FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【aiuegonからのお知らせです】


・2009年8月30日 サイト公開
・2011年1月15日 『官能小説 HappyLife』リンク追加しました。恋愛、痴漢、性奴隷、、魅力的な小説ばかりです。
・2012年5月20日 社宅と携帯新連載です。遅筆…申し訳ありません。
・2012年5月20日 『凛 騎 応 変!』リンク追加しました。ご近所の秘め事。良い響きですね、ご一読する事をお勧めします^^
・2012年6月2日 社宅と携帯 その2更新しました。
・2013年10月20日 社宅と携帯 その3ようやく更新しました。



yumibana
ゆみさんの奇麗な写真とコメントが素敵です。是非お立ち寄りください。”人妻ゆみ~淫夢に弄ばれて” 
  ゆみさんの写真と、aiuegonの小説が合体しました!淫靡で素敵な大人の紙芝居です。



東日本大震災で被災された人々に、心よりお見舞い申し上げます。私も福島で被災しました。
みんながんばれ!がんばれ東北!がんばれ日本!

 

官能文書わーるど花  エロ比較花   18禁オーナーの社交場   凛 騎 応 変!
  wonbat花

18禁オーナーの社交場

 ↓↓↓小説一覧です。各第一話にリンクしております。↓↓↓ 
短めの小説:3~5分位の読み切りです。 長めの小説:ゆっくりとお読み下さい。
人妻不倫旅行 完結 魅惑のM妻 第1章完
色白人妻の野外露出 完結 不倫と人妻とお尻
ナンパされた人妻 完結 美人市議の受難
人妻の保険勧誘員 完結 幼稚園ママ 
美人インストラクター陵辱 完結 被虐の美人市議
露出願望の人妻 完結 ママで妻で女で
日焼けの奥様と不倫 完結 逝けない人妻
人妻セックス奴隷 完結 待つ人妻、単身赴任の夫
人妻とエステ 午後の癒し UP! 痴漢と人妻
密室シリーズ up 覗き見 隣の人妻
未定 未定 働く人妻とSM
未定 未定 上司と人妻とセクハラ
未定 未定 携帯電話と人妻
未定 未定 初めての同窓会
未定 未定 主婦と中学生
未定 未定 女教師と同僚
未定 未定 ウォーキング
未定 未定 社宅と携帯 up!


女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

女教師と同僚 その6

エッチな0930

タイトル:玉舐め妻

女  優:嶋田 智里

キーワード:クンニ/バイブ/バック/中だし

←クリックで「エッチな0930」へ


秘肉に忍ばせた指に掻き出される愛液が、お尻の穴を伝い落ちた。
「あぁっぁっぅ、、いぃぃっっ、、、いぃぃぃっっ、、、」
子宮が熱くなり、聡美は秘肉を掻き回す指を2本に増やした。
「あぁっっっ、、、、ぅぅぅっっ、、あぁぁぅぁっ、、」
白い胸に指が食い込み、開いた脚がガクガクと震える。

人妻斬り

タイトル:敏感肉壺

女  優:桜井 千穂

キーワード:電マ/おもらし/顔射

←クリックで「人妻斬り」へ


 
木暮 聡美:教師 28歳
木暮 忠彦:教師 32歳

佐々木 誠:高校生 15歳

斉木 剛志:同僚教師 42歳
松山 修 :副担任  52歳

*登場人物、内容はフィクションです。

11.自慰残業

 斉木が聡美を追い初めて2か月程が過ぎ、夏休みが目前に迫っていた。
斉木も常に聡美を追いかける訳にもいかず、また、学校という場所柄盗撮カメラを不用意に仕掛けることが出来ずにいた。
そんな土曜日の放課後だった。
生活指導室から戻った職員室で一人、聡美が物思いにふけった顔で机に向かっていた。
「お疲れ様で~す」
斉木は何食わぬ顔で聡美に声を掛け、自分の机に座った。
「あっお疲れ様です」
「他の、、、先生は、、、?」
斉木は職員の行動予定表を見ながら、聡美に聞いた。
「部活の先生がまだ、、、あとは皆さん帰られましたよ」
聡美が斉木に振り向きながら答える。
「そうですか、小暮先生はまだ仕事ですか?」
「えぇ、まだ、、、」
聡美は机の上のプリントを見つめ溜息を吐いた。
「そうですか、じゃぁ、私は帰りますよ。あまり無理しないで下さいね」
斉木はこくりと肯く聡美を残し職員室を後にした。
玄関を通り過ぎ、遠回りをして生活指導室に急ぎ足で向かった。
生活指導室の鍵を閉め、引き出しの中から封筒を取り出した。
スカートに染みを作って以来、聡美は校舎内での自慰をせず、斉木は高感度ビデオに収めることが出来ずにいた。
斉木は聡美を落とすための機会を伺っていた。
「あの顔は、、、もしかしたら、、、」
斉木は壁に掛ったカレンダーを見つめ、にやりと笑った。
「くくくっ、、、長かった、、、」
斉木はビデオカメラとワープロで打ちだしたプリントを手に、急いで廊下に飛び出した。

