FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【aiuegonからのお知らせです】


・2009年8月30日 サイト公開
・2011年1月15日 『官能小説 HappyLife』リンク追加しました。恋愛、痴漢、性奴隷、、魅力的な小説ばかりです。
・2012年5月20日 社宅と携帯新連載です。遅筆…申し訳ありません。
・2012年5月20日 『凛 騎 応 変!』リンク追加しました。ご近所の秘め事。良い響きですね、ご一読する事をお勧めします^^
・2012年6月2日 社宅と携帯 その2更新しました。
・2013年10月20日 社宅と携帯 その3ようやく更新しました。



yumibana
ゆみさんの奇麗な写真とコメントが素敵です。是非お立ち寄りください。”人妻ゆみ~淫夢に弄ばれて” 
  ゆみさんの写真と、aiuegonの小説が合体しました!淫靡で素敵な大人の紙芝居です。



東日本大震災で被災された人々に、心よりお見舞い申し上げます。私も福島で被災しました。
みんながんばれ!がんばれ東北!がんばれ日本!

 

官能文書わーるど花  エロ比較花   18禁オーナーの社交場   凛 騎 応 変!
  wonbat花

18禁オーナーの社交場

 ↓↓↓小説一覧です。各第一話にリンクしております。↓↓↓ 
短めの小説:3~5分位の読み切りです。 長めの小説:ゆっくりとお読み下さい。
人妻不倫旅行 完結 魅惑のM妻 第1章完
色白人妻の野外露出 完結 不倫と人妻とお尻
ナンパされた人妻 完結 美人市議の受難
人妻の保険勧誘員 完結 幼稚園ママ 
美人インストラクター陵辱 完結 被虐の美人市議
露出願望の人妻 完結 ママで妻で女で
日焼けの奥様と不倫 完結 逝けない人妻
人妻セックス奴隷 完結 待つ人妻、単身赴任の夫
人妻とエステ 午後の癒し UP! 痴漢と人妻
密室シリーズ up 覗き見 隣の人妻
未定 未定 働く人妻とSM
未定 未定 上司と人妻とセクハラ
未定 未定 携帯電話と人妻
未定 未定 初めての同窓会
未定 未定 主婦と中学生
未定 未定 女教師と同僚
未定 未定 ウォーキング
未定 未定 社宅と携帯 up!


女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

密室 開かないエレベーター

Gyutto

タイトル:エレベーターパニック~密室の淫行~

女  優:人妻・OLその他

キーワード:ゲーム/盗撮/陵辱/エレベーター

←クリックで「Gyutto.com」へ


無言のままエレベーターの表示がゆっくりと階下に下がるのを見つめていた。
強い衝撃と、金属が擦れる音、照明が消えたのは同時だった。
「きゃぁ!!!」「うおっ!!!」
二人はエレベーターの床に叩き付けられるように転がった。
チカチカと蛍光灯が瞬き、エレベーター内に光りが戻った。
「痛たたっ、、、」
「つぅ、、、」
二人の呻き声が響いた。

メス豚2

タイトル:マジ衝撃映像!

女  優:夏目 咲

キーワード:拉致/陵辱/監禁/中だし

←クリックで「メス豚2」へ

 
登場人物

安部 涼子:29歳
鈴木 浩太郎:38歳

*登場人物、内容はフィクションです。

1.終業

「安部さん。今日はこの辺で上がろうか?」
鈴木が自分の机で、首に手を当て頭を廻しながら涼子に視線を向けた。
「えぇ、そうですね」
涼子はパソコンから顔を上げ、時計を眺めた。
時計は夜の9時ちょうどを指し、小さな事務所には鈴木と涼子の二人しかいなかった。
「何とか週末のプレゼンには間に合いそうだな、、、」
鈴木がパソコンを閉じながら呟く。
「そうですね、何とか物にしたいですね、、、」
涼子も静かに呟き、パソコンの電源を落とした。
二人は机の上を軽く片付け始めた。
「さっ、帰ろうか?」
鈴木が照明のスイッチに手を掛け、涼子を待っている。
軽い尿意を覚えながらも、鈴木を待たす事に申し訳なさを感じ涼子は事務所の出口に向かった。

