FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【aiuegonからのお知らせです】


・2009年8月30日 サイト公開
・2011年1月15日 『官能小説 HappyLife』リンク追加しました。恋愛、痴漢、性奴隷、、魅力的な小説ばかりです。
・2012年5月20日 社宅と携帯新連載です。遅筆…申し訳ありません。
・2012年5月20日 『凛 騎 応 変!』リンク追加しました。ご近所の秘め事。良い響きですね、ご一読する事をお勧めします^^
・2012年6月2日 社宅と携帯 その2更新しました。
・2013年10月20日 社宅と携帯 その3ようやく更新しました。



yumibana
ゆみさんの奇麗な写真とコメントが素敵です。是非お立ち寄りください。”人妻ゆみ~淫夢に弄ばれて” 
  ゆみさんの写真と、aiuegonの小説が合体しました!淫靡で素敵な大人の紙芝居です。



東日本大震災で被災された人々に、心よりお見舞い申し上げます。私も福島で被災しました。
みんながんばれ!がんばれ東北!がんばれ日本!

 

官能文書わーるど花  エロ比較花   18禁オーナーの社交場   凛 騎 応 変!
  wonbat花

18禁オーナーの社交場

 ↓↓↓小説一覧です。各第一話にリンクしております。↓↓↓ 
短めの小説:3~5分位の読み切りです。 長めの小説:ゆっくりとお読み下さい。
人妻不倫旅行 完結 魅惑のM妻 第1章完
色白人妻の野外露出 完結 不倫と人妻とお尻
ナンパされた人妻 完結 美人市議の受難
人妻の保険勧誘員 完結 幼稚園ママ 
美人インストラクター陵辱 完結 被虐の美人市議
露出願望の人妻 完結 ママで妻で女で
日焼けの奥様と不倫 完結 逝けない人妻
人妻セックス奴隷 完結 待つ人妻、単身赴任の夫
人妻とエステ 午後の癒し UP! 痴漢と人妻
密室シリーズ up 覗き見 隣の人妻
未定 未定 働く人妻とSM
未定 未定 上司と人妻とセクハラ
未定 未定 携帯電話と人妻
未定 未定 初めての同窓会
未定 未定 主婦と中学生
未定 未定 女教師と同僚
未定 未定 ウォーキング
未定 未定 社宅と携帯 up!


女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

女教師と同僚 その4

人妻斬り

タイトル:私の○○見てください

女  優:松原 美紀

キーワード:フェラ/おもちゃ/中だし

←クリックで「人妻斬り」へ


一時間目の授業まで10分を切っていたが、聡美は我慢しきれずストッキングの上から秘裂をなぞった。
「んんっぅ、、、んんんっ、、、」
左手で押さえた口からくぐもった声が漏れる。
廊下から微かに聞こえる生徒たちの行きかう声が、聡美の羞恥心をさらに煽った。
「んんんっっ、、ぅっ、、、はぁぁぁっ、、、」
ガクガクと膝が揺れ、ドアに腕を付き寄りかかりながら秘裂を刺激する。

HEY動画

タイトル:隣の妻は中出し懇願_ONE
女  優:羽月 希
キーワード:女優/中だし/3P

←クリックで「HEY動画」へ

 
木暮 聡美:教師 28歳
木暮 忠彦:教師 32歳

佐々木 誠:高校生 15歳

斉木 剛志:同僚教師 42歳
松山 修 :副担任  52歳

*登場人物、内容はフィクションです。

7.羞恥の点呼

「お~い!聡美!遅れるぞ!!」
「えっ、、、」
忠彦に体を揺すられ、聡美の意識が一気に現実に引き戻された。
「今何時、、えぇ!?」
目覚ましをoffにされた時計を一瞥し、思わず声を上げた。
「なんでもっと早く起こしてくれなかったの!?」
「なんでって、もう少しって言ったの聡美だろ?」
「えっ、、覚えてない、、、」
「良いから、早く支度しないと!」
「あっ、、、えぇ、、、」
忠彦に促されるまま、聡美は慌てて洗面所に向かった。
就業時間に遅刻することはないが、自分に課した時間には間に合わない。
すでに着替えを終え、聡美の様子を見守る忠彦を恨めしく思いながら支度を急いだ。
「ほら、急いで急いで」
せかす忠彦に、つい恨み節を口に出す。
「だったら早く起こしてくれれば、、、」
「何度も起こしたって」
「、、、」

