FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

【aiuegonからのお知らせです】


・2009年8月30日 サイト公開
・2011年1月15日 『官能小説 HappyLife』リンク追加しました。恋愛、痴漢、性奴隷、、魅力的な小説ばかりです。
・2012年5月20日 社宅と携帯新連載です。遅筆…申し訳ありません。
・2012年5月20日 『凛 騎 応 変!』リンク追加しました。ご近所の秘め事。良い響きですね、ご一読する事をお勧めします^^
・2012年6月2日 社宅と携帯 その2更新しました。
・2013年10月20日 社宅と携帯 その3ようやく更新しました。



yumibana
ゆみさんの奇麗な写真とコメントが素敵です。是非お立ち寄りください。”人妻ゆみ~淫夢に弄ばれて” 
  ゆみさんの写真と、aiuegonの小説が合体しました!淫靡で素敵な大人の紙芝居です。



東日本大震災で被災された人々に、心よりお見舞い申し上げます。私も福島で被災しました。
みんながんばれ!がんばれ東北!がんばれ日本!

 

官能文書わーるど花  エロ比較花   18禁オーナーの社交場   凛 騎 応 変!
  wonbat花

18禁オーナーの社交場

 ↓↓↓小説一覧です。各第一話にリンクしております。↓↓↓ 
短めの小説:3~5分位の読み切りです。 長めの小説:ゆっくりとお読み下さい。
人妻不倫旅行 完結 魅惑のM妻 第1章完
色白人妻の野外露出 完結 不倫と人妻とお尻
ナンパされた人妻 完結 美人市議の受難
人妻の保険勧誘員 完結 幼稚園ママ 
美人インストラクター陵辱 完結 被虐の美人市議
露出願望の人妻 完結 ママで妻で女で
日焼けの奥様と不倫 完結 逝けない人妻
人妻セックス奴隷 完結 待つ人妻、単身赴任の夫
人妻とエステ 午後の癒し UP! 痴漢と人妻
密室シリーズ up 覗き見 隣の人妻
未定 未定 働く人妻とSM
未定 未定 上司と人妻とセクハラ
未定 未定 携帯電話と人妻
未定 未定 初めての同窓会
未定 未定 主婦と中学生
未定 未定 女教師と同僚
未定 未定 ウォーキング
未定 未定 社宅と携帯 up!


女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

携帯電話と人妻 その9

人妻クラブ

タイトル:目撃者「息子」!母のオナニー

女  優:素人

キーワード:素人/盗撮/母親/オナニー

←クリックで「人妻クラブ」へ


「美奈子さん、、?」
「な、、何、、、?んっ、、、っ、、、、」
「もっと、エッチな声聞かせて、、、」
「バカ、、、っ、、あっ、、、んんっ、、」
「あぁ、美奈子さん、、、美奈子さん、、、、」
「んんっ、、、あぁっっ、、、ダメよ、、、」
「エッチな匂いがする、、、美奈子さんの匂いが、、、」
茂の荒い息に、クンクンと犬のような音が混じる。

パコパコママ

タイトル:陵辱の覚醒 ~痛みが快感に~

女  優:王崎 詩織

キーワード:目隠し/陵辱/イマラチオ/中だし

←クリックで「パコパコママ」へ



この小説は、NoSawaさんからアイデアを頂き、aiuegonが書きました。感謝です!  
登場人物

大山 美奈子:42歳
大山 達男 :46歳
大山 光男 :18歳

桜庭 茂  :19歳

*登場人物、内容はフィクションです。

18.自慰

「ただいま~」
カギの掛かっていない玄関を開け、美奈子はリビングへ向かった。
「遅かったね、、、飯はまだ?」
息子の光男がテレビを見たまま、ぶっきらぼうに言い放つ。
「ごめん、、、知り合いが足折って入院したって連絡があって、、、」
「ふぅ~ん、、、親父、また帰れないって、、、」
「そう、、、忙しいって?」
「さぁ、、、飯出来たら教えて、、、」
光男がソファーから立ち上がり、自分の部屋に向かった。
「、、、、、」
美奈子は溜息を吐き、キッチンへ向かった。