「お疲れ様でした」
聡美は最後の職員を送り出し、机の上のプリントをトントンとまとめ時計に目をやった。
「、、、、」
そわそわと机の上を片づけ、職員室の窓から外を眺めた。
校門へ向かう職員の姿を見つめ、こくりと唾を飲み込みもう一度時計を見る。
  ”もう少しだけ・・・”
日の暮れた窓の外を見つめながら、聡美は自分を抱きしめるように腕をまわした。
10分が過ぎ誰も行きかわない事を確認し、聡美は静かに職員室を後にした。
欲求不満の解消の場として指定席になっている女子トイレの個室の鍵を閉め、聡美は大きく吐息を漏らした。
「あぁぁぁっ、、、、」
白いブラに包まれた胸の突起はすでに充血し、秘裂からは熱い蜜が漏れている。
聡美は肉体の欲望を開放するかのように、スカートをまくりあげショーツの中に手を潜り込ませた。
「んっ、、、あっぁあぁっぁぁっ、、、」
濡れた秘裂は容易に聡美の指を飲み込み、その刺激に聡美は躰を震わせる。
「あぁぁっ、、あぁぁぅ、、、いぃ、、気持ち良い、、、、、」
躰を預け寄りかかりったドアがキシキシと音をたて、聡美の快楽に呼応する。
白いブラウスの上からまさぐる胸がさらに刺激を欲しがった。
「んぁっぁっ、、っはぁぁっ、、、あぁっっ、、、」
震える足からストッキングごとショーツを脱ぎ去り、ブラウスのボタンを外しトイレに座った。
「んっぅぅっ、、、あぁっぁぁぁぁっ、、、」
トイレの個室で足を大きく広げ、ブラを押し上げ聡美は快楽を貪った。
目を瞑り、誠を想い、頭を振りながら秘肉を掻き回す。
「あぁっぁぁっっ、、いぃぃぃっ、、んんんっぅあぁぁぁっ、、、」
クチュクチュと湿った音がトイレに響き、聡美の声がそれをかき消す。
白いブラウスがだらしなく垂れ、スカートが腰にまとわりつく。
校舎での開放感が、聡美を燃え上がらせる。
「くぅんっ、、あぁっっ、、あぁぁんっ、、」
誰も居ないトイレで快楽の声を上げ、聡美は胸をまさぐり、秘肉を掻き回す。
秘肉に忍ばせた指に掻き出される愛液が、お尻の穴を伝い落ちた。
「あぁっぁっぅ、、いぃぃっっ、、、いぃぃぃっっ、、、」
子宮が熱くなり、聡美は秘肉を掻き回す指を2本に増やした。
「あぁっっっ、、、、ぅぅぅっっ、、あぁぁぅぁっ、、」
白い胸に指が食い込み、開いた脚がガクガクと震える。
「だめぇっ、、あっぁぁぁっ、、、いぁぁぁっっ、、、!」
熱くなった子宮が弾ける直前、聡美は足を閉じ快楽の波を受け止めようと躰を縮めた。
「あぁあぁぁっぁぁぁっっ、、、!!」
全身の筋肉が声と共に収縮し、聡美の中で熱い固まりが弾けた。
「ぁぁぁっ、、、あぁっ、、、、」
躰の力が抜け、聡美はかすむ目をゆっくりと開けた。
「あぁっ、、、こんな事、、、」
後悔と共に新たな欲望が、聡美を支配して行く。
「、、、、」
聡美は欲望を満たすため、震える足に力を入れゆっくりと立ち上がった。
その時、突然、トイレのドアが開く音が響いた。
「えっ、、、!?」
聡美は慌ててスカートを直し、はだけたブラウスの前を合わせた。
音を立てないように耳を澄ませ、体を強張らせ個室の鍵を確認した。
「、、、、、、あっ!」
足下のドアの隙間から、白い紙が差し込まれていた。
震える体を屈ませ、聡美はプリントを読み上げその場に座り込んでしまった。

12.淫らな休日出勤

 学校からどうやって帰ってきたか覚えてなかった。
遅い帰りに心配する忠彦を、疲れたからと言って聡美はベッドに潜り込んだ。
暗闇の中でプリントに描かれた文字が聡美の眠気を奪って行く。

”聡美先生ってエッチだね。

 僕のリップでいやらしいコトしたんだよね?