 小さな地方都市でIT関連の会社に涼子は勤めていた。
事務所は4階建ての小さなビルに間借りしており、何時もの如く電気が付いていたのはこのフロアーだけだった。
二人は連れ添ってエレベーターに向かいながら、週末までの業務を確認していた。
鈴木をエレベーターに先に乗せ、涼子は後から乗り込む。
無言のままエレベーターの表示がゆっくりと階下に下がるのを見つめていた。
強い衝撃と、金属が擦れる音、照明が消えたのは同時だった。
「きゃぁ!!!」「うおっ!!!」
二人はエレベーターの床に叩き付けられるように転がった。
チカチカと蛍光灯が瞬き、エレベーター内に光りが戻った。
「痛たたっ、、、」
「つぅ、、、」
二人の呻き声が響いた。
「安部さん大丈夫?」
「えぇ、、、ちょっと擦り剥いたけど。鈴木さんは?」
「こっちは大丈夫。それにしても、どうしたんだ?」
鈴木は壁に手を掛けながら立ち上がった。
「故障?」
エレベーターのボタンの電気は全て消え、何処を押しても反応が無かった。
「おかしいな、、誰も出ない、、、」
鈴木は非常ボタンを押し続けた。
二人は不安そうな顔を浮かべつつ、平静を保って居た。
「ん~暫く待つしかないか、、、」
鈴木が呟いた矢先に、涼子の携帯が鳴り響いた。
「もしもし、今会社から出ようとして、、、」
涼子は言い終える前に、驚きの声を上げていた。
「えっ!!停電!?そんなに酷いの、、、?」
「うん、、、大丈夫だけど、、、今エレベーターに閉じこめられて、、、」
「わかった、何かあったら連絡する、、、」
涼子は携帯を切り、鈴木に向かった。
「停電だって、、それもかなり広い範囲で、、、」
「停電、、、じゃあ大人しく待つしかないか、、、」
鈴木が苦虫を噛み潰した様な顔で、小さく呟いた。
「えぇ、、、」
涼子も曖昧に呟き、唯一明かりを灯す蛍光灯を眺めた。

 立ったり座ったり、時に文句を言いながらもほぼ無言のまま30分ほどが経過した。
涼子の不安はエレベーターの復旧と自分の尿意に向けられていた。
「まだかな、、、」
呟いた声に苛立ちが篭もる。
「うん、、、早くして欲しいよ、、、」
鈴木の視線が涼子に向けられ、同様に苛立った声で呟いた。