「そう、、、解った、、、、」
「はい、、、彼方も体に気を付けて、、、」
美奈子は溜息を吐き、携帯を切った。
夫は相変わらず忙しいと言い、暫く帰れないと告げた。
溜息と共にベッドに転がる。
ダブルベッドがやけに広く感じた。
眠ろうと目を瞑る。
枕に顔を埋め、寂しさを忘れようと布団にくるまった。
忙しい夫と、反抗期の息子。
美奈子は枕から顔を上げ、携帯を手に取った。


------------------
もう寝たかな?
しっかり治す事だよ
------------------

何度も打ち直した。差し障りのない、文章。
期待しても、期待させてもいけない相手。
弱音や愚痴を聞いて欲しいが、言ってはいけない関係。
美奈子はメールの送信ボタンを押し、再び枕に顔を埋めた。
  ”何やってるんだろ・・・”
自己嫌悪に泣きそうになる。


------------------
まだ起きてましたよ!
どうしたんですか?こんな時間に。
何かありました?
僕で良ければ、話聞きますよ。
それと、今日は来てくれてありがとう!
凄く嬉しかったです。
また、来て欲しいです。
凄く会いたいです。今直ぐにでも・・・
------------------

直ぐに帰ってきた茂のメールを読み返す。
何故だか涙が溢れてくる。
ありがとう・・・会いたい・・・
茂の言葉が嬉しかった。


------------------
何でもないわよ。
一人でどうしてるかなと思って。
また今度、時間が有ったらお見舞いに
行くよ。
それまで、大人しく療養しなさいね。
------------------

自分の息子と変わらない年の茂。
若い、ストレートな感情が羨ましかった。


------------------
大人しくしてるよ。
横になってる事しか出来ないしね~
美奈子さんの匂い嗅いでたら、
こんなに成っちゃった。
また、して欲しいな・・・
------------------

写メが送られてきた。
暗い病室で、ペニスがそそり立っていた。
恥ずかしさが興奮を煽り、美奈子は写メから目が離せなくなった。
昼間の興奮が甦る。
茂に晒した全裸。自分に興奮し、オナニーをする茂。
次々と送ってくる写メを見つめ、美奈子は濡れ始めた秘裂に指を伸ばした。
声を押し殺し、写メを見つめ、指を動かす。
「んっ、、、、っ、、、、、んんっ、、、、」
ペニスを大きくしながら、自分の下着の匂いを嗅がれてる。
携帯の着信音が鳴り響いた。
「もしもし、、、」
「美奈子さん?」
「ん、、、どうしたの、、?」
「返信がないし、、、どうしても声聞きたくなって、、、」
「んっ、、、そう、、、、」
「美奈子さんのパンツとガードル見てたら、、我慢でき無くなっちゃって、、、」
「んっ、、ばか、、、」
「美奈子さん、、?」
「な、、何、、、?んっ、、、っ、、、、」
「もっと、エッチな声聞かせて、、、」
「バカ、、、っ、、あっ、、、んんっ、、」
「あぁ、美奈子さん、、、美奈子さん、、、、」
「んんっ、、、あぁっっ、、、ダメよ、、、」
「エッチな匂いがする、、、美奈子さんの匂いが、、、」
茂の荒い息に、クンクンと犬のような音が混じる。
「あぁっ、、ダメ、、いや、、、そんな事、、、恥ずかしい、、、」
「あぁ、いい匂い、、美奈子さん、、もっと、エッチな声聞かせて、、、」
「あぁぁぅっ、、ダメ、、恥ずかしい、、、あぁっ、、」
足を広げ、濡れた秘裂を掻き回す。
布団の中から、湿った音が微かに漏れた。
「あぁぁっ、、ダメ、、嗅がないで、、、」
「あぁ、、美奈子さんの味がする、、、」
「いやぁ、、あぁっっ、、、そんな、、汚い、、、」
「汚く何か、、、あぁぅ、、もう逝きそう、、、」
「んっ、、、私も、、ああっぁ、、、もぅダメ、、、」
「一緒に、、、美奈子さん、、一緒に、、、」
「あぁぁっ、、、っ!」
二人の声が重なり、荒い息づかいが携帯から漏れる。
「一緒に、、一緒に逝けたね、、、」
茂の声が胸に響いた。

