FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【aiuegonからのお知らせです】


・2009年8月30日 サイト公開
・2011年1月15日 『官能小説 HappyLife』リンク追加しました。恋愛、痴漢、性奴隷、、魅力的な小説ばかりです。
・2012年5月20日 社宅と携帯新連載です。遅筆…申し訳ありません。
・2012年5月20日 『凛 騎 応 変!』リンク追加しました。ご近所の秘め事。良い響きですね、ご一読する事をお勧めします^^
・2012年6月2日 社宅と携帯 その2更新しました。
・2013年10月20日 社宅と携帯 その3ようやく更新しました。



yumibana
ゆみさんの奇麗な写真とコメントが素敵です。是非お立ち寄りください。”人妻ゆみ~淫夢に弄ばれて” 
  ゆみさんの写真と、aiuegonの小説が合体しました!淫靡で素敵な大人の紙芝居です。



東日本大震災で被災された人々に、心よりお見舞い申し上げます。私も福島で被災しました。
みんながんばれ!がんばれ東北!がんばれ日本!

 

官能文書わーるど花  エロ比較花   18禁オーナーの社交場   凛 騎 応 変!
  wonbat花

18禁オーナーの社交場

 ↓↓↓小説一覧です。各第一話にリンクしております。↓↓↓ 
短めの小説:3~5分位の読み切りです。 長めの小説:ゆっくりとお読み下さい。
人妻不倫旅行 完結 魅惑のM妻 第1章完
色白人妻の野外露出 完結 不倫と人妻とお尻
ナンパされた人妻 完結 美人市議の受難
人妻の保険勧誘員 完結 幼稚園ママ 
美人インストラクター陵辱 完結 被虐の美人市議
露出願望の人妻 完結 ママで妻で女で
日焼けの奥様と不倫 完結 逝けない人妻
人妻セックス奴隷 完結 待つ人妻、単身赴任の夫
人妻とエステ 午後の癒し UP! 痴漢と人妻
密室シリーズ up 覗き見 隣の人妻
未定 未定 働く人妻とSM
未定 未定 上司と人妻とセクハラ
未定 未定 携帯電話と人妻
未定 未定 初めての同窓会
未定 未定 主婦と中学生
未定 未定 女教師と同僚
未定 未定 ウォーキング
未定 未定 社宅と携帯 up!


女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

女教師と同僚 その5

パコパコママ

タイトル:熟女の火遊び飛びっこ装着

女  優:野村 涼子

キーワード:飛びっこ/野外/騎上位/中だし

←クリックで「パコパコママ」へ


 誠の教科書を読む声が静かな教室に響く。
時折、読み上げる声を止め、また、ゆっくりと読み始める。
まるで、聡美を焦らし、そして、秘かな自慰を辞めさせないかのように。
「、、、っ」
聡美は教壇に寄りかかり何度も足を組み換え、秘裂に教壇の角を擦り付けた。

