FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【aiuegonからのお知らせです】


・2009年8月30日 サイト公開
・2011年1月15日 『官能小説 HappyLife』リンク追加しました。恋愛、痴漢、性奴隷、、魅力的な小説ばかりです。
・2012年5月20日 社宅と携帯新連載です。遅筆…申し訳ありません。
・2012年5月20日 『凛 騎 応 変!』リンク追加しました。ご近所の秘め事。良い響きですね、ご一読する事をお勧めします^^
・2012年6月2日 社宅と携帯 その2更新しました。
・2013年10月20日 社宅と携帯 その3ようやく更新しました。



yumibana
ゆみさんの奇麗な写真とコメントが素敵です。是非お立ち寄りください。”人妻ゆみ~淫夢に弄ばれて” 
  ゆみさんの写真と、aiuegonの小説が合体しました!淫靡で素敵な大人の紙芝居です。



東日本大震災で被災された人々に、心よりお見舞い申し上げます。私も福島で被災しました。
みんながんばれ!がんばれ東北!がんばれ日本!

 

官能文書わーるど花  エロ比較花   18禁オーナーの社交場   凛 騎 応 変!
  wonbat花

18禁オーナーの社交場

 ↓↓↓小説一覧です。各第一話にリンクしております。↓↓↓ 
短めの小説:3~5分位の読み切りです。 長めの小説:ゆっくりとお読み下さい。
人妻不倫旅行 完結 魅惑のM妻 第1章完
色白人妻の野外露出 完結 不倫と人妻とお尻
ナンパされた人妻 完結 美人市議の受難
人妻の保険勧誘員 完結 幼稚園ママ 
美人インストラクター陵辱 完結 被虐の美人市議
露出願望の人妻 完結 ママで妻で女で
日焼けの奥様と不倫 完結 逝けない人妻
人妻セックス奴隷 完結 待つ人妻、単身赴任の夫
人妻とエステ 午後の癒し UP! 痴漢と人妻
密室シリーズ up 覗き見 隣の人妻
未定 未定 働く人妻とSM
未定 未定 上司と人妻とセクハラ
未定 未定 携帯電話と人妻
未定 未定 初めての同窓会
未定 未定 主婦と中学生
未定 未定 女教師と同僚
未定 未定 ウォーキング
未定 未定 社宅と携帯 up!


女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

女教師と同僚

パコパコママ

タイトル:初めての浮気とその真相

女  優:菅 正美

キーワード:微乳/おもちゃ/顔射

←クリックで「パコパコママ」へ


 黒い膝上のスカートに揃いのジャケット。
白いブラウスの胸元にはフリルが華を添えている。
嫌みにならない程度のフォーマルな服装をこの日のために用意した。
初めて受け持つ担任での入学式。
父兄・生徒達の第一印象がその後を決める大事な日。
肩まで伸びる黒髪もきれいに整え、眼鏡もコンタクトにした。
「ねぇ、、変じゃないかしら?」

ピンキー

タイトル:電マ好きの攻め方

女  優:不明

キーワード:電マ/目隠し/フェラ/ゴム

←クリックで「ピンキー」へ

 
木暮 聡美:教師 28歳
木暮 忠彦:教師 32歳

佐々木 誠:高校生 15歳

斉木 剛志:同僚教師 42歳
松山 修 :副担任  52歳

*登場人物、内容はフィクションです。

1.期待と不安

 「私、先に行くわよ!」
「おっ、俺も今行くから待って!」
「早く!早く!」
聡美は玄関の扉を開けながら、慌てて靴を履く夫の忠彦を急かした。
「そんなに慌てなくても、、、」
「もぅ、、初めてのクラスの入学式なんだから、絶対に失敗したくないの!」
「そりゃ解るけど、、、」
忠彦が頭を掻きながら扉をくぐり抜けると同時に、聡美は扉を閉め鍵を掛けた。
「何も私と一緒に早く出なくたって良いのに、、」
聡美は忠彦の横に並びながら、腕時計を見た。
時計は朝の6時を少し回っている。
「まぁそう言うな。今日だけ別々って言うのもな」
上り掛けの朝日に目を細め、忠彦は聡美に笑いかける。
「もぅ、、、」
忠彦の笑顔に赤らめた顔を隠すように、聡美は朝日に顔を向けた。
バス停に立ち並ぶ人を数え、二人は揃って腕時計を見た。
「流石に30分も早いと少ないね」
「そうね、たまには空いてるバスも良いかも」
忠彦の横に並びながら聡美は頷いた。
「今日の帰りは?」
「う~ん、、いつもより少し遅くなると思う、、、」
「そうだよな、、入学式が終わったら打ち上げ有るかもな、、、」
「忠彦も?」
「解らないけど、、、飲み会になったら連絡するよ」
「そうね、私も連絡する」
「おっ、バスが来た」
忠彦の言葉にバスを待つ人達が一斉に、道路へ視線を投げた。
小さく見えたバスが見る見るうちに近づき、バス停へ滑り込む。
「あっ、、空いてる」
聡美は小さく呟き、振り向く忠彦に笑顔を見せた。
「そうだな、たまの早出も良いかもな」
笑いながらバスに乗り込む忠彦の後に続き、聡美もバス乗り込んだ。