 結局、気まずい雰囲気のまま忠彦と駅で別れ、足早に校舎に向かった。
「お早うございます、、、」
ほぼ埋まってる職員室に声も小さくなってしまう。
「お早うございます。今日はいつもより遅いですね」
斉木が嬉しそうに聡美に近づき、ニタリ顔で笑った。
「えぇ、、ちょっと、、、」
「昨日はあれからまだ仕事したのですか?」
机に座ろうとする聡美にさらに近づき、斉木は聡美の顔を覗きこむ。
「えっ、えぇ、、、」
「そうですか!遅くまでご苦労様です」
わざとらしく腕を組み大きく頷く斉木に辟易としながらも、昨夜の記憶が甦った。
「そ、、そんな、、、有難うございます、、、」
昨夜の痴態に、行方不明のショーツ。
自分の顔がカッと赤くなるのが解り、斉木を無視するように机の上のプリントを手に取った。
「じゅ、、準備がありますから、、、」
聡美は俯きながら、語彙を強めた。
「あぁ、これは失礼」
斉木は笑い声をあげながら、自分の机に向かった。
  ”朝から何なのよ・・・”
不愉快な気持ちと同時に、不安が聡美の胸を締め付ける。
  ”大丈夫・・・判る筈がない・・・”
不安を打ち消すように、頭を振り聡美は教室に向かった。
教室までの廊下を失くしたショーツを探しながら、それと分からないようにゆっくりと歩く。
  ”無い・・・誰かに拾われた・・・?”
  ”まさか教室に・・・”
不安に胸を圧迫されながらも教室のドアを開けた。
「おはよう、ございます、、、」
「お早う御座いま~す」
生徒たちの元気な声が聡美の声を打ち消し、それと同時に起立の号令がかかる。
聡美が教壇に立つのを待ち、礼と共に生徒たちが席に座った。
いつもと変わらない雰囲気に胸を撫で下ろし、何時もと同じように大きく声を上げた。
「出席の確認を取ります」
聡美は一人ずつ出席を取りながら、それとなく佐々木誠に視線を向けた。
  ”大丈夫・・・解りっこない・・・”
聡美がそう思った瞬間、誠は机の中からリップクリームを取り出した。
「、、、っ」
ぎゅっと全身がこわばり、小さな声が漏れた。
動揺を必死に隠し点呼をしながらも、誠に視線が向う。
誠の白く長い指がリップふたを外し、くるくると出したリップを唇へ添わした。
「、、、、ぁっ」
聡美の血液が一瞬に沸騰し、下腹部がきゅっと締め付けられる。
昨夜の自慰で聡美の唾液と愛液にまみれたリップが誠の唇に擦りつけられ、同時に秘裂を舐め上げられる感覚が聡美を襲う。
紅潮した顔を俯き隠しながら何とか点呼を続け、誠の様子を伺った。
赤い唇を合わせリップを塗り終えた誠が、首を傾げ隣の男子に小さく話しかける。
誠がリップを相手の鼻先に押し付けようとし、男子は笑いながら手で鼻先を抑える。
「やめろって、、、」
笑いながら手を振る男子に、誠も笑いながらリップを相手に近づけた。
「ほ、、ほら、そこ!どうしたの?静かにしなさい、、!」
聡美は動揺を隠しながら、二人を注意した。
「だって、誠が、、、」
「さ、佐々木君。どうしたの?」
努めて優しく問いかける聡美に、誠は神妙な顔で答えた。
「いや、、何かリップが、、、変な匂いしたから、、、」
聡美のクリトリスと秘裂を刺激し、唾液で濡れたリップ。
クスクスと教室中から笑い声が漏れ、恥ずかしさの余り聡美は顔を真っ赤にし思わず大きな声を上げた。
「だ、、だからって、点呼中に騒いでいいの?早くしまいなさい!」
「すいません、、、」
一瞬にして静まり返った教室に、再び聡美の点呼の声が響いた。