19.退院

「ダメよ、もうあんな事はしないわよ」
茂が退院するまでの3ヶ月、お見舞いの度に求めてくる茂を優しくなだめた。
その代わりに二人はテレフォンセックスは幾度とも無く繰り返した。
「退院したら、ご褒美上げるから、、、」
それが二人の約束になった。

「お世話になりました!」
茂は見送りの看護婦達に頭を下げ、言い終わらないうちに背中を向け病院を後にした。
ぎこちない歩き方で、美奈子の待つ近くの喫茶店に急ぐ。
店のドアを勢い良く上げ、手を振る美奈子を見つけて茂は顔に笑みを浮かべた。
「美奈子さん!」
足を引きずり、美奈子の待つテーブルへ向かう。
「退院おめでとう」
美奈子が微笑んだ。
「退院したから、約束のご褒美を、、、」
椅子に座りながな茂は美奈子に手を伸ばした。
「もぅ、、落ち着いて、、、先ずコーヒーでも飲んだら?」
「だって、、、この日をどんなに待っていたのか、、、」
茂は恥ずかしそうに頭を掻き、俯いた。
「ふふ、、じゃぁ、行こうか、、、」
美奈子も顔を赤らめ、伝票を手に立ち上がった。

美奈子はラブホテルから少し離れたビルの前にタクシーを止めた。
「大丈夫?少し歩ける?」
「うん、大丈夫。痛みは無いから。筋肉が落ちて、リハビリは続けなきゃいけないけど」
茂が足をさすりながら、美奈子に笑いかけた。
「荷物持つわよ、、、」
「大丈夫だって、、、」
ラブホテルに近づくにつれ、会話が少なくなる。
二人は無言でラブホテルの前に立ち、入り口を見つめた。
「美奈子さん良いの?」
「約束だから、、、、ね、、、」
俯いた美奈子の手に茂の手が重なった。
「入ろ、、、」
「んっ、、」
手を繋いだまま、二人はラブホテルの入り口をくぐった。
「あぁぁ!!何か緊張した!!」
部屋に入るなり、茂が声を上げ、両手を高く体を伸ばした。
「ホント、、緊張するわね、、、」
美奈子は俯きながら、茂から荷物を受け取りクローゼットに仕舞った。
「美奈子さん!」
背後から茂が抱きつき、美奈子は小さな声を上げる。
「あっ、、、」
「美奈子さん、、、」
美奈子を振り向かせ、茂が抱きついてくる。
荒々しく唇を奪われ、カチカチと歯が当たった。
「んっ、、ちょ、、、茂君、、、待って、、、」
美奈子は茂から離れるように腕に力を入れた。
「落ち着いて、、、それに、、茂君ちょっと匂うわ、、、」
「あっ、、、ごめん、、、お風呂に入ってなかったから、、、」
「もぅ、、じゃあ、洗って上げるから、一緒に入ろう?」
「えっ、、うん!」
茂の顔がぱっと明るくなった。
美奈子は茂の手を取り浴室に向かった。
白いサマーセーターとジーンズを脱ぎ、下着姿になる。
茂に背を向けながら下着を脱ぎ、きちんと畳んだ服の下に下着を隠した。
胸と股間を腕で覆い、茂に振り返った。
「あっ、、、」
恥ずかしそうに両手を股間に当てた茂と目が合う。
「もぅ、、、浴びちゃいましょ、、、」
美奈子はドアを開け、シャワーの蛇口を捻る。
恥ずかしそうに立ち尽くす茂を座らせ、優しくシャワーを掛けていく。
「あぁ、、気持ち良い、、、」
久しぶりのお湯の感触に茂は目を瞑り、呟いた。
茂の全身を暖めるようにゆっくりと流し、美奈子はボディーソープを手に取る。
大きな背中を泡立てた手でゆっくりと撫でる。
首筋から、肩、背中と茂の筋肉をなぞり、前に手を回し厚い胸板を泡で包む。
茂の体がピクピクと震え、赤い顔を恥ずかしそうに臥せた。
「ほら、手を伸ばして、、、」
美奈子は茂の腕を強引に引っ張り、脇、腕を撫でた。