 凄くエッチな匂いがするから、我慢でき無くなっちゃったよ。

 明日の昼、教室で待ってるから”

名前も書いてないプリントが、聡美の後悔を増幅させる。

 ”佐々木・・・君・・・”

何度も寝返りを打ち、眠れないまま聡美は朝を迎えた。
まだ隣で寝ている忠彦を起こさないようそっとベッドから抜け出し、シャワーを浴びる。
体を温めるシャワーに包まれ、聡美は小さく溜息を吐いた。
バスタオルを巻リビングに現れた聡美を、あくびと共に忠彦が迎えた。
「おはよ~」
「あっ、おはよ、、、」
「昨日眠れなかったみたいだけど?」
忠彦が目を擦りながら聡美の顔を覗いてくる。
「えっ?」
「何度も寝返りしてたから、、、」
「あっあぁ、、仕事終わらなくて、、、考え事を、、、」
聡美は忠彦から目を逸らし、時計を見た。
「今日も学校行かないと、、、」
「えっ?そうなの?日曜日なのに、、、」
「ごめん、、、でも、明日までに出さないといけなくて、、、」
聡美は忠彦の顔を見ることが出来ず、頭を下げた。
「あぁ、、俺は大丈夫だけど、、聡美は大丈夫なのか?」
「えぇ、大丈夫よ」
作り笑顔を顔に浮かべ、聡美は支度をし家を出た。

 駅前の喫茶店で時間を潰し、聡美は12時少し前に校門をくぐった。
引き返さなくてはと言う想いと、誤解を解かなくてはと言う想いが交錯する。
重い足取りのまま、教室のドアの前に立った。
聡美は小さく唾を飲み込み、毅然とした態度で教室のドアを開けた。
「あ、、れ、、、?」
無人の教室に肩すかしを食らい、聡美は安堵と共に誠の机に向かった。
「あっ、、!」
机の上のプリントの文字に思わず声が出た。

”椅子の上の先生好きでしょ?

 それ付けて、ちょっと待っててよ。

 勿論、下着は脱いで待っててね。”

震える手でプリントを机の上に戻し、聡美は椅子の上に転がるピンク色のローターを見つめた。
「そんな、、、」
聡美は無人の教室を見渡し、呆然と立ち尽くした。
ローターを握りしめ、10分が経っても誠は現れない。
「どうして、、、、」
手の中のローターがツルツルと汗で滑る。
誠の意図が手の中で主張すると共に、下腹部がキュッと熱くなる。
  ”先輩・・・?”
思考が緩慢になり、想い出が甦る。
『はははっ、聡美、似合ってるぞ』
先輩と誠の顔が重なり、恥ずかしげに顔を背ける聡美に冷たい笑い声を掛けてくる。
「、、、、、、」
聡美は手にしたローターを見つめ、意を決してスカートの中にその手を忍ばせた。
「んっ、、、ぅっ、、、」
予想に反しすんなりと秘裂はローターを飲み込み聡美は恥ずかしさに顔を赤らめた。
「、、、、、」
教室を見渡し、聡美は素早くショーツを脱ぎポケットに丸め込んだ。
ローターが収まった秘肉は刺激を求め収縮を繰り返す。
聡美はスイッチが握られた汗ばむ手を、潤んだ瞳で見つめた。
「、、、、っあぁっ!」
我慢できずに入れたスイッチが、ローターを振動させ聡美の躰を跳ねさせた。
「んっ、、、、ぅっ、、、っ、、、」
くぐもったモーターの音が漏れ、聡美は誠の机に手を付き躰を支える。
「っ、、、んんっ、、、ぁぁっ、、、」
トイレを我慢するようにモジモジと躰がくねり、赤い顔を俯け誠を待った。

