FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【aiuegonからのお知らせです】


・2009年8月30日 サイト公開
・2011年1月15日 『官能小説 HappyLife』リンク追加しました。恋愛、痴漢、性奴隷、、魅力的な小説ばかりです。
・2012年5月20日 社宅と携帯新連載です。遅筆…申し訳ありません。
・2012年5月20日 『凛 騎 応 変!』リンク追加しました。ご近所の秘め事。良い響きですね、ご一読する事をお勧めします^^
・2012年6月2日 社宅と携帯 その2更新しました。
・2013年10月20日 社宅と携帯 その3ようやく更新しました。



yumibana
ゆみさんの奇麗な写真とコメントが素敵です。是非お立ち寄りください。”人妻ゆみ~淫夢に弄ばれて” 
  ゆみさんの写真と、aiuegonの小説が合体しました!淫靡で素敵な大人の紙芝居です。



東日本大震災で被災された人々に、心よりお見舞い申し上げます。私も福島で被災しました。
みんながんばれ!がんばれ東北!がんばれ日本!

 

官能文書わーるど花  エロ比較花   18禁オーナーの社交場   凛 騎 応 変!
  wonbat花

18禁オーナーの社交場

 ↓↓↓小説一覧です。各第一話にリンクしております。↓↓↓ 
短めの小説:3~5分位の読み切りです。 長めの小説:ゆっくりとお読み下さい。
人妻不倫旅行 完結 魅惑のM妻 第1章完
色白人妻の野外露出 完結 不倫と人妻とお尻
ナンパされた人妻 完結 美人市議の受難
人妻の保険勧誘員 完結 幼稚園ママ 
美人インストラクター陵辱 完結 被虐の美人市議
露出願望の人妻 完結 ママで妻で女で
日焼けの奥様と不倫 完結 逝けない人妻
人妻セックス奴隷 完結 待つ人妻、単身赴任の夫
人妻とエステ 午後の癒し UP! 痴漢と人妻
密室シリーズ up 覗き見 隣の人妻
未定 未定 働く人妻とSM
未定 未定 上司と人妻とセクハラ
未定 未定 携帯電話と人妻
未定 未定 初めての同窓会
未定 未定 主婦と中学生
未定 未定 女教師と同僚
未定 未定 ウォーキング
未定 未定 社宅と携帯 up!


女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

主婦と中学生 その3

人妻斬り

タイトル:汗と愛液にまみれる人妻

女  優:塚口 弥生

キーワード:クンニ/電マ/お風呂/中だし

←クリックで「人妻斬り」へ


美香は嬉しそうにテーブルに肘を付き、悠斗の顔を覗き込む。
「ねぇ、悠斗ってそんなに勉強ばっかりして楽しいの?」
「楽しいわけじゃ、、、」
悠斗は美香の視線から目を逸らし、解きかけのノートを見つめた。
「ねぇ、キスしようか?」
「、、、えっ!?」
目を大きく見開いた悠斗に美香は照れ臭そうに小さな声で続ける。

ピンキー

タイトル:人妻の自宅に潜入!

女  優:みお

キーワード:自宅/子供部屋/フェラ/口内発射

←クリックで「ピンキー」へ

 
登場人物

牧野 美子:37歳 主婦
牧野 一夫:41歳 会社員
牧野 美佳:14歳 中学生

高橋 悠人:14歳 中学生
高橋 雅美:40歳 主婦

5.交際

「ママ、悠斗が来るから紅茶とコーヒーよろしく!」
美香が帰ってくるなり玄関で大声をあげ、二階へ駆け昇っていく。
「何時くらいに来るの?」
美子の問い掛けはドアのしまる音とドタバタと響く足音でかき消される。
「もぅ、、、」
美子は苦笑いと共に溜息を吐き、洗濯を取り込む手を止めた。
  ”美香ったら・・・”
ここ最近の美香の浮かれた調子に、若い頃の甘酸っぱさを思い出しながらお茶の準備を始めた。
火に掛けたやかんがピィーとなるのと同時に、玄関のチャイムが鳴り響く。
「はぁ~い」
美子の声と同時に階段を駆け降りる音が響く。
「今開けるから!ちょっと待って!!」
美香が浮かれた声を発しながら、美子の目の前を横切った。
「どうぞ!ほら早く!」
美香が満面の笑みを浮かべ、悠斗を招き入れる。
「悠斗君、いらっしゃい」
美子の微笑みに、悠斗ははにかみながら頭を下げた。
「お邪魔します、、、」
「美香?今日も宿題?」
「何だって良いでしょ、、さっ、悠斗早く!」
「あっ、、、うん、、、」
「ママ、お茶よろしくね!」
「はいはい、、」
バタバタと駆け上がっていく二人を見送り、美子はキッチンに戻った。