8.始まりの授業

 朝礼が終わると聡美は職員室に戻らず、女子トイレへ向かった。
トイレに誰も居ないことを確認し、昨夜と同じ一番奥の個室に駆け込んだ。
大きな音と共に鍵をかけ、聡美はスカートを捲りショーツに手を伸ばした。
「あぁぁっ、、、こんなに、、、」
ストッキングの上からもそれと判るほど、ショーツはぐっしょりと濡れていた。
生徒たちの前で誠に責められ、弄られる妄想が聡美を快楽へ落す。
一時間目の授業まで10分を切っていたが、聡美は我慢しきれずストッキングの上から秘裂をなぞった。
「んんっぅ、、、んんんっ、、、」
左手で押さえた口からくぐもった声が漏れる。
廊下から微かに聞こえる生徒たちの行きかう声が、聡美の羞恥心をさらに煽った。
「んんんっっ、、ぅっ、、、はぁぁぁっ、、、」
ガクガクと膝が揺れ、ドアに腕を付き寄りかかりながら秘裂を刺激する。
ストッキングの上からのもどかしい感触が聡美を焦らし、腰が妖しくうねりだす。
「っ、、はぁっ、、、んんんっ、、、くぅぅっ、、、あぁっ!」
大きく漏れた声と共に、予鈴が鳴り響いた。
「あぁっぅ、、、行かなくちゃ、、、遅れちゃう、、、」
朦朧とした意識で乱れた髪とスカートの裾を直し、聡美は職員室に向かった。
授業の為に閑散とした職員室に入り、慌てて机の上から教材を手に取った。
「木暮先~生、早くしないと遅れますよ~」
授業のない斉木がニヤニヤと近づいてくる。
「はい、解ってます」
短く言葉を切り立ち去ろうとする聡美の背中に、斉木が言葉を投げかけてくる。
「顔赤いですけど、大丈夫ですか~?どこか具合でも?」
聡美はびくっと立ち止まり斉木に振り向いた。
「だ、、大丈夫です。遅れますので失礼します」
ニヤニヤと笑う斉木を睨みつけ、聡美は教室に急いだ。
始業のチャイムと同時に息を切らせて扉を開ける聡美に、生徒の視線が刺さる。
「遅くなって、ごめん、、、」
肩で息をする聡美が教壇に立つのと同時に、日直が授業の開始を告げた。

 教科書から英語の構文を黒板に書き出し、文法を説明する。
女性特有の奇麗な字や、チョークの色使いは生徒からの評判も良かった。
黒板に向かい構文を書き進めるうちに、聡美は落ち着きを取り戻していく。
  ”これで良い・・・先生なんだからしっかりしないと・・・”
自分に言い聞かせるように一息吐き、生徒たちに向きなおった。
「良いですか?ここまでで、解らない所、、、、」
ふと視線に入った誠が聡美の言葉を断ち切った。
リップクリームをクンクンと嗅ぎ、首を傾げて唇に押し当てる。
「、、、、、、、、、」
聡美は言葉を失い赤い顔で誠を見つめる。
誠はそんな聡美に気付かずに、執拗にリップを唇に塗り直す。
  ”あぁぁ・・・そんな・・・”
恥ずかしさに膝が揺れ、耳まで赤くなっていく。
「お、、おい、、、誠、、、」
小さな声で隣の男子が誠を小突く。
「えっ、、あっ、、!」
教室に緊張感が走り、生徒たちが誠に注目した。
「あっ、、えっ、、、すいません、、、」
誠はリップを慌ててしまい、立ち上がって真っ赤な顔の聡美に頭を下げた。
「さ、佐々木君、、、朝礼の時にも注意しましたよね、、、」
動揺を隠し、努めて落ち着いた声で聡美は誠に話しかけた。
「すいません、、、」
怒られうなだれる誠を聡美は黙ったまま見つめた。