エッチな0930

タイトル:旦那以外の○○ぽ

女  優:稲森 春奈

キーワード:フェラ/オナニー/中だし

←クリックで「エッチな0930」へ


 
木暮 聡美:教師 28歳
木暮 忠彦:教師 32歳

佐々木 誠:高校生 15歳

斉木 剛志:同僚教師 42歳
松山 修 :副担任  52歳

*登場人物、内容はフィクションです。

9.羞恥の校舎

 誠の教科書を読む声が静かな教室に響く。
時折、読み上げる声を止め、また、ゆっくりと読み始める。
まるで、聡美を焦らし、そして、秘かな自慰を辞めさせないかのように。
「、、、っ」
聡美は教壇に寄りかかり何度も足を組み換え、秘裂に教壇の角を擦り付けた。
もどかしい刺激が聡美の官能ををさらに燃え上がらせる。
愛液でショーツはぺったりと秘裂に張り付き、足を組み替えるたびに濡れた感触が広がっていく。
「、、、んっ」
漏れそうになる声を必死で抑えつけ、聡美は朦朧とする頭で教科書を眼で追った。
  ”あぁ・・・もうだめ・・・”
教壇の角にさらに押し付けると同時に、誠が教科書を読み終えた。
「、、、、」
しばらくの沈黙の後、聡美は震える足で教壇からはなれた。
「もう少し頑張らないと、、、」
上ずった小さな声で誠に告げ、マーカーで印をつけている場所を読み上げた。
「ここで重要なのは、こことここの構文です」
そう言いながら黒板に向かい、構文を書き始めた。
「重要ですからしっかりと覚えてください」
汗ばむ手についたチョークをパンパンと払い落し教壇に立った。
「ちょっと早いけど、、、日直さん、、、」
授業が終わる10分前だが、聡美は日直に終業を促した。
「あと10分、静かに自習すること」
聡美はそう言い残し、教室を後にした。
授業の声が漏れ聞こえる廊下を、足早に女子トイレへ向かう。
足を進めるたびに、濡れたショーツがクチュクチュと音をたて秘裂を刺激する。
指定席の様に一番奥の個室へ駆け込み、スカートを捲り上げストッキングに手をかけた。
ストッキングとショーツを一気に膝まで下ろし、トイレに腰を掛ける。
聡美の口から洩れたのは尿意から解放される安堵の溜息ではなく、快楽の声だった。
「あぁぁっぅ、、、んんっっぅ、、、」
秘裂に這わせた指は直ぐに愛液で濡れ光り、待ち望んでいた直接的な刺激を与えてくる。
「っんっ、、、ぁぅっん、、、ぁぁぁぁっ、、、」
焦らされていた躰が快楽を貪るように、秘裂に指を飲み込んでゆく。
「くっぅぅっん、、、ぁぁぁっっ、、、」
クチュクチュと卑猥な音を立て、雌の匂いが個室に充満する。

  ”リップを舐めてた・・・何度も匂いを嗅いで・・・”

「んんっぅ、、あぁっぁっ、、、いやぁぁぁっ、、」

  ”あそこに・・・あそこの・・・”

「あぁぁぁっ、、、ぃゃぁっ、、、ぁぁぅっ、、」
誠の舌が這いまわり、指が秘裂を掻き回す。
「だめ、、、あぁぁっぅ、、、もぅ、、、っ」
両手を太ももで強く挟み込み、クリトリスと秘肉を激しく刺激する。
小さくなった躰が小刻みに揺れ、便座が軋む音を立てる。
「あっ、、、ぁぁぁぁっっ、、、あぁぁっぁっ!」
指を絡め捕るように秘肉がギュゥッと締まり、絶頂に向け聡美を押し上げる。
「あぁぁぅっ、、いぁぁぁっ、、、あぁぁっぁぁぁっ!!!」
快楽の声がトイレに響き、それをかき消すかのように就業のチャイムが鳴った。
「はぁぁっ、、、あぁっ、、、はぁぁぁっっ、、、、」
にわかに廊下から生徒たちの声が溢れだし、聡美は息を整えながら濡れた手をトイレットペーパーで拭いた。
「ふぅぅっ、、、ぁんっ」
股間を拭くトイレットペーパーの刺激に思わず声が出る。
いやらしい匂いが充満したトイレから早く出ようと慌ててショーツとパンストを上げ、トイレットペーパーを水に流した。
手を洗い、何事もなかった顔で聡美は職員室に向かった。
濡れて張り付くショーツが冷たく、不快感を覚える。
何食わぬ顔で自分の机に向い、椅子を引いた。
「あれ、小暮先生」
不快な斉木の声が背中から掛けられた。
「なんでしょう?」
聡美は椅子の背もたれに手を掛けたまま、上半身だけ斉木に向きなおった。
「いや、、なんて言うか、、、」
斉木は頭をポリポリと掻き、辺りを見渡しながら聡美に近づいた。
怪訝な顔を向ける聡美を意にせず直ぐわきに立ち、小さな声で話しかけた。
「いや、、、その、、スカートに染みが、、、お尻の所、、」
「、、、、えっ?!」
「何かこぼしました?」
聡美は体を捩り、スカートのお尻の部分を確認した。
グレーのスカートがお尻の部分だけ、濃く染みが広がっている。
「あっ!えっ!?えぇぇっ!!」
「染みついちゃいますよ」
口に手を当てお尻を見つめる斉木の眼から、出席簿でお尻を隠し真っ赤な顔で頭を下げた。
「あっ、、有難うござます!大丈夫ですから」
聡美は慌てて席に着き、染みを隠した。
「た、、たぶん、手を洗った時の、、、」
「そうですか、ならそのうち乾きますね」
「はい、有難う御座います、、」
再び斉木に頭を下げ、赤い顔をしたまま机に向かった。
  ”何時から・・・”
教室で誠に音読させ、教壇の角に押し当てていた時に付いた染み。
黒板に向かい構文を書き、無防備に生徒たちに背を向けていた。
手を洗っても濡れる筈がない染みを斉木に指摘され、吐いた下手なごまかし。
恥ずかしさに全身から汗が吹き出し、聡美は赤い顔を机に伏した。