「あ~っもぅ解んない!」
美香はシャープペンシルをテーブルに放り出し、大きく伸びをした。
「大体、aとかbとかXとかYとか、、、何なの?!」
「aとbは係数で、、、」
「だから、それがどうしたっていうの?」
「どうしたって、、、」
美香は嬉しそうにテーブルに肘を付き、悠斗の顔を覗き込む。
「ねぇ、悠斗ってそんなに勉強ばっかりして楽しいの?」
「楽しいわけじゃ、、、」
悠斗は美香の視線から目を逸らし、解きかけのノートを見つめた。
「ねぇ、キスしようか?」
「、、、えっ!?」
目を大きく見開いた悠斗に美香は照れ臭そうに小さな声で続ける。
「もう、皆してるって、、、」
「あっ、、でも、、、」
「、、、、、」
美香は無言で目を瞑り、悠斗に向って唇を差し出した。
「えっ、、あ、、、」
「、、、もぅ、、早く、、、」
「あっ、、、うん、、、」
どうしていいか分からずに悠斗は目を瞑る美香の唇に、自分の唇を押し付けた。
「んっ、、、」
美香の口から吐息が漏れる。
「ふふふっ、、、」
美香の微笑みに悠斗は慌てて唇を離す。
「えっ、、、?」
「ううん、、」
美香は顔を赤くしながら首を横に振る。
「どうしたの、、?」
「ん、、ファーストキスだなって、あと、悠斗の鼻息が、、、」
美香は嬉しそうに俯き、上目遣いに悠斗の顔を伺った。
「だって、、、」
鼻息と言われ急に恥ずかしくなり悠斗は顔を赤くして俯いた。
「あっ、、そういう意味じゃなくて、、嬉しくて、、、」
「うん、、」
「ねぇ、悠斗。もう一度、、、しよ、、?」
「うん、、、」
ゆっくりと重ねた二度目のキス。
緊張で感じなかった美香の唇の柔らかさと、ほのかに甘い香りに悠斗は興奮した。
「んんっ、、、、」
美香の唇を唇で噛むと、美香が甘い吐息を洩らす。
トントン
「お茶ですよ~」
ノックと同時にドアが開き、二人は慌ててテーブルに向った。
「ママ何!?」
赤い顔で美香が振り向き、悠斗は俯いた。
「何って、紅茶とコーヒーよ。持ってきてって言ったじゃない」
「あっ、、そっか、、、ありがとう、、、」
「あっ、すいません、、、」
俯いたまま返事をする二人に、美子は無言でお茶を置いた。
「あまり遅くならないようにね、、、」
二人の雰囲気に釘をさすように言い放ち、美子はドアを閉めた。

 その日以降、夢の中の美子は軟らかさく濡れた唇で責め立て、悠斗は夜中に汚れたパンツを持ち洗濯機に向かうようになった。

6.装った偶然

 悠斗は震える手でチャイムを押した。
「はぁ~い、どなたですか?」
美子の明るい声が聞こえる。
「あっ、、あの、、、悠斗です、、、」
「あれ?悠斗君?」
ガチャガチャと鍵を外す音がし、ゆっくりとドアが開いた。
「あの、、、美香さん、、居ますか?」
「え?友達と用事があるって、、、出かけたわよ」
「あっ、、宿題が、、、」
「そうなの?あの子ったら、、、遅くはならないと思うけど、、入って待ってる?」
「良いんですか、、?」
「まぁ、そのうち帰ってくると思うから。どうぞ、、、」
美子はにっこりと笑って悠斗を招き入れた。
「お茶でも入れるから、帰ってくるまでリビングで待っててね」
「はい、お邪魔します、、、」
悠斗は俯いたまま頭を下げ、美子の後をリビングへ向かった。
「そこに座って待っててね」
美子はソファーを指差しキッチンへ向かった。
美子の後姿をすがるように見つめ、悠斗はソファーに腰を下ろした。
奇麗に片付いた部屋の一角に干してある洗濯物に視線が釘付けになった。
美香のものと思われる小さなショーツに交じり、少し大きめの飾り気のないショーツ。
美子がまだ戻ってこないことを確認し、悠斗は静かにソファーを立ち上がる。
「、、、、、」
そっと手を伸ばし、ショーツの内側を覗く。
2重になったクロッチは黄色い染みが付着している。
ショーツから微かに洗剤の香りがした。
悠斗は唾を飲み込み、手に力を入れた時だった。
カチャカチャとカップの鳴る音がキッチンから聞こえた。
悠斗は慌ててショーツから手を離し、ソファーに戻った。
「おまたせ~コーヒーで良かったかしら?」
「、、、、、あっ、はい、、、」
俯きながら返事をする悠斗の前にカップが置かれ、美子が対面するように床に座った。
「どうぞ」
美子は微笑みながら自分のコーヒーに口をつけ、悠斗の顔を覗き込んだ。
「ねぇ悠斗君?」
「あっはい、、、!」
悠斗の声は裏返り、ショーツを手にしていた事を咎められると身を固くした。
「ふふっ、、ねぇ、最近ずい分と美香と仲良いみたいだけど、、、」
「あっ、、、はぃ、、、」
美子の話題が美香との事と分かり、小さく息を漏らした。
「あの子と付き合ってるの?」
「あっ、、、はぃ、、、」
「そうなんだ!良かった悠斗君で。あの子我儘だから大変でしょ?」
美子は嬉しそうに微笑み、言葉を続けた。
「悠斗君は勉強できるから、、、これからも宿題教えてあげてね」
「うん、、、」
テーブルに肘を付き嬉しそうに笑う美子に、悠斗は顔を赤くし俯いた。
他愛のない会話と、コーヒーをお代わりし美子は呟いた。
「もう、いつ帰ってくるのかしら」
時計は夕方の5時を過ぎ、窓から赤い夕陽が差し込んでいる。
「あっ、、あの、、、トイレ借りてもいいですか?」
悠斗はもじもじとしながら、ソファーを立った。
「ええ、場所わかるわよね?」
「はい、、、」
小さい頃に何度も遊びに来ていて、トイレの場所は解っていた。
悠斗はリビングに美子を残し、トイレに向かった。
「、、、あっ」
トイレの向かいにある脱衣所のドアが僅かに開いている。
リビングを振り返ると美子からは死角になっていた。
胸が激しく鼓動し、手の平が汗で濡れる。
悠斗は足音を忍ばせ、脱衣所のドアを開け素早く辺りを見渡した。
洗濯かごに無造作に置かれた青色のショーツに悠斗の視線が止まった。
「、、、、、、」
無意識にショーツをズボンのポケットにねじ込み、悠斗は脱衣所を後にした。
「あっ、、あの、、、遅くなりそうなんで帰ります!」
リビングの美子に声を掛け、悠斗は逃げるように玄関に向かった。
「あら、そう?美香に言っとくから」
美子が立ち上がり、玄関で悠斗を見送った。
悠斗はズボンのポケットに手を当て、すぐ隣の自宅へ駆け込んだ。
息が上がり心臓が跳ね、全身から汗が流れおちた。
逃げ込むように部屋のカギを掛け、ズボンのポケットを握りしめた。