 黒い膝上のスカートに揃いのジャケット。
白いブラウスの胸元にはフリルが華を添えている。
嫌みにならない程度のフォーマルな服装をこの日のために用意した。
初めて受け持つ担任での入学式。
父兄・生徒達の第一印象がその後を決める大事な日。
肩まで伸びる黒髪もきれいに整え、眼鏡もコンタクトにした。
「ねぇ、、変じゃないかしら?」
聡美は小さく忠彦に呟いた。
「えっ?何が、、?」
「この格好で入学式って、、、」
忠彦は聡美のスーツ姿を見つめた。
「大丈夫、、、問題ないよ」
ニヤっと笑った忠彦の手が、聡美のお尻をポンポンと叩く。
「ちょ、、何考えてるの」
聡美は頬を膨らませ、忠彦の手を払いのけた。
「たまにはそう言う格好も良いな~って」
忠彦はクスクスと笑いながら、頭を掻いた。
「もぅ~こっちは真面目に聞いてるのに、、、」
「ごめんごめん、大丈夫。ホント似合ってるよ。おっ、、もう着いたか」
地下鉄に連絡するバスが、車体を揺らしながらターミナルに到着した。
ぞろぞろとバスから吐き出された乗客が、駅の改札に向かい歩いていく。
「じゃ、夕方にでも連絡するよ」
忠彦が聡美に振り向きながら手を挙げる。
「解った、じゃあね」
「あっ、入学式がんばれよ!」
「ありがと」
聡美はニッコリと笑いながら、駅の改札に消える忠彦を見送った。
「さぁて、、、」
声と共に聡美の顔から笑顔が消え、引き締まった顔で学校に向かい歩き始めた。

 二人は地下鉄から歩いて10分程の高校の同僚であった。
水面下での交際を約3年続け結婚したが、結婚と同時に忠彦が転勤になった。
駅にして5駅、時間にして約30分離れた高校への転勤に、聡美は少し安堵したものだった。

2.初担任

 聡美は1年2組の教室を見渡し、頷いた。
「大丈夫。忘れてることは、、、無いよね」
自分に言い聞かせるように、扉を閉め職員室に向かった。
「お早う御座います!」
人気の少ない職員室に大きな声で挨拶し、自分の机に向かう。
前日に用意しておいた新入生の名簿を見つめ、一人一人頭の中で名前を呼ぶ。
「ふぅ、、、」
目を瞑り溜息を吐いたその時、背後から声を掛けられた。
「おはよう!木暮先生、溜息なんか吐いてどうしたの?」
「えっ!あっお早う御座います。ちょっと緊張しちゃって、、、」
振り向くと背後には心配そうに躰を屈め、聡美の顔を覗く斉木の姿が在った。
「そうだよね~初めて担任持つときは、私も緊張したからな~」
斉木はウンウンと頷きながら、聡美の顔から視線を胸元に移した。
「斉木先生でもそうでした?」
「そりゃ~私だって緊張くらいするさ」
斉木は笑いながら、聡美の横に立ち大げさに頷いて見せた。

 斉木は生活指導の教師として特に担任も持たず、生徒達には疎まれていた。
42歳にして薄くなった髪と中年肥りの突き出たお腹。
何かとつけてチクチクと責める口振りは、聡美にとっても苦手なタイプだった。

「まぁ、初めだけだよ。直ぐに慣れるから」
斉木は笑いながら聡美の肩を軽く叩き、自分の机に戻っていく。
職員会議で入学式の最終確認が行われると、聡美は緊張で息が荒くなった。
ギュッと汗ばむ手を握り直し、式の段取りを頭で復唱する。
「じゃぁ宜しくお願いします」
教頭の一言でガタガタと教師達が立ち上がり、一歩遅れて聡美も立ち上がった。
机に置かれたプリントの上に名簿を載せ、副担任の松山と共に教室に向かう。
「これからお願いします」
「此方こそ。何かあったら遠慮なく」
白髪の松山はニコニコと聡美に笑顔を見せた。
落ち着いた松山の存在が心強く、聡美を後押しする。
教室のドアの前で立ち止まり大きく深呼吸をした後、聡美はゆっくりとドアを開けた。
「お早う御座います!」
思わず大きくなった声に自分でもビックリしながら聡美は黒板に向かった。
「今日から1年2組を担任します、木暮聡美です。宜しくお願いします」
聡美はゆっくりと頭を下げ、続いて松山を紹介した。
「では、1年2組での初めての点呼を行います。呼ばれた人は大きな声で返事して下さいね」
聡美同様、緊張した面持ちの生徒達はニコリともせず名前を呼ばれるのを待っている。
小さな声、大きな声、不安げな声が聡美の点呼に呼応する。
  ”みんな緊張してるのね・・・”
聡美は少し落ち着きを取り戻しながら、返事をする生徒達の顔を見つめた。
「佐々木誠君」
「はい」
  ”えっ・・・!”
聡美が捉えた顔に体が固まった。
  ”そんなはずは・・・”
一瞬の躊躇の後、聡美は慌てて次の名を読み上げた。
体中の血液が一瞬で沸騰し、フワフワと地に足が着かないまま何とか全員の名前を呼んだ。
「えっ、、こ、、もう間もなく、入学式が始まります。放送が掛かるまで待機して下さい、、ね」
クラス全員を見渡しながらも、つい佐々木の顔に目が止まる。
  ”でも・・・よく似てる・・・”
聡美は過去を振り払うように頭を振り、放送が掛かるのを待った。