10.企み

 誰もいない真っ暗な職員室の明かりを点け、斉木は聡美の机に足を向けた。
「くくくっ、、、」
含み笑いが口から洩れたが、気にしなかった。
聡美の椅子を引き、おもむろに座席の上のクッションに顔を埋める。
「すぅぅぅぅぅぅぅぅぅっ、、、、はぁぁぁぁぁぁっ、、、、」
深呼吸するように鼻から息を吸い込む。
「くくくっ、、、聡美先生のいやらしい匂いがするよ、、、」
斉木は再びクッションに鼻を埋め、昼間の聡美のスカートの染みを思い浮かべた。
「あぁっ、、良い匂いだ、、、」
ムクムクと頭を上げるペニスをズボンの上から扱き、クッションに舌を這わせた。
「ちっ、、、何の味もしない、、、当り前か、、、」
顔を歪め最後に大きく息を吸い込み、斉木は自分の机に向かった。
業務外の使用を禁止と書かれたパソコンの電源を入れ頭の上で手を組んだ。
「さて、、、どうしようか、、、」
自分の椅子に座り、ポケットから聡美が落としていったショーツを広げた。

 昨夜、聡美を残し職員室を後にしたが胸騒ぎがして戻ると、フラフラと廊下を歩く聡美を見つけた。
声を掛けようかと迷ったが、聡美の様子に斉木は鞄を手にしたまま静かに後を追いかけた。
フラフラとした足取り、キョロキョロとあたりを見渡しながら聡美が女子トイレに入って行った。
足音を忍ばせ女子トイレのドア越しに覗くと、一番奥のトイレに聡美が入っていく。
「ただのトイレか?」
斉木は周囲を見渡しドアを僅かに開け、聡美の様子を伺った。
『、、、ぅっ、、っ』
微かに聞こえる聡美の声に、斉木の心臓が高鳴った。
『はぁっ、、っ、、ぁぁっ』
聡美の声は次第に大きく色を帯び、カサカサと服が擦れる音がトイレに響く。
  ”こ・・・オナニーか!?”
ゴクリと唾を飲み斉木は息をするのも忘れ聡美の声を聞いた。
ペニスがズボンの中ではち切れんばかりに膨張し、今にも暴発しそうになる。
  ”今なら・・・出来る・・・?”
『あぅっ、、んんんっ、、、ぁぁぁっ、、、だめぇ、、』
聡美の声が一際大きく響き、何かを呟いたあとトイレの鍵が開き斉木は慌てて廊下に身を隠した。
  ”危ない・・・見つかるとこだった・・・”
高鳴る心臓を抑え、トイレから出て廊下を歩きはじめた聡美の後姿を見つめた。
  ”職員室は反対だぞ・・・”
自分の隠れている方向と逆に歩く聡美に安堵しながらも、疑問が頭をよぎる。
  ”続きがあるのか?”
斉木は期待に胸を膨らませ、鞄からペン型のビデオカメラを取り出した。
生活指導の教員として何かと女子生徒とも話すことがある斉木の盗撮道具。
やれ、スカートが短いだとか、髪が長いだとか女子生徒に近づくたびに盗撮をし、コレクションを重ねていた。
  ”まさか・・・聡美先生を撮れるとは・・・”
斉木は興奮に胸を躍らせ、聡美の後を追った。
教室でオナニーを始めた聡美をカメラに収めながら、ズボンの上からペニスを扱く。
『ああぁぁぅっっ、ぁぁっぁっ、、、ふぁぁっぁぅっ!!!』
「、、、、、っ」
聡美が果てると同時に斉木もパンツの中に性を吐き出した。
後始末を終えた聡美が教室から出て行ったのを確認し、斉木は静かに教室に入った。
聡美の匂いが充満する教室で、最も匂いが濃い机に向かった。
「ここで、、、」
斉木は机の角に鼻を押し当て、舌を這わせる。
「いやらしい匂いだ、、、んっ、、、?」
床に落ちている小さく丸まった布切れに、斉木の目が止まった。
「これは、、、!?」
湿り気を帯び、ツンとした汗とおしっこに交じり淫らな匂いを立ち上らせる聡美のショーツだった。
「くふっ、ふふふっ、、、」
斉木は口元をいやらしく歪ませ、ショーツを鼻元に当てた。
「ふふふふっ、、、はははっ!」
笑い声が込み上げ、斉木はショーツを握りしめた。
「ふふふっ、、、んっ、、、あっ!早く逃げないと、、、」
ショーツを探しに戻ってくる聡美を警戒し、斉木は急いで教室を後にした。

