぁぅっ、、ぁっぁぁぁっ、、んんっぁぁぁっ、、」
愛液が染み出し始めた秘裂が湿った音を立て始めた。
「んっ、、あぁぁぁぁぅっ、、んんっっ、、あぁぁぁっ、、」
「いやらしい格好してオナニーするんだな」
「いやぁぁぁ、、言わないで、、言わないで下さい、、、」
「濡れてきたんじゃないか?見られて感じてるんだろ?」
「そんな、、あぁっぁっ、、そんなこと、、んんんっ、、」
「クチュクチュといやらしい音してるじゃないか」
「あぁっぁぁっ、、んんっっ、、ぁぁぅっ、、」
頭を振り否定するほど、愛液が溢れだし指を濡らしていく。
「あっぁぁぁっ、、んんんっっ、、あっぁぁぅっ、、」
「指だけじゃ物足りないだろう?これ使って、オナニーするんだ」
斉木が差し出したローターを受け取り、聡美は躊躇いながらも秘裂に当てた。
スイッチの入っていないローターが秘裂を押し広げ、飲み込まれていく。
「んんんっ、、、くぅっ、、あぁぁあぁぁっぁっ!」
その途端、斉木によってローターが秘肉の中で暴れ出した。
「あぁぁっぁぁっ、、あぁっぁぁぁあっぁっ、、、」
聡美の声が教室に響き渡る。
「そんなに大きな声出したら、誰か来るかもよ」
先輩がよく言った台詞を、斉木が吐いた。
「あぁっぁぁぁぁっ、、いやぁぁっぁあぁぁっ、、、」
「凄い濡れ方だな、、聡美は変態だ、、」
「あぁっっぁぁぁっ、、、言わないでぇ、、、あぁぁっぁっぅぅ、、」
聡美はローターを押し込むように、秘肉に指を沈め掻き回し始めた。
「あっぁぁっぁぁぁっ、、奥で、、あぁぁっぁぁぁ、、奥に当たってる、、、」
「あぁぁぁぁっだめぇっ、、ダメダメダメ、、ああっぁあぁっぁっぁぁぁっっっ!!」
聡美の中で何かが弾け飛んだ。

←前を読む  続きを読む→  それとも、「エッチな0930」へ?  「ピンキー」へ?

スポンサーサイト
[PR]
[PR]

テーマ : 18禁 人妻小説
ジャンル : アダルト

おもちゃ:大人のおもちゃ通販 さくら                
感謝です。相互リンク集

 【相互リンク集です!相互リンクして下さる方募集中!】


官能小説を読むことが出来ます。 
官能文書わーるど 人妻官能セレクション 新・SM小説書庫 月夜桃花の物語 月夜桃花の夜伽話花 
wonbat花 ライトHノベルの部屋花 18夏花 mikikoroom花 変態小説花
・詩(うた)と小説で描く「愛の世界」
・柿の種研究所 近親・寝取られ体験談
・本当に淫らな人妻たち
・性犯罪白書

官能小説等を検索できます。
カオスパラダイス花 カウントダウンアダルトランキング アダルトマニア倶楽部花 アダルトノベルサーチ花 Hな読み物の館花 MEGURINET花 adultsearch花 本ナビ花 官能小説どっとcom花 
官能小説の館花 アダルトhummer花

動画や画像を見ることが出来ます。
厳選美少女花 女尻穴花
人妻動画隊
・民家 盗撮動画~ハリネーター
・女子高生制服画像個撮モデル
・エログ大団円
・えっちな人妻動画ブログ
・ふりムビ!

その他です。駄文同盟.comが凄い!
駄文同盟.com 貴女のおもちゃ アニメ・エロゲがいっぱい!  アダルトブログランキング【エログなブログ】 
アダルト検索一発サーチ  

姉妹サイト(無料動画)
やっぱり人妻が良い? それとも たまにはアニメでも?
 
ページ下動画

 【気まぐれ更新、ページ下動画始めました!】


小説では物足りない!!って人の為のちょこっと動画です。

[高画質で再生]


ピンキー

タイトル:人の妻~恥じらう横顔~ 

女  優:素人

キーワード:羞恥/貧乳/電マ/中だし

コメント:恥じらう姿が、可愛い奥様です!
少しずつ、大胆になっていって・・・

←クリックで「ピンキー」へ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Language
プロフィール
今迄の観覧者数:
現在の閲覧者数:

aiuegon

女尻穴の変態紳士さんから頂きました。
エロ過ぎで、感謝です(;;)

Author:aiuegon
足を運んで頂き有り難う御座います。
人妻!人妻!人妻!では、
自作の人妻小説を公開してます。



貴方のクリックをお願いします。m(_ _)m
Tree-LINK リンク集



アクセスランキング
最新記事
カテゴリ
流石はプロ作家!
電子書籍なので、バレずに安心




メールフォーム
リンクして下さる方、リクエスト等こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー置き場
人妻!バナーです。
相互リンクして頂ける方、募集中です。
ぜひご連絡下さい。
88×31のバナーです
人妻人妻8831

80×80のバナーです
人妻人妻8080

200×40のバナーです
人妻人妻20040

リンクの際にご利用下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。