2.消灯

 閉じこめられたエレベーターの中で二人は膝を抱え座り込んでいた。
お互いに声を交わさずにさらに30分が経過していた。
涼子は尿意に耐えながら、抱えた膝におでこを擦り付けた。
何の前兆もなく蛍光灯が消え、エレベーター内が漆黒の闇に包まれた。
「あっ!」「嘘だろ、、、」
涼子と鈴木の声が虚しくエレベーター内に響く。
何も見えないエレベーターで鈴木が呟いた。
「持久戦か、、、腹減ったな。安部さん大丈夫?」
涼子は声のする方に顔を向け、小さく呟いた。
「えっ、、えぇ、、、」
「俺、少し横になるから、、、」
ごろりと鈴木が横になった気配に、涼子は身を固くした。
会社の上司とは言え、真っ暗な密室に二人切りに居ること警戒感を覚えた。
「何時になったら、、、」
涼子の声に鈴木は反応せず、暗闇に溶け込んでいった。
密室、暗闇、緊張が涼子の膀胱を圧迫する。
「、、、、、」
無言で体を捩り、少しでも尿意から逃れようと美奈子は必死だった。
いつの間にか鈴木の立てる寝息が、定期的にエレベーターに響き始めた。
「っ、、、、」
涼子の全身から脂汗が吹き出し、ブラウスが肌に張り付いた。
時間を確認しようと手探りで携帯を取り出し、携帯を開いた。
液晶の光りがエレベーター内をうっすらと灯す。
夜の11時を廻っていた。エレベータに閉じこめられ2時間が経過している。
溜息と共に携帯から目を逸らし、寝息を立てる鈴木を見た。
背を向けて寝てると思っていた鈴木は、此方を向いて寝息を立てていた。
「、、、、」
涼子は暗闇で見えるはずのないスカートの裾を直し、携帯を閉じた。
  ”ずっとこっち見てた・・・?”
警戒感が急激に膨らみ、緊張と共に膀胱が圧迫される。
  ”でも・・・寝てる・・・”
涼子は我慢の限界に来てる下腹部をさすりながら、額から流れる汗を拭った。
  ”もう・・・我慢できない・・・”
見えるはずのない鈴木に目を凝らし、涼子は小さく呟いた。
「す、、鈴木さん?寝てるの?」
涼子の問いかけに鈴木は寝息で答えた。
涼子は音を立てないように、鈴木から一番遠い角へ移った。
静かにスカートを捲り、ショーツと共にストッキングを降ろす。
鈴木に背を向けしゃがむと同時に勢い良く小便がほとばしった。
「っ、、、、」
シャァーと言う放尿の音が小さな電子音をかき消す。
涼子の想いとは裏腹に、溜め込まれた尿は音を立て放出される。
「あらら、、、」
突然背後から鈴木の声が涼子に浴びせられた。
「きゃっ!見ないで!お願い!!」
涼子は体を縮め、背後の鈴木に懇願した。
鈴木が立ち上がり、近づいてくる気配が伝わる。
堰を切った様にほとばしる小便が、足下に水たまりを作っていく。
「随分溜めていたんだね、、、」
「見ないで!鈴木さん!お願い!!」
「そう言わないで、、、ほら!」
鈴木は涼子の肩を掴み、後ろに引き倒した。
尿の水たまりにお尻を付け、涼子はひっくり返った。
鈴木の手には携帯が握られ、まだ止まらない涼子の股間を写し取っていた。
「嫌っ!止めて!!」
下着が濡れるのも構わず、涼子は足を閉じた。
「今更隠すなよ!おもらしさんが!」
鈴木は無理矢理涼子の足を広げ、勢いの鈍くなった小便を映し続けた。
「嫌っ!!嫌ぁ!!!」
「騒いだって誰も来ないさ!」
「嫌っ!止めて!!」
「ずっと好きだったんだ!知ってたんだろ?!それで、おもらしを見せたんだろ!?」
「そ、、そんな!」
鈴木の異常な言葉に涼子は言葉を失った。
「バッチリ撮ってやったよ。俺と涼子の初めての記念に!」
携帯の液晶の光りが鈴木の異常な顔を映し出す。
「こんなの見せられて我慢が出来るか!」
鈴木が携帯を畳み、カチャカチャとスーツのベルトを外しだした。
「いやっ!止めて!!」
「どんなに騒いだって誰も来ないさ!」
鈴木は引きずるように涼子を起こし、涼子の口元にいきり立った肉棒を押し付けた。

3.動き出すエレベーター

 涼子の携帯が鳴り響いている。
壁際で腕を押さえ付けられ、肉棒が口の中で暴れる。
「んんっ、、、んんんんっ、、、」
苦しさと悔しさで涙が溢れた。
鈴木が異形の形相で腰を押し付けてくる。
  ”助けて・・・”
夫の顔が浮かんだ。
夫の声が聞こえた気がする。
何処か遠いところで音がする。
恐怖が意識を遠のける。
「おぉぉぉっ、、、涼子、、、出すぞ、、、」
鈴木の声が一段と大きくなる。
喉の奥に肉棒が突き立てられ、吐き気に胃が締め付けられる。
目の前がチカチカと輝き、エレベーター内が明るくなった。
「おぉぉぉぉっ!!!飲め!全部飲め!!!」
鈴木の声と共に、喉の奥に熱い何かが叩き付けられた。
「んんんっ!!!!」
エレベーターが動き出し、1階の表示と共にドアが開いた。
「涼子ぉ!!!」
夫の声がハッキリと耳に聞こえた。
「ンの野郎!!」
何かを打ち付ける音と共に、口から肉棒が抜き取られた。
咳と共に精液が口から飛び散った。
「おい!止めろ!!」
鈴木を殴り続ける夫を、二人の警官が引き離している。
ふぅふぅと鼻息を荒くした夫の下に、血を流す鈴木が倒れていた。
「涼子!大丈夫か!!」
警官から毛布を奪い取り、夫が涼子を包み込み抱きしめてくる。
「ごめん、、ごめんね、、、」
何故だか謝る事しかできなかった。
涙が零れ、夫の胸にしがみついた。