「大きい手ね、、、」
「う、、そぅ?」
茂の手を取り、指の一本一本をさすり、指の股に指を這わす。
「どう?気持ち良い?」
「ん、、うん、、、凄く、、、」
「じゃあ反対の手も、、、」
茂の体がピクピクと反応し、美奈子は嬉しそうに微笑んだ。
「足も洗って上げるから、、そのまま立って、、、」
「えっ、、、足は自分で洗えるから、、、」
「良いから、立って。何を今更恥ずかしがってるの?」
頭一つ以上違う茂を立たせ、美奈子はしゃがんだ。。
「やっぱり背が高いわね、、、」
ボディーソープを手に取り直し、茂の背後からお尻に手を這わす。
美奈子の手が触れる度、お尻がキュッと締まる。
「ほら、、力入れないの、、」
茂が力を抜いたのを見計らい、美奈子は茂のお尻の谷間に指を滑り込ませた。
「あっ、、、」
美奈子の指先に茂のアナルが触れ、茂が小さく呻く。
「きちんと洗わないと、、、」
茂は俯き両手で股間を隠しながら、お尻に力を入れてくる。
「手をどけて、、、洗えないわ、、、」
「えっ、、だって、、、」
「ほら、、、手をどけないと、洗えないでしょ!」
斜め後ろから抱きつくように茂の足に胸を押し付け、強引に腕を廻し、茂のペニスに指を滑り込ませた。
「あっ、、美奈子さん、、、」
「ふふっ、、、茂君の大きくなってる、、、」
「あぅ、、美奈子さん、、、気持ち良いよ、、、」
「良く洗わないとね、、、こっち向いて、、、」
「うん、、、」
美奈子の強引さに諦めたのか、快楽の誘惑に負けたのか、茂は素直に従った。
茂の大きなペニスが目の前に晒される。
「大きいわ、、、」
「そんな事、、、」
「入院中は自分でしてたのね、、、」
「うん、、、美奈子さんから貰ったパンツと、電話の声で、、、」
「そうね、、、ご褒美だもんね、、、」
美奈子は泡立てたボディーソープで茂のペニスを包んだ。
「あっ、、気持ち良い、、、凄い、、、」
「凄く熱くなってる」
「だって、、、んぅ、、、」
美奈子は白い指で茂のペニスのくびれをなぞった。
茂の腰が引かれ、美奈子の手から離れたペニスが反り返る。
「もう、、、逃げちゃ洗え無いじゃない、、、そこに座って、、、」
茂の手を引き、浴槽の淵に座らせた。
「ダメよ、、逃げたら、、、」
美奈子は妖しい視線を茂に向け、ペニスを指で扱きだした。
クチュクチュと泡が弾け、茂の荒い吐息がバスルームに響く。
時折上げる茂の声が、美奈子の官能に火を付けた。
「んっ、、美奈子さん、、、」
「気持ち良い?」
美奈子は茂のペニスを扱いたまま、上目遣いで茂を見つめた。
「ん、、、もう、、、我慢できない、、、」
「えっ、、、もう、、、?」
言葉とは裏腹に、美奈子の手は激しくペニスを扱いた。
「あっ、、美奈子さん、、、もう、、、」
茂の玉が美奈子の手の中でキュゥッと萎み始めた。
「あっ、、、」
美奈子は茂のペニスの先を口に含み、啜るように口を窄めた。
「んっ、、、んっ、、、」
「あっ、、出る、、、あぁっ!」
茂の体がビクンと跳ね、口内に青臭い性が放たれる。
「んんっ、、んんん、、、」
全ての性を搾り取るかのように、美奈子はペニスを吸い続けた。
「あっ、、、、あぁぁぁ、、、」
最後の一滴迄啜り上げ、美奈子はペニスから口を離した。
放心状態の茂の顔を見ながら、美奈子は満足げに喉を鳴らし口の中の精液を飲み込んだ。
「ふぅ、、、いっぱい出たね、、、」
「美奈子さん、、何時も旦那さんとこんな事、、?」
「旦那とは、、、最近まったく、、、」
「そうなんだ!」
嬉しそうに茂が笑った。