←前を読む  続きを読む→  それとも、「人妻斬り」へ?  「ピンキー」へ?

スポンサーサイト
[PR]
[PR]

テーマ : 18禁 人妻小説
ジャンル : アダルト

おもちゃ:大人のおもちゃ通販 さくら                
感謝です。相互リンク集

 【相互リンク集です!相互リンクして下さる方募集中!】


官能小説を読むことが出来ます。 
官能文書わーるど 人妻官能セレクション 新・SM小説書庫 月夜桃花の物語 月夜桃花の夜伽話花 
wonbat花 ライトHノベルの部屋花 18夏花 mikikoroom花 変態小説花
・詩(うた)と小説で描く「愛の世界」
・柿の種研究所 近親・寝取られ体験談
・本当に淫らな人妻たち
・性犯罪白書

官能小説等を検索できます。
カオスパラダイス花 カウントダウンアダルトランキング アダルトマニア倶楽部花 アダルトノベルサーチ花 Hな読み物の館花 MEGURINET花 adultsearch花 本ナビ花 官能小説どっとcom花 
官能小説の館花 アダルトhummer花

動画や画像を見ることが出来ます。
厳選美少女花 女尻穴花
人妻動画隊
・民家 盗撮動画~ハリネーター
・女子高生制服画像個撮モデル
・エログ大団円
・えっちな人妻動画ブログ
・ふりムビ!

その他です。駄文同盟.comが凄い!
駄文同盟.com 貴女のおもちゃ アニメ・エロゲがいっぱい!  アダルトブログランキング【エログなブログ】 
アダルト検索一発サーチ  

姉妹サイト(無料動画)
やっぱり人妻が良い? それとも たまにはアニメでも?
 
ページ下動画

 【気まぐれ更新、ページ下動画始めました!】


小説では物足りない!!って人の為のちょこっと動画です。

[高画質で再生]


ピンキー

タイトル:人の妻~恥じらう横顔~ 

女  優:素人

キーワード:羞恥/貧乳/電マ/中だし

コメント:恥じらう姿が、可愛い奥様です!
少しずつ、大胆になっていって・・・

←クリックで「ピンキー」へ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Language
プロフィール
今迄の観覧者数:
現在の閲覧者数:

aiuegon

女尻穴の変態紳士さんから頂きました。
エロ過ぎで、感謝です(;;)

Author:aiuegon
足を運んで頂き有り難う御座います。
人妻!人妻!人妻!では、
自作の人妻小説を公開してます。



貴方のクリックをお願いします。m(_ _)m
Tree-LINK リンク集



アクセスランキング
最新記事
カテゴリ
流石はプロ作家!
電子書籍なので、バレずに安心




メールフォーム
リンクして下さる方、リクエスト等こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー置き場
人妻!バナーです。
相互リンクして頂ける方、募集中です。
ぜひご連絡下さい。
88×31のバナーです
人妻人妻8831

80×80のバナーです
人妻人妻8080

200×40のバナーです
人妻人妻20040

リンクの際にご利用下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。