 鈴木は現行犯逮捕となった。
涼子は会社を辞め、夫の帰りを待つ様になった。
夫は以前に増して優しくなった。
エレベーターには2度と乗らなくなった。
ただ、、、時折見る夢の後には、夫を激しく求めるようになった。

密室 開かないエレベーター 完  それとも、「Gyutto.com」へ?   「メス豚2」へ?

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 18禁 人妻小説
ジャンル : アダルト

おもちゃ:大人のおもちゃ通販 さくら                
感謝です。相互リンク集

 【相互リンク集です!相互リンクして下さる方募集中!】


官能小説を読むことが出来ます。 
官能文書わーるど 人妻官能セレクション 新・SM小説書庫 月夜桃花の物語 月夜桃花の夜伽話花 
wonbat花 ライトHノベルの部屋花 18夏花 mikikoroom花 変態小説花
・詩(うた)と小説で描く「愛の世界」
・柿の種研究所 近親・寝取られ体験談
・本当に淫らな人妻たち
・性犯罪白書

官能小説等を検索できます。
カオスパラダイス花 カウントダウンアダルトランキング アダルトマニア倶楽部花 アダルトノベルサーチ花 Hな読み物の館花 MEGURINET花 adultsearch花 本ナビ花 官能小説どっとcom花 
官能小説の館花 アダルトhummer花

動画や画像を見ることが出来ます。
厳選美少女花 女尻穴花
人妻動画隊
・民家 盗撮動画~ハリネーター
・女子高生制服画像個撮モデル
・エログ大団円
・えっちな人妻動画ブログ
・ふりムビ!

その他です。駄文同盟.comが凄い!
駄文同盟.com 貴女のおもちゃ アニメ・エロゲがいっぱい!  アダルトブログランキング【エログなブログ】 
アダルト検索一発サーチ  

姉妹サイト(無料動画)
やっぱり人妻が良い? それとも たまにはアニメでも?
 
ページ下動画

 【気まぐれ更新、ページ下動画始めました!】


小説では物足りない!!って人の為のちょこっと動画です。

[高画質で再生]


ピンキー

タイトル:人の妻~恥じらう横顔~ 

女  優:素人

キーワード:羞恥/貧乳/電マ/中だし

コメント:恥じらう姿が、可愛い奥様です!
少しずつ、大胆になっていって・・・

←クリックで「ピンキー」へ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お世話様です

ご返事遅くなり、申し訳有りません。
少し先の話になるかも知れませんが、ご提案の件はOKです!
遅筆で稚拙な小説ですが、宜しくお願いします。
Language
プロフィール
今迄の観覧者数:
現在の閲覧者数:

aiuegon

女尻穴の変態紳士さんから頂きました。
エロ過ぎで、感謝です(;;)

Author:aiuegon
足を運んで頂き有り難う御座います。
人妻!人妻!人妻!では、
自作の人妻小説を公開してます。



貴方のクリックをお願いします。m(_ _)m
Tree-LINK リンク集



アクセスランキング
最新記事
カテゴリ
流石はプロ作家!
電子書籍なので、バレずに安心




メールフォーム
リンクして下さる方、リクエスト等こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー置き場
人妻!バナーです。
相互リンクして頂ける方、募集中です。
ぜひご連絡下さい。
88×31のバナーです
人妻人妻8831

80×80のバナーです
人妻人妻8080

200×40のバナーです
人妻人妻20040

リンクの際にご利用下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。