広げたショーツに鼻を押し当て大きく匂いを吸い込んでから、斉木は立ち上がったパソコンに向かった。
「やっぱりこれじゃあ、、、弱いか、、、」
教室での聡美の痴態は画像が暗く、聡美と認識するには無理だった。
「もっと感度の良いカメラが欲しいな、それに、もっと決定的なものを、、、」
斉木はマウスを動かしながら、独り言を呟いた。
「確実に落とすために、考えないと、、、」
昼間のスカートの染みの映像をパソコンに入れ、職員室を後にした。

←前を読む  続きを読む→  それとも、「パコパコママ」へ?  「エッチな0930」へ?

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁 人妻小説
ジャンル : アダルト

おもちゃ:大人のおもちゃ通販 さくら                
感謝です。相互リンク集

 【相互リンク集です!相互リンクして下さる方募集中!】


官能小説を読むことが出来ます。 
官能文書わーるど 人妻官能セレクション 新・SM小説書庫 月夜桃花の物語 月夜桃花の夜伽話花 
wonbat花 ライトHノベルの部屋花 18夏花 mikikoroom花 変態小説花
・詩(うた)と小説で描く「愛の世界」
・柿の種研究所 近親・寝取られ体験談
・本当に淫らな人妻たち
・性犯罪白書

官能小説等を検索できます。
カオスパラダイス花 カウントダウンアダルトランキング アダルトマニア倶楽部花 アダルトノベルサーチ花 Hな読み物の館花 MEGURINET花 adultsearch花 本ナビ花 官能小説どっとcom花 
官能小説の館花 アダルトhummer花

動画や画像を見ることが出来ます。
厳選美少女花 女尻穴花
人妻動画隊
・民家 盗撮動画~ハリネーター
・女子高生制服画像個撮モデル
・エログ大団円
・えっちな人妻動画ブログ
・ふりムビ!

その他です。駄文同盟.comが凄い!
駄文同盟.com 貴女のおもちゃ アニメ・エロゲがいっぱい!  アダルトブログランキング【エログなブログ】 
アダルト検索一発サーチ  

姉妹サイト(無料動画)
やっぱり人妻が良い? それとも たまにはアニメでも?
 
ページ下動画

 【気まぐれ更新、ページ下動画始めました!】


小説では物足りない!!って人の為のちょこっと動画です。

[高画質で再生]


ピンキー

タイトル:人の妻~恥じらう横顔~ 

女  優:素人

キーワード:羞恥/貧乳/電マ/中だし

コメント:恥じらう姿が、可愛い奥様です!
少しずつ、大胆になっていって・・・

←クリックで「ピンキー」へ

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
Language
プロフィール
今迄の観覧者数:
現在の閲覧者数:

aiuegon

女尻穴の変態紳士さんから頂きました。
エロ過ぎで、感謝です(;;)

Author:aiuegon
足を運んで頂き有り難う御座います。
人妻!人妻!人妻!では、
自作の人妻小説を公開してます。



貴方のクリックをお願いします。m(_ _)m
Tree-LINK リンク集



アクセスランキング
最新記事
カテゴリ
流石はプロ作家!
電子書籍なので、バレずに安心




メールフォーム
リンクして下さる方、リクエスト等こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー置き場
人妻!バナーです。
相互リンクして頂ける方、募集中です。
ぜひご連絡下さい。
88×31のバナーです
人妻人妻8831

80×80のバナーです
人妻人妻8080

200×40のバナーです
人妻人妻20040

リンクの際にご利用下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。