20.青い性欲

 ベッドに移っても、茂のペニスは勃起を保っていた。
茂は美奈子の愛液を啜り、美奈子は茂の愛撫に歓喜の声を上げた。
「あぁ、、美奈子さんの味がする、、、」
「あぁぁっ、、もっと、、もっと舐めて、、、」
大きく開いた脚を抱える茂の髪の毛を美奈子は掴み、頭を振った。
「あぁぁぁっ、、、もうダメ、、、お願い、、、早く入れて、、」
いつの間にか、茂に主導権を握られ、美奈子は茂を求めた。
「どうすれば、、、」
初めてでなかなか上手く挿入できない茂を仰向けに寝せ、美奈子はペニスを秘裂に導いた。
「あぁぁぁぁっぅ!良い、、あぁぁっ、、、」
美奈子は茂のペニスに貫かれながら、腰を振り続けた。

もう、何度逝かされたか覚えていなかった。
「もうダメ、、、あぁっ、、これ以上は、、、壊れちゃう、、あぁっぁ!」
何度、性を放出しても、茂は美奈子を求め続け、腰を打ち付けてくる。
「あぁぁっぁ、、ダメダメ!もう、、あぁっぁぅ!」
美奈子は崩れ落ちるように茂に抱き付き、子宮に降り注がれた熱い液体が意識を失わせた。



------------------
美奈子さん、今日会える?
もうこんなに成ってるよ
------------------

茂からのメールが届く。
写メには赤黒く大きなペニスが移っていた。
  ”ダメ・・・もうこんな事続けていたら・・・”
美奈子の心とは裏腹に、ショーツは愛液で張り付き、茂の好きなガードルを手にしていた。

←前を読む  携帯電話と人妻 完  それとも、「人妻クラブ」へ?   「パコパコママ」へ?

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : 18禁 人妻小説
ジャンル : アダルト

おもちゃ:大人のおもちゃ通販 さくら                
感謝です。相互リンク集

 【相互リンク集です!相互リンクして下さる方募集中!】


官能小説を読むことが出来ます。 
官能文書わーるど 人妻官能セレクション 新・SM小説書庫 月夜桃花の物語 月夜桃花の夜伽話花 
wonbat花 ライトHノベルの部屋花 18夏花 mikikoroom花 変態小説花
・詩(うた)と小説で描く「愛の世界」
・柿の種研究所 近親・寝取られ体験談
・本当に淫らな人妻たち
・性犯罪白書

官能小説等を検索できます。
カオスパラダイス花 カウントダウンアダルトランキング アダルトマニア倶楽部花 アダルトノベルサーチ花 Hな読み物の館花 MEGURINET花 adultsearch花 本ナビ花 官能小説どっとcom花 
官能小説の館花 アダルトhummer花

動画や画像を見ることが出来ます。
厳選美少女花 女尻穴花
人妻動画隊
・民家 盗撮動画~ハリネーター
・女子高生制服画像個撮モデル
・エログ大団円
・えっちな人妻動画ブログ
・ふりムビ!

その他です。駄文同盟.comが凄い!
駄文同盟.com 貴女のおもちゃ アニメ・エロゲがいっぱい!  アダルトブログランキング【エログなブログ】 
アダルト検索一発サーチ  

姉妹サイト(無料動画)
やっぱり人妻が良い? それとも たまにはアニメでも?
 
ページ下動画

 【気まぐれ更新、ページ下動画始めました!】


小説では物足りない!!って人の為のちょこっと動画です。

[高画質で再生]


ピンキー

タイトル:人の妻~恥じらう横顔~ 

女  優:素人

キーワード:羞恥/貧乳/電マ/中だし

コメント:恥じらう姿が、可愛い奥様です!
少しずつ、大胆になっていって・・・

←クリックで「ピンキー」へ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Language
プロフィール
今迄の観覧者数:
現在の閲覧者数:

aiuegon

女尻穴の変態紳士さんから頂きました。
エロ過ぎで、感謝です(;;)

Author:aiuegon
足を運んで頂き有り難う御座います。
人妻!人妻!人妻!では、
自作の人妻小説を公開してます。



貴方のクリックをお願いします。m(_ _)m
Tree-LINK リンク集



アクセスランキング
最新記事
カテゴリ
流石はプロ作家!
電子書籍なので、バレずに安心




メールフォーム
リンクして下さる方、リクエスト等こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー置き場
人妻!バナーです。
相互リンクして頂ける方、募集中です。
ぜひご連絡下さい。
88×31のバナーです
人妻人妻8831

80×80のバナーです
人妻人妻8080

200×40のバナーです
人妻人妻20040

リンクの際にご利用下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。