 声はうわずり、名前はつっかかっり、聡美にとって初めての入学式は散々だった。
生徒が帰り職員室に戻った聡美に松山が声を掛けた。
「お疲れさまでした。良かったですよ」
「松山先生、、、全然良くなんか無かったです」
今にも泣き出しそうな聡美に、松山はニッコリと笑った。
「全然大丈夫でしたよ。私の時なんか、マイクに頭ぶつけるは、名前間違えるは、、」
そう言いながら松山は大きな声で笑った。
「でも、、、」
「何でも慣れです。力を抜いて、ゆっくりやっていきましょう」
ニッコリ笑う松山に救われた気持ちになっていく。
「はい、、有り難う御座います。良し!明日から頑張ろう!」
「そうです。それでこそ木暮先生です」
松山に頭を下げながら、美里は目尻に光る涙をそっと拭った。


続きを読む→  それとも、「パコパコママ」へ?  「ピンキー」へ?

スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁 人妻小説
ジャンル : アダルト

おもちゃ:大人のおもちゃ通販 さくら                
感謝です。相互リンク集

 【相互リンク集です!相互リンクして下さる方募集中!】


官能小説を読むことが出来ます。 
官能文書わーるど 人妻官能セレクション 新・SM小説書庫 月夜桃花の物語 月夜桃花の夜伽話花 
wonbat花 ライトHノベルの部屋花 18夏花 mikikoroom花 変態小説花
・詩(うた)と小説で描く「愛の世界」
・柿の種研究所 近親・寝取られ体験談
・本当に淫らな人妻たち
・性犯罪白書

官能小説等を検索できます。
カオスパラダイス花 カウントダウンアダルトランキング アダルトマニア倶楽部花 アダルトノベルサーチ花 Hな読み物の館花 MEGURINET花 adultsearch花 本ナビ花 官能小説どっとcom花 
官能小説の館花 アダルトhummer花

動画や画像を見ることが出来ます。
厳選美少女花 女尻穴花
人妻動画隊
・民家 盗撮動画~ハリネーター
・女子高生制服画像個撮モデル
・エログ大団円
・えっちな人妻動画ブログ
・ふりムビ!

その他です。駄文同盟.comが凄い!
駄文同盟.com 貴女のおもちゃ アニメ・エロゲがいっぱい!  アダルトブログランキング【エログなブログ】 
アダルト検索一発サーチ  

姉妹サイト(無料動画)
やっぱり人妻が良い? それとも たまにはアニメでも?
 
ページ下動画

 【気まぐれ更新、ページ下動画始めました!】


小説では物足りない!!って人の為のちょこっと動画です。

[高画質で再生]


ピンキー

タイトル:人の妻~恥じらう横顔~ 

女  優:素人

キーワード:羞恥/貧乳/電マ/中だし

コメント:恥じらう姿が、可愛い奥様です!
少しずつ、大胆になっていって・・・

←クリックで「ピンキー」へ

コメントの投稿

非公開コメント

Language
プロフィール
今迄の観覧者数:
現在の閲覧者数:

aiuegon

女尻穴の変態紳士さんから頂きました。
エロ過ぎで、感謝です(;;)

Author:aiuegon
足を運んで頂き有り難う御座います。
人妻!人妻!人妻!では、
自作の人妻小説を公開してます。



貴方のクリックをお願いします。m(_ _)m
Tree-LINK リンク集



アクセスランキング
最新記事
カテゴリ
流石はプロ作家!
電子書籍なので、バレずに安心




メールフォーム
リンクして下さる方、リクエスト等こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー置き場
人妻!バナーです。
相互リンクして頂ける方、募集中です。
ぜひご連絡下さい。
88×31のバナーです
人妻人妻8831

80×80のバナーです
人妻人妻8080

200×40のバナーです
人妻人妻20040

リンクの際にご利用下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。