突然、頭に靄がかかり聡美は眼を閉じた。
『変な匂いって、先生のいやらしい匂いだよ』
頭の中で誠が顔をあげ、唇を舐めながら冷笑を向ける。
「、、、、っ」
『さっきだって感じていたんだろ?』
「、、、」
『みんなの前でオナニーしたくなってるんだろ?』
「、、、、っ」
『そこでやりなよ』
誠が教壇の角を指差し、ニヤニヤと笑いかける。
「、、、、」
『ほら、どうした?』
聡美は頭を振り、冷笑を向ける誠を振り払った。

頭を覆う靄が晴れ、聡美は眼を開けて立ち尽くす誠を見つめ直した。
  ”妄想・・・だよ・・ね・・・”
ほんの僅かな時間の妄想、その一瞬で体が熱く疼きだす。
「さっ、、佐々木君。罰としてこのページを読みなさい。皆さんもきちんと黙読してください」
聡美は教壇の角に移りながら誠に行数の多いページを指定した。
誠がたどたどしく読み始め、生徒たちが教科書に目を落とすのを確認し聡美は寄りかかるようにしてお尻を教団の角に当てた。
「、、、、っ」
教科書で快楽にゆがむ顔を隠し、声を押し殺しながらゆっくりと体重をかけていく。
「、、、、、、んっ」
『くくくっ』
頭の中で誠が冷たく聡美に笑いかけた。

←前を読む  続きを読む→  それとも、「人妻斬り」へ?  「HEY動画」へ?

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 18禁 人妻小説
ジャンル : アダルト

おもちゃ:大人のおもちゃ通販 さくら                
感謝です。相互リンク集

 【相互リンク集です!相互リンクして下さる方募集中!】


官能小説を読むことが出来ます。 
官能文書わーるど 人妻官能セレクション 新・SM小説書庫 月夜桃花の物語 月夜桃花の夜伽話花 
wonbat花 ライトHノベルの部屋花 18夏花 mikikoroom花 変態小説花
・詩(うた)と小説で描く「愛の世界」
・柿の種研究所 近親・寝取られ体験談
・本当に淫らな人妻たち
・性犯罪白書

官能小説等を検索できます。
カオスパラダイス花 カウントダウンアダルトランキング アダルトマニア倶楽部花 アダルトノベルサーチ花 Hな読み物の館花 MEGURINET花 adultsearch花 本ナビ花 官能小説どっとcom花 
官能小説の館花 アダルトhummer花

動画や画像を見ることが出来ます。
厳選美少女花 女尻穴花
人妻動画隊
・民家 盗撮動画~ハリネーター
・女子高生制服画像個撮モデル
・エログ大団円
・えっちな人妻動画ブログ
・ふりムビ!

その他です。駄文同盟.comが凄い!
駄文同盟.com 貴女のおもちゃ アニメ・エロゲがいっぱい!  アダルトブログランキング【エログなブログ】 
アダルト検索一発サーチ  

姉妹サイト(無料動画)
やっぱり人妻が良い? それとも たまにはアニメでも?
 
ページ下動画

 【気まぐれ更新、ページ下動画始めました!】


小説では物足りない!!って人の為のちょこっと動画です。

[高画質で再生]


ピンキー

タイトル:人の妻~恥じらう横顔~ 

女  優:素人

キーワード:羞恥/貧乳/電マ/中だし

コメント:恥じらう姿が、可愛い奥様です!
少しずつ、大胆になっていって・・・

←クリックで「ピンキー」へ

コメントの投稿

非公開コメント

Language
プロフィール
今迄の観覧者数:
現在の閲覧者数:

aiuegon

女尻穴の変態紳士さんから頂きました。
エロ過ぎで、感謝です(;;)

Author:aiuegon
足を運んで頂き有り難う御座います。
人妻!人妻!人妻!では、
自作の人妻小説を公開してます。



貴方のクリックをお願いします。m(_ _)m
Tree-LINK リンク集



アクセスランキング
最新記事
カテゴリ
流石はプロ作家!
電子書籍なので、バレずに安心




メールフォーム
リンクして下さる方、リクエスト等こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー置き場
人妻!バナーです。
相互リンクして頂ける方、募集中です。
ぜひご連絡下さい。
88×31のバナーです
人妻人妻8831

80×80のバナーです
人妻人妻8080

200×40のバナーです
人妻人妻20040

リンクの際にご利用下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。