 ローターの振動に足が震え、全身がうっすらと汗を浮かべる。
秘裂から漏れる愛液が太股を伝い、擦らす膝まで垂れてくる。
一向に現れる気配のない誠を恨めしく想い、羞恥で躰が熱くなる。
静かにドアが開けられる音に、濡れた瞳を教室の入り口に向け聡美は顔を強張らせた。
「やぁ、木暮先生でしたか」
開かれたドアから斉木が笑いながら入ってきた。
聡美は慌てて机から体を起こし、斉木に向き直った。
「あっ、、斉木、、先生、、?」
「いやぁ、休みだって言うのに、悪ガキのせいで呼び出しですよ」
「そう、、なんですか、、っ」
「木暮先生こそ、どうしたんですか?」
斉木がズカズカと教室に踏み込み、聡美に近づいてくる。
「あっ、、ちょっと、、仕事が、、、」
「そうでしたか、ご苦労様です。あれ、、何か変な音しません?」
首を傾げながら斉木が、聡美の側で立ち止まった。
「それに、、、変な匂いも、、、」
聡美は斉木から顔を背けながら、一歩退いた。
「そっ、、そうですか、、、?」
「えぇ、、、まっ、それより聞いて下さいよ」
「えっ、、私ちょっと、、これから用事が、、、」
「まぁまぁ、そう言わずに、、、」
斉木が急に顔をしかめ、手にした封筒をパンと叩いた。
「女子トイレを覗いた生徒が居ましてね、、、」
聡美は昨日の出来事を思い出し、ビクッと躰を強張らせた。
「そうなんですか、、、っ」
聡美はまた一歩退き、斉木の顔に視線を向けた。
「えぇ、ホントにどうしようもないヤツで、、、」
斉木は茶封筒の中からゆっくりとプリントを取り出し、聡美と視線を合わせた。
「ほら、女子トイレでオナニーする聡美先生ですよ!!」
急に言葉を荒げ、聡美に見えるようにプリントを誠の机に投げ出した。
「えっ、、あっ、、きゃぁぁぁっ!」
机の上に散らばるプリントアウトされた画像に聡美は声を上げた。
そこにはトイレで脚を広げ、胸を晒しオナニーにふける自分が写っていた。

←前を読む  続きを読む→  それとも、「エッチな0930」へ?  「人妻斬り」へ?

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 18禁 人妻小説
ジャンル : アダルト

おもちゃ:大人のおもちゃ通販 さくら                
感謝です。相互リンク集

 【相互リンク集です!相互リンクして下さる方募集中!】


官能小説を読むことが出来ます。 
官能文書わーるど 人妻官能セレクション 新・SM小説書庫 月夜桃花の物語 月夜桃花の夜伽話花 
wonbat花 ライトHノベルの部屋花 18夏花 mikikoroom花 変態小説花
・詩(うた)と小説で描く「愛の世界」
・柿の種研究所 近親・寝取られ体験談
・本当に淫らな人妻たち
・性犯罪白書

官能小説等を検索できます。
カオスパラダイス花 カウントダウンアダルトランキング アダルトマニア倶楽部花 アダルトノベルサーチ花 Hな読み物の館花 MEGURINET花 adultsearch花 本ナビ花 官能小説どっとcom花 
官能小説の館花 アダルトhummer花

動画や画像を見ることが出来ます。
厳選美少女花 女尻穴花
人妻動画隊
・民家 盗撮動画~ハリネーター
・女子高生制服画像個撮モデル
・エログ大団円
・えっちな人妻動画ブログ
・ふりムビ!

その他です。駄文同盟.comが凄い!
駄文同盟.com 貴女のおもちゃ アニメ・エロゲがいっぱい!  アダルトブログランキング【エログなブログ】 
アダルト検索一発サーチ  

姉妹サイト(無料動画)
やっぱり人妻が良い? それとも たまにはアニメでも?
 
ページ下動画

 【気まぐれ更新、ページ下動画始めました!】


小説では物足りない!!って人の為のちょこっと動画です。

[高画質で再生]


ピンキー

タイトル:人の妻~恥じらう横顔~ 

女  優:素人

キーワード:羞恥/貧乳/電マ/中だし

コメント:恥じらう姿が、可愛い奥様です!
少しずつ、大胆になっていって・・・

←クリックで「ピンキー」へ

コメントの投稿

非公開コメント

Language
プロフィール
今迄の観覧者数:
現在の閲覧者数:

aiuegon

女尻穴の変態紳士さんから頂きました。
エロ過ぎで、感謝です(;;)

Author:aiuegon
足を運んで頂き有り難う御座います。
人妻!人妻!人妻!では、
自作の人妻小説を公開してます。



貴方のクリックをお願いします。m(_ _)m
Tree-LINK リンク集



アクセスランキング
最新記事
カテゴリ
流石はプロ作家!
電子書籍なので、バレずに安心




メールフォーム
リンクして下さる方、リクエスト等こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー置き場
人妻!バナーです。
相互リンクして頂ける方、募集中です。
ぜひご連絡下さい。
88×31のバナーです
人妻人妻8831

80×80のバナーです
人妻人妻8080

200×40のバナーです
人妻人妻20040

リンクの際にご利用下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。